• 2013/01/28
  • 執筆者: Yamaoka (11:50 pm)

約500億円もの借金踏み倒し、今なお田園調布豪邸に住み続けるあの「太陽グループ」社長

 デフレ不況のなか、相変わらずゴルフ業界は厳しい状況で、中小以下は多くが赤字経営。こうしたゴルフ場を安くM&Aし再生する「アコーディアゴルフ」、「PGMホールディングス」の2大勢力だけが勝ち組という状況だ。
 したがって、それなりに真面目に経営をしても破綻する例も珍しくないものの、「あいつだけは許せん!」と関係者が怒り心頭のゴルフ場元経営者がいる。
「ザ・オーシャンゴルフクラブ」(=冒頭写真。茨城県日立市)を09年2月末まで経営していた塚原裕氏がその人だ。(ゴルフ場は譲渡され、現在も旧会員はプレーできる。ただし、ゴルフ会員権の価値はほとんど紙くずに)。
 同名だった運営会社は特別清算中だ。
 それにしても、なぜ、塚原氏はそんなに批判を浴びるのか?
 理由の1つは、ザ・オーシャンゴルフクラブの母体はビル・駐車場経営の「太陽エステート」を始めとする太陽グループ。太陽エステートといえば、バブル経済崩壊後の90年代半ばに浮上した住専問題で、住総から融資されたうち実に約500億円を不良債権化(ピーク時の融資額は1381億円)、すなわち我々国民の税金で補填した会社。
 住専の大口借り入れ先といえば、「末野興産」「桃源社」始め、次々と倒産し、刑事責任も問われた。ところが、太陽エステートはその後も生き残り、また責任追及を逃れた数少ない会社だ。
 その理由として、宮沢喜一元首相などに繋がる人脈がいわれたものだ。(上チャート図参照のこと)
 もっとも、最後には冒頭で見たようにゴルフ場を実質、破綻させたわけだが(その負債総額は約239億円)、それにも拘わらずあいかわらず田園調布の豪邸に住み続け、贅沢な暮らしをしていると見られるからだ。

閲覧数 (41196)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (129)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 11月  »  »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
(1) 2 3 4 ... 8 »