• 2011/07/15
  • 執筆者: Yamaoka (5:30 pm)

反原発の俳優・山本太郎――芸能界のタブーを超えて生き残れるか

  これまで芸能界は「原発反対を言うと仕事が干される」ため、原発について批判的なことをいう芸能人はほとんどいなかった。唯一の例外は、ロックミュージシャンの故・忌野清志郎(09年死去)くらいだろう。
 しかし福島第一原発の大事故を受けてこの間、数人の芸能人が反原発の声を上げ始めている。
 忌野清志郎の大ファンである斉藤和義(45。下写真)は自分の持ち歌「ずっと好きだった」を、東京電力への怒りを込め、「ずっとウソだった」と改作しユーチューブにアップ、大反響を得た。
 14歳のジュニアアイドル・藤波心はみずからのブログで脱原発の主張を書き込み、「6.11脱原発100万人アクション」に参加、新宿アルタ前で演説もしている。
 そうしたなかで、俳優の山本太郎(36。冒頭写真)の反原発の発言、行動はもっとも注目されている。
「日雇い労働役者稼業明日から干されてどう生きてく?だからって黙ってテロ国家日本の片棒担げぬ」とのツイートで“決意表明”して以後、反原発デモに参加。5月、反原発発言でドラマを降板になったとコメント。同月27日には所属事務所のシス・カンパニーを「これ以上迷惑かける訳いかないから」と自主退社した。

閲覧数 (22527)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (130)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 12月  »  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
(1) 2 3 4 ... 8 »