• 2015/08/09
  • 執筆者: Yamaoka (12:14 am)

結局、米軍による一般人虐殺に加担!? 山本太郎議員が「安保法案」の核心を突く質問(7・30参院「平和安全特別委員会」)

 大手マスコミはまったくというほど報じていないが、「生活の党と山本太郎と仲間たち」の山本太郎参議院議員は、去る7月30日開催、参院の平和安全特別委員会で、イラクの復興支援名目でわが国航空自衛隊がクウェートを拠点にイラク国内の飛行場との間で人員・物資を輸送した(04年3月から08年12月まで)件につき質問し、いま安倍首相が成立を目指している集団的自衛権行使=わが国が米国の下請けになったら、どんな事態になり得るか、実に鋭く核心を突く質問をしているので、以下、要約し、お伝えする。

山本議員 09年10月、防衛省が開示した輸送実績記録によれば、全体で約4万6000人、輸送したとなっています。しかし国連の関係者はたった6%。その10倍、60%以上が米軍や米属だったんですが、何の目的だったんですか?
中谷防衛相 人道復興支援活動を実施するための安全確保活動のためです。
山本議員 じゃあ、どうして国会の答弁において、「国連、その他の人道復興支援のための人員、物資輸送を行っている」という答えにするのか? 意味がわからない。人道支援といいながら、戦闘員を輸送してたんじゃないの、っていう話だと思うんですけど。
安倍首相 あくまでイクラ特措法に基く活動をしていたわけです。
山本議員 そうおっしゃるなら総理は、輸送した兵士たちが何をしたのか把握されているということでよろしいですよね。
安倍首相 いま、私は詳細については承知しているわけではございません。
山本議員 要は、そういうふうに聞かされているというお話ですよね。本当に平和活動のみだったのかということの詳細な資料請求できますかね?
安倍首相 輸送した米兵は、イラク国内で復興支援、または治安維持、いずれかの活動に従事していたと認識しています。
山本議員 では総理は航空自衛隊がバクダットに輸送活動を行った06年7月以降、市民、米兵の犠牲者数がどのように変化したか把握されていますか?
外務省中東アフリカ局長 米国がある一定期間を区切って発表しているものはありません。全体で(米兵死者数は)4424名です。
山本議員 NGO「イラクボディカウント」の発表では07年の民間人犠牲者数は2万4000人にも上っている。この1年間、開戦直後の空爆が激しかったことを別にすると、もっともイラク市民、米兵の犠牲者が多かった時期だそうです。
 総理にお聞きしたいんですが、この1年で米軍が爆撃した回数をご存知ですか?
安倍首相 今、お答えすることはできません。
山本議員 1447回、いわゆるテロとの戦いだと先進国が始めた戦争によって子ども、女性、お年寄りが、多くの市民が犠牲になった。総理までね、アメリカ兵の輸送に賛成されたわけですよね(派遣決定時、安倍総理は官房副長官。07年は第1次安倍政権)。
 その一方で、自衛隊の活動を拡大しているとアラブの人々が聞いたらどう思うんですか? 航空自衛隊のイラクでの空輸活動については、08年の名古屋高裁判決で違憲判決、憲法違反だと判決が確定しています。総理、ご存知ですか?(横写真=米軍により破壊された救急車の写真を示す)
中谷防衛相 この高裁判決は、違憲の確認および差し止めを求める訴えは、不適切なものと却下れました(しかし判決文のなかでは違憲とされている)。
山本議員 人道支援といわれるものの実態は結局、米軍との武力行使一体化であったと。それははっきりと司法によって判断された。イラク戦争でもわが国は多くの民間人を殺すことに加担していた可能性が高いということを伝えているわけです。
 安倍総理にとっては、お祖父の時代から深く縁のあるアメリカかも知れない。この(安保)法案が成立すれば、よりいっそうその絆も深まるかも知れない。
 総理、アメリカに民間人の殺戮、当時、止めろっていったんですか? そしてこの先、止めろといえるんですか? 引き上げれるんですか?
安倍首相 そもそもなぜ、米国、多国籍軍がイラクを攻撃したかといえば、大量破壊兵器を持ち、それをイラン・イラク戦争で使用、自国民も殺ししたという実績があったわけで、そして大量破壊兵器はないという証明の機会を与えたのにそれを実施しなかったわけです。
山本議員 イラクに国連が700回以上査察に入り、大量破壊兵器はなかったことになっている。でも無理やり(戦争に)踏み込んだのはアメリカとイギリスじゃないですか。で、その片棒を担いだのが日本なんです。その総括がなされず、自衛隊をまた外に出す? 拡大させる? これ、総括必要ですよ!
閲覧数 (77719)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (116)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2017 9月  »  »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
(1) 2 3 4 ... 7 »