• 2013/05/10
  • 執筆者: Yamaoka (11:40 pm)

「加藤」なる女性とは!? 弘道会「風俗王」警部脅迫電話事件第2回公判内容?(反対尋問+2人の女性からの電話内容)

 前回、5回あったとされるK警部への脅迫電話内容の詳細などをお伝えした
 第2回公判では、その他にもK警部に、2名の女性から不可解な電話があったことが明らかにされたが、特に「加藤」なる女性からの電話に関しては事情通の間では、もしやあの女性では!? と大いに噂になっているという。
 もしその予測通りなら、愛知県警内に佐藤義徳被告(冒頭右写真)の内通者がいると思われるのも驚きだが、それ以上の衝撃だ。
 また、次回公判での検察側証人尋問予定者2名が明らかにされたが、その人選も興味深い。
 その解説の前に、まずは佐藤被告側弁護人のK警部に対する反対尋問の何点かのやりとり(要約)を紹介しておく。前回でも少し触れたように、そもそも5回分の脅迫内容はK警部の記憶に基づくもので物証はない。さらにいえば、電話して来た相手も誰か不明のため、弁護人はそんなことで本来、事件に出来るのかといいたいようだ。正直、検察側は厳しい状況といわざるを得ない。

弁護人 刑事歴20年のあなたが、着信時に録音・逆探知など証拠を残さなかったのはおかしい。捜査には物的証拠が必要だがどう思うか。
K警部 その通り。だが今回は着信画面を撮影しただけだ。自分の携帯には録音機能がない。
弁護人 脅迫電話があった都度、その場で(会話しながら)記録メモを書いたのか?
K警部 メモはその都度は作っていない。被害届を作った時にメモを作成した。
弁護人 脅迫電話なのになんの証拠保全をしていないのはおかしい。杜撰ではないのか?
K警部 そうは思わない。

閲覧数 (43313)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (130)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 12月  »  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
(1) 2 3 4 ... 8 »