• 2019/06/20
  • 執筆者: Yamaoka (2:56 am)

総会屋逮捕と「GFA」、「オウケイウェイヴ」

 警視庁組織犯罪対策3課と荻窪署は、インターネットニュースサイトに掲載された記事を巡り、情報提供した会社役員を脅した暴力行為法違反容疑で6月18日、総会屋の竹之内昌虎容疑者(57)を逮捕した。
 そのインターネットニュースサイトとは本紙「アクセスジャーナル」のことだ。
 本紙・山岡に対する「国策捜査」の懸念もあることから、竹之内容疑者逮捕を受けて6月18日に出した本紙記事は、そちらに重きを置いた内容となった。
 しかしながら、本紙への情報提供者が竹之内容疑者に脅された件というのは、具体的には「GFA」(8783。JQ。東京都港区)絡みのことで、しかも、この件を追うと「オウケイウェイヴ」(3808。セントレックス)にも繋がっていく。
 なぜかというと、この両上場企業の裏で関係しているのが「松浦大助グループ」であり、周知のように、竹之内容疑者と松浦グループは親しい関係にあるから。
 さらにいえば、当局はGFA絡みの方では捜査を続けており、さらなる逮捕、別件での事件化の可能性もないとはいえない。
 というわけで、以下に追加報道する。
 まずGFA絡みの方では、実は今回の竹之内容疑者逮捕の方では当初、GFA元役員(以下、A氏とする)も一緒に逮捕されるとの見方もあった。
 前述のように、脅された元会社役員が本紙に情報提供していたのはこのA氏が関わるGFAの取引も含む疑惑についてで、竹之内容疑者が脅したのはそのA氏の依頼を受けてのことと見られていたからだ。
 竹之内容疑者の単独逮捕だったことを見ると、そうではなかったようだが、だからといって、そのA氏に何ら問題ないわけではない。
昨年12月、本紙・山岡に竹之内容疑者から電話があり、本紙が書いたGFA関連記事で間違いがあるとして訂正を求めて来た。結果、1箇所だけ訂正したのだが、実はこの時、いま一緒にいるとして、電話を替わったのがA氏だった。
 竹之内容疑者は当局に反社会勢力の一員と認定されている。その者と同席しているだけでも問題ではないか。
そして、その密接交際の竹之内容疑者が今回逮捕されたことで、改めてこのA氏がいまもGFA役員なのかチェックしてみた。
 本紙が確かめた限りでは、GFAは6月24日に定時株主総会を開くが、その再任候補にA氏の名はなかった。ただし、その定時株主総会招集ご通知を見ると、今年3月末現在ではまだ役員の地位にあった。ということは、この間に辞任したものの、会社IRには出さずこっそり退任させたということか。

閲覧数 (59552)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (129)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 10月  »  »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
(1) 2 3 4 ... 8 »