• 2012/10/05
  • 執筆者: Yamaoka (5:53 pm)

「真珠宮ビル」巡る刺殺事件で、後藤元組長が和解した理由

 10月4日、東京地裁において、東京はJR新宿駅南口のすぐ横、「真珠宮ビル」(右写真。現在は取り壊され更地に=左写真)の所有権を巡るトラブルで刺殺されたと見られる野崎和興さんの遺族が、使用者責任などに基づいて後藤忠政元後藤組組長ら4名に約1億8700万円の損害賠償を求めた訴訟の1回目の口頭弁論があった。そして、後藤元組長が1億1000万円払うことで即、和解が成立した。
 和解条件のなかには、山口組トップの司忍6代目組長ら他の被告3名に対する請求を取り下げるとの条件もあった模様で、取り下げられ、この訴訟は終結した。
 それにしても、なぜ後藤元組長は即、請求額のかなりを1人で支払ったのか?
 この刺殺事件では、元後藤組組員が複数逮捕されている。しかし、後藤元組長は逮捕に至っていない。いくら“使用者責任”によるものとはいえ、これでは後藤元組長自身が指示を出したと実質、認めたなんて見方をされかねないリスクもあるのではないか。

閲覧数 (40185)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (129)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 10月  »  »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
(1) 2 3 4 ... 8 »