• 2012/12/02
  • 執筆者: Yamaoka (11:50 pm)

<記事紹介>「猪瀬直樹にもあった『ネタ本隠し』の過去」(『ベルダ』12月号)

 11月30日発売の会員制情報誌『ベルダ』(発行・ベストブック)が、都知事選に立候補している猪瀬直樹氏の大宅賞受賞作『ミカドの肖像』につき、ネタ本があったのに、それを参考文献にした記載が一切ないと3Pの特集記事を掲載している。
 猪瀬氏は86年12月に出版されたこの著書で注目され、出世階段を上がって行った。この著書がなかったら、今日の猪瀬氏はないといってもいいほどの重要な作品だ。
 詳細は同記事をご覧いただきたいが、この記事の信ぴょう度は高い。というのは、このミカドの肖像のデータマン(同書は『週刊ポスト』で連載したものをまとめたもの)を勤めた池田房雄氏が今回のベルダ記事にコメントし、猪瀬氏にネタ本を渡したこと、参考文献に上げないのはマズイと苦言を呈したと語っているからだ。さらに、『噂の真相』(休刊中)で佐高信氏が猪瀬批判をしたところ猪瀬氏が反論文を同誌に寄稿(95年9月号)。そのなかで、自分のミカドの肖像が出るまで西武グループや堤義明氏に対する批判的記事は一切なかったと自画自賛したものだから、これまで黙っていたネタ本著者がさすがに激怒し、翌10月号の「読者の場」にそのネタ本著者のいい分が掲載されたというのだ。

閲覧数 (27002)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (128)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 9月  »  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
(1) 2 3 4 ... 8 »