• 2012/09/17
  • 執筆者: Yamaoka (11:50 pm)

名誉市民の名が泣くーー大家VS「河北新報」社主(+元愛人)の家賃不払い訴訟の泥沼

 本紙がスクープしたこの訴訟(冒頭左写真=「夕刊フジ」8月22日付)、さらに泥沼の様相を見せている。
 東北の有力紙「河北新報」社主の一力一夫被告(冒頭右写真)はこれまで連帯保証は「時効」であるとして、元愛人U子さんの約3年間の滞納家賃(192万2000円)の支払いを拒否していたところが一転、大家に連帯保証契約解除を通知するまでの約2年半分については支払ってもいいと言い出した。また、大家もそれだけ支払ってもらえれば和解に応じてもいいというのが、8月22日第2回口頭弁論の感触だったと前回報じた
 こうなると、一挙に訴訟は終了の様相かと思い気や、連帯して被告に問われている元愛人U子さんは全面的に争う構えだからだ。(横写真=河北新報本社。東北地方のブロック紙)
 その理由の一つが、悪しき判例を残さないようにとの思いであることも前回述べたが、その後、Uさんが8月22日に提出した「陳述書」を本紙は入手(以下に転載)。その結果、U子さんは、約3年前、彼女と一力被告側が話し合いを持った際、最終的に大家さんから支払い請求があれば「そりゃあ、(全額)払いますよ」と答えていたのだから、全額支払うべきと、大家(原告)が一部支払いだけで和解の様相なのに、愛憎の思い故なのだろう、被告の一方が、もう一方の被告に全額支払いを迫るという本来あり得ないさらなる泥沼の様相を見せている。

閲覧数 (395815)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (135)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2020 4月  »  »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
(1) 2 3 4 ... 8 »