• 2013/09/07
  • 執筆者: Yamaoka (10:09 pm)

ASEAN議長国、8月TPP交渉開催地ーーブルネイの国王甥っ子の重大詐欺疑惑(4)

 本紙で3度に渡り報じて来た、ブルネイのボルキア国王甥っ子の投資詐欺疑惑ーーちょうど8月22日から30日まで同国でTPP交渉が行われ(冒頭写真)注目されるということで、本紙はこの時期に合わせて報じたのだが、やはりというべきか大手マスコミは一切無視した。
 だが、本紙はこの間の調査で、この詐欺話にはわが国国会議員2人も関与していた疑惑を新たにキャッチした。
 それを解説する前に、「高島貞幹」(73。横写真)なる人物について紹介しておこう。
 投資家が会話も困難な遠い国の国王甥っ子を信じたのは、ブルネイ関連投資話を仲介した日本人がいたからだ。彼が日本で話を持ち歩き、関心を示せば一緒にブルネイにまで飛び、現地で国王甥っ子らを紹介したからこそ信じ投資したのだ。
 その高島氏は「サンライズテック」(大阪市西区)という会社の代表。そして、本紙既報のように同社役員には国王甥っ子=「ピージーハイジ・カマル・バリーン」(通称Pgバーリン)自身が就いていたのだ(下写真はサンライズ謄本とPgバーリン)。
 その高島氏、この間、被害者から逃げ回っている。関係者によれば皇室関係者を名乗り、皇室紋章の金バッチをスーツにいつも付けていたという。学歴は関西大学文学部卒、1963年毎日新聞社に入社し、87年1月まで在籍。その直後、(財)「徳修学園」理事兼事務局長となる。(*詳細は被害者作成HPを

閲覧数 (37872)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (116)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2017 12月  »  »
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
(1) 2 3 4 ... 7 »