• 2014/03/01
  • 執筆者: Yamaoka (2:34 am)

電通子会社LED事件ーー最大被害46億円ウェルバーグ商流にも手を付けた警視庁組対の狙いとは?

 電通子会社「電通ワークス」(東京都中央区)に照明の架空取引を持ちかけたとされるこの事件、警視庁組織犯罪対策4課は2月28日、LED開発会社「ワールド・ワイド・エンジニアリング」(WWE。同)の実質的経営者・津田悦資(63)、同社社長・長谷川篤志夫(67)、同開発会社「WCM」(東京都墨田区)の前社長・佐藤勝浩(51)ら5名を再(再)逮捕、また新たにコンサルタント会社「ウェルバーグ」(神奈川県横浜市西区)の社長・千葉勝久を逮捕した。
 この事件におけるLED発注の商流は大きく3つに分けられる。
 (1)LED使用希望者→代理店→電通ワークス→WWE、(2)LED使用希望者→代理店→電通ワークス→WWE以外の開発会社、(3)LED使用希望者→ウェルバーグ→電通ワークス→WWE→製造会社「エフティコミュニケーションズ」(東京都中央区)。
 津田容疑者ら逮捕の1度目(被害額約2億3000万円)、2度目(約8億円)は(1)の商流に該当する。これに対し、今回逮捕は(3)の商流に該当するが、エフティコミュニケーションズはジャスダック上場企業(2763)で、LEDはキチンと製造されていたという。
 そのため、詐欺に問うハードルは高いとして、当初、今回の(3)ルートには手を付けないのではないかとの見方もあった。

閲覧数 (63450)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (133)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2020 2月  »  »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
(1) 2 3 4 ... 8 »