• 2013/06/29
  • 執筆者: Yamaoka (4:10 pm)

2度目の団交も実力阻止ーー福岡県警が受理した、「小倉記念病院」巡る「ALSOK」の問題警備

 顧客に頼まれたら実力阻止、法律違反もお構いなしでは、反社の“用心棒”と変わりない。まして、同社は東証1部上場企業で、代表取締役会長の村井温氏(冒頭左写真)は元警察庁キャリアで警視監。
 他でもない、「ALSOK」(登記社名は綜合警備保障。東京都港区。2331)のことである。
 始めてこの件を目にする方は、まず本紙既報記事(6月18日分。6月22日分)をご覧いただきたい。
 内紛に大揺れのマンモス病院「小倉記念病院」(下写真。福岡県北九州市。ベット数658。職員1277名)の警備をALSOKは請け負っている(その警備費は年間7000万円近く)。
 6月26日午後3時、団体交渉のため、「全国格差撤廃推進労働組合」(東京都豊島区)のメンバーら6名が同病院を訪ねた。
 前回6月12日、13日と正当な手続きを経て訪ねたと思われるにも拘わらず、実力で阻止され病院内に入れず、団交を潰されたことは述べた
 そして、これに対し、組合側はALSOKの行為は警備業法15条「団体の正当な活動に干渉してはならない」に違反するとして公安委員会に「被害届」を提出。また、そのような警備にお墨付きを与えたと見られる2人の顧問弁護士に対しては懲戒請求している。
 それだけに、さすがに26日にはALSOKも、小倉記念病院もそれなりの対応をすると思われた。
 ところが、現実は違った。
 まず病院入り口でALSOKの警備員が立ちはだかったもののこれを何とか突破。組合側は事務室へ。関係者が証言する。
「ALSOKの警備員は約10名いたのですが、坂本(? 責任者?)なる者は“出て行け!”などと暴言を繰り返した上、組合側メンバーの肩を突いて追い出そうとした。警備業法など無視。まったくもって暴力団と変わらない対応でした。

閲覧数 (46487)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (125)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 4月  »  »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4
(1) 2 3 4 ... 8 »