• 2015/08/18
  • 執筆者: Yamaoka (1:00 pm)

<お知らせ>「秘密保護法違憲訴訟」――8月21日(金)の第7回口頭弁論でいよいよ結審

 本紙・山岡も参加したフリーランス表現者仲間43名による「秘密保護法違憲訴訟」は訴訟提起から1年を超え、いよいよ結審を迎える。
 安倍政権はいま、この秘密保護法と一体の関係にある「平和安全法制」という名の戦争法案を国民多数の反対・慎重意見を無視して強行成立を狙っている。ところが参院審議が始まった途端、自衛隊統合幕僚監部が作成した内部資料が流出。「シビリアンコントロールが取れていない」と、審議が中断しているのは大手メディア既報のとおり。
 内部文書がどのように流出したのか、その経緯は不明ながら、まさに秘密保護法で政府が最も取り締まりたかったであろう情報が流出したことになる。
 内部文書を暴露したのが共産党で、大手メディアではなかったのは、内部告発者が「どうせ大手メディアに渡しても報じてくれないだろう」と判断したのではないか。(内部文書は『赤旗』ホームページから読めます。ココをクリック)。
 さて、来たる8月21日の最終口頭弁論で意見陳述するのは、ジャーナリスト仲間の黒薮哲哉氏。かつて、新聞発行部数を水増しする、いわゆる「押し紙」問題の告発記事によって名誉を傷つけられたとして、読売新聞に訴えられたこともある。
 黒薮氏のほか原告24人が出廷予定であり、むろん山岡も出廷する。
 何しろこれで最後。是非、多くの人に参加していただきたい。

日時:8月21日(金)10:30から
場所:東京地裁101号法廷
(地下鉄「霞ヶ関駅」A1番出口すぐ)

※終了後は、裁判所隣の弁護士会館502号で報告集会を行います。こちらにもご参集ください。
閲覧数 (82533)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (115)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2017 6月  »  »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1
(1) 2 3 4 ... 7 »