• 2013/11/01
  • 執筆者: Yamaoka (11:50 pm)

監視委がAPF・此下会長に41億円課徴金勧告ーー「ウェッジHD」株価吊り上げ(偽計)で

 証券取引等監視委員会は本日、虚偽の内容を公表して「ウェッジホールディングス」(2388。JQ。東京都中央区)の株式を吊り上げた金融商品取引法違反(偽計)の疑いで、此下益司氏(=冒頭写真左人物。46。かつては為末大氏・右が広告塔に)に約41億円の課徴金納付命令を出すよう金融庁に勧告したと発表した。
 虚偽情報の公表で投資家を欺くことを禁じた偽計を適用した勧告は初めて。また、その額は過去の課徴金のなかで最高だ。
  此下氏は、ウェッジHD並びに「昭和ホールディングス」(5103。東証2部)を傘下に置く、タイ投資ファンド「アジア・パートナーシップ・ファンド(APF)」(タイ・バンコク)の代表。
 ウェッジHDは10年3月4日、自社HPでおいて8億円の転換社債引受をIR。転換社債を発行するのはタイに本社を置くリゾートホテル所有会社への投資事業を行う会社。もっとも、それは此下氏率いるAPF傘下企業だった。
 結果、将来の高利益予想を見込んでウェッジHDの株価は約3倍にも急騰。しかし、証券取引等監視委員会はその8億円の購入資金の一部は、これまた別のAPF傘下企業から貸りたものだが、ほどなくその資金は還流。また、そもそも社債を発行したとされるタイの企業は債務超過で発行資格が無い。つまり、その実態は株価吊り上げを狙った架空の取引だったと見て、今回の重い処置に踏み切ったようだ。
(上写真=監視委の公表した「違反行為概要図」)

閲覧数 (75849)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (127)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 7月  »  »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
(1) 2 3 4 ... 8 »