• 2019/02/05
  • 執筆者: Yamaoka (9:40 pm)

あの中村龍道氏が被害者!? 警視庁町田署が被害者側を強要未遂で逮捕(不起訴)

 本紙では以前は中村浩一郎、現在は中村龍道と名乗り、「ZANN CORPORATION」という会社を率いている人物の詐欺疑惑につき、もうかれこれ10年も報じている。
 クロマグロ養殖出資金詐欺疑惑に始まり、悪名が高くなると自分の名前だけでなく、法人、社名を「シールド」に始まり、「新日本マテリアル」(旧「天成ホールディングス」)、そしてZANN CORPORATIONに変更。詐欺疑惑の投資資金名目も近年は国内から海外、特に中国におけるカジノ事業関係にシフトさせ、活動をずっと続けているからだ。
 もっとも、ZANN CORPORATIONは登記上の本社は米ネバダ州ラスベガスにおいているところ、実際は国会近くの十全ビルが拠点だったのだが、昨年7月中にそこを撤退。にも拘らず、未だ登記の住所変更もしていない有様だ。ZANNも悪名が知れ渡ったのでさらに新たな会社を作ったか、もしくは新たな住所を特定されたくないためと思われる。
 その中村氏がついに詐欺容疑で逮捕されたというのならわかるが、逆に被害者側が返金を要求したところ、これが強要未遂に当たるとして昨年11月、警視庁町田警察署(横写真)が中村氏の告訴を受理し被害者側を逮捕していた(しかも、結局は嫌疑不十分で不起訴に)との情報が飛び込んで来た。
 とても信じられないことだが、しかし、それは事実だった。
 いったい、どういうことなのか!?
 詳細は、現在すでに発売されている、月刊会員制情報誌『ベルダ』2月号の「狙われるシルバー世代」という本紙・山岡の連載ページ(3頁)に書いたのでそちらをご覧になっていただきたい(冒頭写真)が、要点を記すとこういうことだ。

閲覧数 (183811)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (127)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 7月  »  »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
(1) 2 3 4 ... 8 »