• 2014/02/11
  • 執筆者: Yamaoka (10:24 pm)

<*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第225回 NHKは民放の動きを知れ。大河『官兵衛』失敗は主役をジャニタレにしたこと!」

 筆者・渡辺正次郎(作家・政治ジャーナリスト)。音楽専門誌の編集長の傍ら、藤圭子など多くの歌手を発掘。その後、政界に転身。二・二六事件の時に岡田啓介首相を救出、また、わが国の戦争終結に尽力した故・迫水久常参議院議員の秘書などを務める。現在は作家・政治ジャーナリストとして執筆の傍ら、政治家のブレーン、選挙参謀として活躍中。『この国の恥ずかしい人々』、『田中角栄の遺したもの』、『こんな政治家は辞職せよ!』(以上、日本文芸社)など著書多数。また、有料ブログ「正次郎のNEWS TODAY」(ここをクリックしても料金は取られません)を日替わり配信中。


 最初に番宣でこのNHK大河ドラマ「軍師 官兵衛」の主役を知ったとき、プロデューサーは何を考えているのか? と疑問を持った。私が以前のようにNHKの人事に口を出していたなら、即撤回させ、撤回しなければプロデューサーを資料室送りにしただろう。
 主役に抜擢されたこの岡田准一(33)とかいう男、軍師の顔でも、軍師になれる顔でもない。軍師見習いの手ほどきを受ける前の面だろう。それは顔、特に目だ。知性をまったく感じさせないこと。軍師の能力を発揮する前に討死と出た。
 それが視聴率にモロに出た。初回18.9%(1月5日)、2回目16.9%(1月12日)、3回目18%(1月19日)、4回目16.5%(1月26日)と、どうやら釣べ落としの様子を見せている。
 これだけ番宣が派手なのは、黒田官兵衛が山口県出身の安倍晋三総理と同郷だから…NHKの偏向報道に厳しい目を向ける安倍総理におもねた結果かも・・・ま、予算を握られているから止む得ないところか。
 それはある程度許すとして、どうだ、どうせ黒田官兵衛の生涯を描くなら、派手な番宣はしにくいだろうが、
「官兵衛は岡田所属するジャニーズ事務所の社長のジャニーとまったく同じ、

閲覧数 (110425)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (129)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 10月  »  »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
(1) 2 3 4 ... 8 »