• 2014/07/07
  • 執筆者: Yamaoka (12:37 am)

社員暴行等もお咎め無しの理由――氷川きよし「御殿」建設の裏事情

 本紙でも既報の社員暴行、さらに『週刊文春』(5月8・15日合併号)ではホモセクハラ疑惑なども飛び出したものの、熱烈なファンと事務所に守られ、沈黙している間に、「人の噂も75日」ということか、すでに話題にもならなくなった氷川きよし(36)の問題――。
 写真週刊誌『フラッシュ』(5月27日号)が、その氷川が都内に3億5000万円もする御殿を建てたと報じた(冒頭写真)のは、暴行事件などが話題になっていた5月下旬のことだった。
 実はこの自宅の件を調べると、氷川きよしと所属事務所「長良プロダクション」とのただならぬ関係がわかると漏らす関係者がいる。
 むろん、長良プロにとって氷川は最大の稼ぎがしら。守るのは当然だ。だが、先日、覚せい剤事件を起こしたASKAと(個人)事務所と違い、氷川も所詮は雇われ。まして長良は大手だ。悪さが過ぎれば、プロダクションも黙っていないはず。ところが、氷川の場合、その常識は通用しないのだという。どういうことか?

閲覧数 (198262)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (135)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ