• 2011/03/09
  • 執筆者: Yamaoka (4:20 pm)

<*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第132回 テレ朝激震! 堀江貴文『朝生』出演で怒鳴り込み、脅迫殺到!?」

 筆者・渡辺正次郎(作家・政治ジャーナリスト)。音楽専門誌の編集長の傍ら、藤圭子など多くの歌手を発掘。その後、政界に転身。二・二六事件の時に岡田啓介首相を救出、また、わが国の戦争終結に尽力した故・迫水久常参議院議員の秘書などを務める。現在は作家・政治ジャーナリストとして執筆の傍ら、政治家のブレーン、選挙参謀として活躍中。『この国の恥ずかしい人々』、『田中角栄の遺したもの』、『こんな政治家は辞職せよ!』(以上、日本文芸社)など著書多数。なお、この4月12日よりHP=「NEWS TODAY・政界、財界、官界一刀両断!!」を再開(有料。ここをクリックしても料金は取られません)。


 テレ朝の社員たちがビビッているとの情報が飛び込んだ。テレ朝出入り業者と番組制作会社関係者が語る。
「(2月)4日の朝生ですよ。私は知らないんですが、ライブドアの堀江(貴文)が出演していて、あ、カレは(司会の)田原(総一郎)と親しいですから出したんでしょうが、それが裏目に出て、アイツが何か喋った途端、テレ朝に猛攻撃が集中したようですよ。“何で被告人を出すんだ(現在、上告中)。出したヤツもホリエもぶっ殺す!”とか、“乗り込んでガソリン撒くぞ!”とか大変な剣幕だったそうです」
と、出入り業者が語る。
  しかも、出しただけでもこれなのに、堀江の発言がまたスゴく、火に油を注ぐ結果になった。
 テレ朝関係者に当日現場を再現してもらうと、
「堀江を出演させたのは田原天皇です。カレが登場していることを知った視聴者の抗議が増えているのに、よりによって今、日本と中国で揉めている尖閣諸島、沖縄に話が及び、猪瀬直樹東京副知事が、
『(中国や北朝鮮が攻めて来たら)アメリカや国連軍はすぐには来ないよって話をしているわけ』
と他の出演者に言うと、横にいた堀江が、
『すぐ来なかったら明け渡しちゃえばいいじゃない。何か問題ある?』。

閲覧数 (22777)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (135)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ