• 2012/02/13
  • 執筆者: Yamaoka (9:20 pm)

疑惑のタイ投資ファンド「APF」、グループ会社が借金返済できず工場などが競売へ

  本紙が徹底追及している疑惑のタイ投資ファンド「アジア・パートナーシップ・ファンド(APF)」(本社=タイ・バンコク。此下益司会長=冒頭左写真) ーー そのAPF傘下の東証2部上場、ゴム老舗「昭和ホールディングス」(千葉県柏市)のHPに、関連会社「明日香食品」(大阪市生野区)の本社と本社工場(冒頭右写真)が移転するとのIRが載ったのは2月10日のこと。
 明日香食品はこの工場で、大手総合スーパーや卸問屋向けに和菓子や中華総菜を作り販売している(横写真はその製品)。「明日香野」ブランドとして好評で、増産したいが、工場が古く、またこれ以上この地では設備を増やす余剰面積がないため、大阪市内の別の場所に移転するという。
   このIRだけ見たら、業績好調で、いいニュース。
 だが、真相はまったくというほど異なるようだ。
 実際は、りそな銀行から借りていた1億5000万円ともいわれる借入金が返済できないため、その担保に本社と工場用地の競売開始が今年1月25日に決定(以下に、その謄本を掲載)。そのため、追い出されるからだ。
 よく、これだけきれい事が並べられると恐れ入るというか、これではほとんど虚偽のIRであり、上場企業として責任を果たしてないと言わざるを得ない。
 有り体にいえば、APFでのファンド投資がうまくいかないため、これまでは、傘下に納めた昭和HD、ジャスダック上場「ウェッジホールディングス」(東京都中央区)などの資産を流用するなどして何とか資金繰りを続けて来た。だが、それもいよいよ苦しくなり、ついにはグループ会社の銀行返済もできなくなったということだろう。
 だが、今回のこの競売開始決定の事実、問題はこれだけに止まらない。
 関係者のなかには、この件は此下会長ら首脳経営陣は特別背任に問われる余地もあり、昭和HD株主は株主代表訴訟を提起すべきとの声も上がっている。なぜか?

閲覧数 (33469)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (128)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 9月  »  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
(1) 2 3 4 ... 8 »