• 2005/05/28
  • 執筆者: Yamaoka (7:10 am)

宮内庁次長に関する怪文書、また出る

●ノーパンしゃぶしゃぶ「桜蘭」で接待され、許永中人脈との関係もある?

 本紙は05年4月22日、「宮内庁次長は、隠れ創価学会員?」、同25日、「本紙既報の宮内庁次長(隠れ学会員?)怪文書、本日発売の『週刊現代』が巻頭記事化」なるタイトル記事を出しているが、再度、怪文書がファックスされて来た。
 日付は5月25日。前回は「有志一同」で締め括られていたが、今回は「憂国有志一同」となっている。
 宛先も前回は「宮内庁記者クラブ幹事社様」となっていたのが、ご丁寧に、本紙・山岡宛になっている。
 単に、前回出して反応があったところに絞った結果かも知れないが、前回と同じグループ(個人?)かどうか、この文面だけでは推測しようもない。
 ただし、今回文書は、宮内庁次長・風岡典之氏が、創価学会員であるだけでなく、「被差別部落出身者」とか、「半島系」とか、明らかな差別発言を含んでいたので、掲載するかどうか迷った。
 例え風岡氏がどちらかの出身だとしても、そんなことはどうでもいい。否、むしろ、天皇と対局の低い身分として位置づけられ、虐げられたり、日韓併合というわが国の侵略の歴史を思えば、そういう人物が宮内庁№2に就けるようになったことは、身分制の解消、日韓融和という理想から言えば、ある意味、喜ばしいことではないか。

閲覧数 (8970)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (118)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2018 5月  »  »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
(1) 2 3 4 ... 7 »