• 2015/04/10
  • 執筆者: Yamaoka (3:07 pm)

みずほ銀行元幹部詐欺事件ーー「被害者の会」代表は本当に被害者なのか!?(1)及川容疑者と交わしていた1億4000万円「合意書」

 取引先である出版社「ぎょうせい」への架空の出資話で、顧客数十人から数十億円集めたと見られる件で、みずほ銀行本店の元審査役・及川幹雄容疑者(51)ら3人が、その一部1億500万円の詐欺容疑で警視庁捜査2課に逮捕されたのは3月24日のことだった。
 これに先立つ昨年10月、同様の手口で現金を騙し取られたとして、医者や元プロボクシング世界チャンプ・薬師寺保栄氏らが及川容疑者、それにみずほ銀行を相手取り集団提訴していたこともあり、先の及川容疑者逮捕の際には、この「みずほ銀行被害者の会」代表で、自身も原告の1人である「ミリオントラスト」(東京都江東区)という街金の代表・佐藤昇氏(横写真)は各テレビ局などで取り上げられ、被害を訴えていた。
 だが、この佐藤氏、本当に被害者なのか。
 集団提訴時にマスコミに配られた訴状によれば、佐藤氏の被害額は計3000万円だという。
 また、佐藤氏が及川容疑者を知ったのはジャーナリスト・高尾昌司氏の紹介だという。
 11年8月、高尾氏から、みずほ銀行が裏の仕事として暴力団への融資をしようとしているが、直接融資するのはマズイので、佐藤氏の街金で融資を受け、そこから暴力団へ融資してくれないかとの話があり、そのみずほ銀行側の担当者として及川容疑者を紹介された。
 さらに同年9月22日、佐藤氏はみずほ銀行本店前に呼び出され、及川容疑者が佐藤氏の乗用車にキャリーバックで運んで来た1億4000万円の現金を置き去りにし、強引に預けるという暴挙に及んだという。
 しかし、佐藤氏はそんな違法な取引はできないと断り、カネもすべて返却したという。
 ところが、そんな暴挙をされながらも、後日、佐藤氏はまた及川容疑者に会い、先の架空の出資話を信じ、12年8月に1000万円、9月に2000万円を預けたというのだ。
 暴力団融資話に乗せられそうになった相手を信じ、3000万円もの大金を預けたなどという話だけでも常識的に信じがたいが、本紙が佐藤氏が本当に被害者かと疑問を抱くのは、むろんそれだけの理由からではない。
 実は佐藤氏と及川容疑者との間で交じらされた「合意書」(以下に転載)なるものを本紙は入手したからだ。

閲覧数 (105202)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (116)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2017 11月  »  »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
(1) 2 3 4 ... 7 »