• 2013/02/23
  • 執筆者: Yamaoka (9:43 pm)

新バージョン? 数百万円騙取された「ブラックマネー詐欺」の手口

「ブラックマネー詐欺」ーー薬品で「黒い紙片」に変えた紙幣を元に戻すため、別の薬品が必要だと偽り、薬品の購入代を騙し取るのがその基本的手口。
 黒い紙片にするのは、政府高官などが裏金を海外に持ち出すためで、何かとわけありのため、薬品購入代を出してくれたら、戻った本物の現金の数割を差し上げるという。犯人はアフリカの者が多く、黒い紙片の元はドル札が基本だ。
 手口も手口なので、日本人が引っかかるケースは極めて希のようだが、昨年8月、1万円札で、カメルーン人が捕まったケースがある。
 神奈川県警国際捜査課が詐欺未遂容疑で逮捕したもので、犯人らは横浜市都筑区にある会社事務所で、会社役員の男性(60)に対し、2億円相当の1万円札があるとして、元に戻す薬品代として1500万円を要求。男性には2億円の3割を払うとしたが、不審に思った男性が県警に相談し発覚したという。むろん、黒いのは紙幣ではなく、ただの画用紙だった。
 これに対し、本紙に情報提供があったのも、希と思われる日本円のケースだが、こちらは数百万円の既遂。被害に会ったのは、都内に住むブローカーA氏だ。
 まず少額ながら本物に還元する(?)のを実演して信用させ、また、現金も単純に薬品代を要求するものではなく、新バージョンといおうか、より巧みになっているようだ。さらに、1万円札のこの詐欺手口が増えているとの見方もある。というわけで、以下、被害者A氏に聞いたその手口を報告する。くれぐれも、ご注意を。

閲覧数 (38883)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (135)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2020 4月  »  »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
(1) 2 3 4 ... 8 »