• 2019/06/01
  • 執筆者: Yamaoka (3:24 am)

脱原発「正義の弁護士」の下半身裁判記事掲載ーー『週刊新潮』は「電事連」の手先!?

 今週水曜日まで発売されていた前号(5・30日号)記事で『週刊新潮』は、「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」(原自連)の幹事長兼事務局長を務める河合弘之弁護士(75)の下半身裁判を取り上げた。
 この「原自連」の顧問を務めるのは小泉純一郎、それに細川護煕両元首相。
 脱原発運動を大きくするには保守層を引っ張り込まないといけないと、河合弁護士が大下英治氏に仲介を頼み、小泉元首相との共闘が実現したそうだ。
 この下半身裁判とは、河合弁護士が30歳ほど年下の女性とW不倫していたことが発覚。相手女性の元ダンナに昨年1月、慰謝料請求の民事訴訟を起こされたというもの。ただし、河合弁護士は不倫について否定している。
 これだけの内容で4頁もの記事にする必要があるのだろうか。
 特に脱原発支持の女性層がこの記事を見たら河合弁護士に嫌悪感を抱くだろう。これでは、原発を推進するためロビーストとして長年に渡って自民党と深い関わりを持つ、東京電力を始めとする大手9電力会社の団体「電気事業連合会」(電自連)の意を受けて、あるいは忖度して、こんな大きな記事にしたと思われても仕方ないのではないか。
 さすが、「新潮社が持つ保守反動的体質を象徴する看板雑誌」(『噂の真相』1990年11月号別冊『日本の雑誌』記事より)だけのことはある。
 本紙がこんなことをいうのは、この新潮記事のなかで、河合弁護士が相手女性との関係を認めてないことから、補強する材料として、『噂の真相』でかつて取り上げた河合弁護士の買春常習疑惑記事(5頁。ただしK弁護士の記載)を紹介しているからだ。
 しかし、『噂の真相』の同記事は今回の新潮のような単なる下半身事情を扱ったものではない。
 なぜ、そんなことを本紙がいえるとかいうと、下に掲げた同記事のレポーター名を見れば明らかなように、それを書いたのは本紙・山岡だからだ。

閲覧数 (45145)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (130)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 12月  »  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
(1) 2 3 4 ... 8 »