• 2013/02/19
  • 執筆者: Yamaoka (11:50 pm)

あの大場一派が上場企業トップにーー早くも持ち分売却の動き

 本紙既報のように、当初、1月25日開催のパチンコ・医用向け3次元グラフィックスLSI・応用製品開発主力「リアルビジョン」(6786。マザーズ。横浜市港北区)の臨時株主総会では、代表に就くのは前常勤監査役であり、池畑勝治氏は一取締役に就く予定に過ぎなかった。
 ところが、蓋を開けてみると、修正動議が出され、これが可決され、池畑氏がリアルビジョンの代表に就いてしまった。
「就いて“しまった”」というのは、池畑氏は、名うての株式ブローカー・大場武生氏(冒頭写真)の一派であり、大場氏は表に出られないため、その代わりにまずは株買い占めを行い、半導体テスト開発受託会社「シスウェーブホールディングス」(6636。JQ。神奈川県川崎市)の経営に介入。そのシスウェーブが今度はリアルビジョンの株を買い占め、リアルビジョンにも介入して来たのだった。

閲覧数 (65660)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (133)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2020 2月  »  »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
(1) 2 3 4 ... 8 »