• 2014/10/09
  • 執筆者: Yamaoka (11:32 pm)

水源地詐欺主犯の菊次達朗が激やせーーその理由は?

 菊次達朗といえば、本紙では既報のように、「水源地詐欺」事件の主犯で、すでに懲役10年の実刑判決を受け服役中。
 ところが、そこにあの“芸能界のタニマチ”ともいわれた塩田大介(競売妨害で懲役1年4月の実刑で服役中)に対する傷害罪で再逮捕され、現在、公判中なのはご存じの通り。
 本紙では、この件での8月6日の菊次本人尋問についても報じている
 その後、9月17日にも本人尋問が行われたものの、あくまで補充のためで、2時間が取られていたが、実際は約1時間で閉廷したという。補充ということで、本紙も取り上げなかったのだが、傍聴した者などの間で、その際の菊次の激やせぶりが話題になっていたという。
 関係者によれば、菊次は逮捕前、ウェートトレーニングの結果、筋骨隆々の体をしていたという。逮捕され収監後、トレーニングできないこともあってだろう、次第に体が細くなっていたとのことだが、
「9月17日の公判時は本当に激やせしており、傍聴者の間からは心配の声に加え、泣き叫ぶ声さえ出ていたほどです。前回8月6日の公判で顔を見せた時に比べ、20圓聾困辰燭箸いΥ兇犬世辰燭鵑世ら無理もないですよ」(関係者) 
 それにしても、なぜ、菊次はそんなに激やせしたのか!?

閲覧数 (198873)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (113)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2017 5月  »  »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
(1) 2 3 4 ... 7 »