• 2011/07/10
  • 執筆者: Yamaoka (9:10 am)

<連載>「スクープ!! ズサンだった福島第一原発テロ対策ーー本紙・山岡、原子炉建屋50Mまで接近セリ!」第3回(免震棟へ)

 前回、Jヴィレッジ(冒頭写真=その中心のホテル建物)へ警察の検問を受けることなく行ける裏道があることなどについて解説した
 では、Jヴィレッジから福島第一原発(下写真=3号機建屋をバックに撮影)にはいかにして入ったのか?
 前線基地たるJヴィレッジから福島第一原発へは、当然ながら、作業員を搬送するための車が多数出ている。だが、本紙・山岡はどこかの作業員に紛れ込んだわけではない。何の身分もないのだ。したがって、そうした車に乗り込むことはさすがに不可能だ。
 ただし、作業員を自社や自社の手配した車でも送り出せない零細業者や、東電社員用に、午前9時に東電手配の定期バスが出ていることを知り、それに紛れ込むことにした。
 福島第一原発まで直行なら30分程度。しかし、このバスは第二原発経由なので約1時間かかる。ただし、そのバスに乗る前にはクリアしなければならない大きな問題が2つあった。1つは、Jヴィレッジを出る時点で福島第一原発から20?の避難区域に入るから、放射能防護のための完全装備をしておかなければならないが、どこぞの下請け社員でもないのに、その装備をどう調達するか。もう一つは、その定期バスに乗るためにも、事前に申込みをしなければならなかった。その申込みをどうやりすごすかだ。

閲覧数 (21915)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (130)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 11月  »  »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
(1) 2 3 4 ... 8 »