• 2015/02/11
  • 執筆者: Yamaoka (12:54 am)

渡辺喜美・みんなの党元代表の素顔と現状

 昨年12月の衆議院選挙で落選した渡辺喜美・みんなの党元代表(62)。
 第一次安倍内閣で規制改革、金融担当大臣に就任。  
 その後、自民党を飛び出して作ったみんなの党は脱官僚・地域主権・生活重視を掲げ躍進。近い将来の首相の可能性さえいわれたが、DHC・吉田嘉明会長からの8億円借り入れ事件などあり落選。みんなの党は解党。一転し、ただの人になったのだが、今後、どうするのか?
 ところが、ある元古参秘書は先の落選は、父で先代の渡辺美智雄元副総理(故人)から栃木3区の地盤を譲られ初当選した時から予想されて来たものだという。
「昨年12月に出た『文藝春秋』にも出ていましたが、喜美さんは選挙にほとんど関心がなく、秘書と後援会だけで選挙戦を戦って来たんです。さすがに本人も決起集会や出陣式には来ましたが、後はほとんど他人任せ。一度、出陣式にさえ来ないので東京の自宅に呼びに行ったところ、読書をしていて、本人曰く“選挙はもういい。政治家を辞めて家族と暮らす”とか言い出し、皆で何とか説得したこともありました」(元古参秘書)
 頼りの後援会も、美智雄氏からそのまま引き継いただけで、有権者の新規開拓もしないから高齢化、支援者離れを引き起こし、挙げ句には、喜美氏は金融や行革など地元に関係のない難しい話ばかりし、逆に支援者を取り逃がしたそうだ。

閲覧数 (209102)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (129)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 10月  »  »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
(1) 2 3 4 ... 8 »