• 2012/08/27
  • 執筆者: Yamaoka (6:42 pm)

またファンド会社に野村證券OB関与

 本紙はこの7月28日、「兜町アンダーワールド」の連載において、全国キーTV局を脅かす2つのスキャンダルと題した記事を報じている
 その後、一つは、「テレ朝」における看板番組「報道ステーション」を取り仕切る「古館プロジェクト」社長の闇金スキャンダルだったことを種明かししているが、もう一つも種明かししよう。
 現在、東京は上野の森美術館で「ツタンカーメン展」(冒頭写真)が開催され、連日、夏休み期間中の子どもたちで賑わっている。主催しているのは「フジテレビ」(下写真=本社)など。
 その開催のための一部資金は、特定のファンドによって集められている。そして、そのファンドに6億円ともいわれる資金を投じた大口(A社)がいた。

 誤解のないように断っておくが、フジテレビとの間には前述のようにワンクッションあるし、フジ側はそのA社(東京都渋谷区)の概要は知らなかったと思われる。だから、フジ側に直の責任はない。
 だが、A社側は資金を募る際の信用付けにフジテレビとシタンカーメン展の名を上げており、少なくともフジ側の道義的責任は免れないのだ。
 それに、A社が入居するビルに複数の政治結社が街宣をかけるなどした結果、現在はフジ側もそうした事実は把握している模様だ。
 さて、その6億円ともいわれる巨額資金は、A社傘下のB社(A社と同ビルに同居)から出資されているのだが、そのB社取締役に野村證券OBが就任、これまた信用付けと営業に一役買っていることがわかった。
 野村證券OBといえば、本紙でも既報のオリンパス、そしてAIJ投資顧問両事件でも登場。彼らがかつて在籍していた野村證券も増資インサイダーに関わっていたことはつい最近発覚したのはご存じの通り。
 呆れるばかりだが、またまたここでも登場していたのだ。
 B社取締役に就任していたのはM氏。調べてみると、86年大学卒業と共に入社。公開引受部などに20年近く在籍し、課長代理で辞めていたことがわかった。

閲覧数 (35524)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (129)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 11月  »  »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
(1) 2 3 4 ... 8 »