• 2013/07/05
  • 執筆者: Yamaoka (5:59 pm)

参院選の公示に合わせ、緑茶会(脱原発政治連盟)が「脱原発立候補者」一覧を公開

 昨日7月4日、参院選が告示され、いよいよ本格的な選挙戦がはじまった。
 「アベノミクス」の評価が最大の焦点になっているが、与野党が最も対立するのは原発政策だ。自民党は公約で「原発再稼働」を明らかにしているから、脱原発の投票者は自民党以外から選ぶことになる。
 とはいえ、脱原発の「本気度」は政党、個人で濃淡がある。誰に入れたらよいのか悩んでいる方も多いことだろう。
 こうしたなか、今年3月に設立された緑茶会(脱原発政治連盟)が、「脱原発立候補者」の一覧をホームページ上で公開した。全国47選挙区と比例32名の候補者から、「推薦・支持・支援」する候補者を5段階評価で示している。
 民主党は野田政権時に、大飯原発を再稼動させたが、その民主党候補者でも、公約の1番目に「原発ゼロ社会の実現」を掲げ脱原発運動に積極的なツルネン・マルテイ氏については高く“推薦”している。逆に共産党は「即時原発ゼロ」を掲げているが、緑茶会は候補者個人の活動実績を重視。その実績によっては評価が高かったり低かったする。
 緑茶会代表の竹村英明氏(上写真左の黄色カッコ内人物)には、この6月18日に生放送をやった、本紙・アクセスジャーナルTVの鼎談「原発全面廃止に向けて」(6月18日放送)に出てもらい、反原発の活動家であり僧侶の中島哲演氏、広野ただし参議院議員(生活の党)と、「原発ゼロ」に向けて熱弁を振るってもらっている(ちなみに、広野氏は今参院選に立候補しており、評価は5段階の4、推薦)。
閲覧数 (94799)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (129)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 10月  »  »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
(1) 2 3 4 ... 8 »