• 2012/05/10
  • 執筆者: Yamaoka (4:52 pm)

「陳述書」のなかでーー「アイロムHD」との“共犯”関係暴露に転じた、桑田真澄元投手の元義兄

 プロ野球巨人の元投手、桑田真澄氏の元義兄・長田喜弘被告(52。冒頭写真=「サンデー毎日」06年2月26日号記事)といえば、本紙でも既報のように、現在、詐欺罪に問われ、服役はまず間違いなしという身。そんななか、良心の呵責かどうかはともかく、長田被告が過去の行いを清算するような行動に出ていたーー。
 今回罪に問われている件とはまったく別件ながら、ブローカー業をやって来ていた長田被告については、以前から、SMO(医療機関向け治験支援)事業主力の「アイロムホールディングス」(2372。東証1部)と密接な関係にあるのは紛れもない事実。
 アイロムHDの関係会社に、「IMF」(以前は有限会社「アイ・エム・ファンド」)という医療関係のコンサル・投資会社がある。アイロムHD本社と同住所。また、アイロムHDがIMFの株式を所有。さらに、アイロムHDの取締役だった秀島直樹氏(旧日興證券OB)が取締役社長に就いていたこともあった。そして07年11月以来、いま現在も長田被告は同社代表に就いている関係にある。(横写真=「IMF」会社謄本)
 その代表の立場から、長田被告が「陳述書」を書いたのは昨年夏のことだった。
 10年3月、アイロムHDの連結子会社で、医療機関経営支援コンサルを行う「アイロムメディック」を原告(当時の代表は前出・秀島氏)、医療法人社団K会を被告とする貸金請求事件の判決があり、 原告の請求通り、判決は原告が被告に貸し付けたとする3億円の一部、1億円の支払を命じた。
 被告は、契約上貸し付けは被告になっているが、実際に貸し付けを受けたのは、当時、再建のため、被告の経営管理室長に就いていた長田被告であり、その後、前出IMFに流れたものと主張した。だが、契約書があり、それを覆すだけの証拠がなかったため、原告主張が全面的に認められたわけだ。
 これに対し、昨年9月、覆すだけの有力な証言、物証が新たに判明したとして前出・K会は再審を求めて訴状を提出。その有力な証言として、長田被告の「陳述書」は訴状に添付されていた。本紙はこの「陳述書」コピー(以下に一部転載)を入手している。

閲覧数 (26136)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (112)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2017 3月  »  »
26 27 28 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
(1) 2 3 4 ... 7 »