• 2011/04/24
  • 執筆者: Yamaoka (3:00 pm)

週明けからポスト「亀井静香」救国内閣成立への動きが具体化。そのシナリオとはーー。

 本紙では4月9日、「現実味を帯びて来た『亀井静香』救国内閣」なるタイトル記事を報じているが、その動きが週明けから本格化するとのことだ。
 本日(4月24日)を持って、4月10日投開票分も併せ、統一地方選が完全に終了する。4月10日の結果を見ても明らかなように、民主党が大負けするのは間違いない。
 そこで、小沢一郎系議員が週明けから「菅降ろし」を本格化させるのは間違いない。
 具体的には、25日から民主党の両院議員総会の開催に必要な署名集めを開始する。中心になるのは、小沢系の川内博史衆院議員などのようだ。
 総会を開催するためには、各所属議員の3分の1以上の署名が必要だが、その程度なら可能だろう。
 そして、当然ながら、両院総会ではこの間の菅直人首相の政治手腕の無さ、選挙大負けの責任追及がされ、菅首相の「党代表辞任」を求めるリコール運動をする戦略も浮上している。リコールには過半数以上必要だが、鳩山由紀夫前首相グループも加われば可能だ。
 実はこうしたシナリオはすでに水面下で錬られ、党内外の協力者への根回しも終わっているとの見方もある。

閲覧数 (26747)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (125)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 4月  »  »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4
(1) 2 3 4 ... 8 »