• 2019/06/23
  • 執筆者: Yamaoka (2:30 am)

「国策捜査」利用になった、「青山メインランド」西原社長虚偽告訴事件の最新情報

 本日午後1時から、本紙・山岡は警視庁原宿警察署で本庁組織犯罪対策3課から事情聴取を約1時間半受けたが、これは純粋に総会屋の竹之内昌虎容疑者の暴力行為法違反容疑に関すること、つまり被害者側としてだった。
 同じ組織犯罪対策3課が受理したとされる、別件の本紙・山岡、それに竹之内容疑者、さらに「松浦大助グループ」の松浦正親氏の3人を1000万円の恐喝容疑で「青山メインランド」の西原良三社長(冒頭写真)が告訴した方の件での質問は一切出ず、無事、戻って来た。
 だが、受理になっている以上、これを利用した「国策捜査」で反社会勢力に通じる他の2人と共に強引に本紙・山岡まで逮捕さえすれば、後は起訴にできなくても、それでダーティーさを印象付け、本紙の社会的信用を失墜させ、安倍首相重大疑惑記事も他の本紙記事も、いい加減なものとして葬り去ろうとの目論みはそのまま何の変化もなく続いていると見ていいだろう。
 そんななか、驚くべき情報が入って来た。
 恐喝の具体的な内容は、本紙が書いた青山メインランド・西原社長の買春疑惑を巡ってだが、実はそれをネタに西原社長の名前を消すからとか、さらに具体的な記事を書くとかではなく、本紙・山岡に竹之内容疑者が接触して来て、西原社長の名前がイニシャルになったこと(+顔写真を削除)、つまり「西原社長が反社会勢力に記事もみ消しを頼んだこと」が脅しのネタになっているのが真相であるという。
 そして、その本当に恐喝をした者は、本紙にこの買春疑惑ネタを提供した小林英雄氏(下右写真)で、恐喝額はなんと1億円にもなるともいう。
 つまり、本紙・既報の1000万円が西原社長から人を介して松浦正親氏に渡り、その正親氏の意を受けた竹之内容疑者が本紙・山岡に接触して来たのとは別に、西原氏から小林氏に1億円ともいわれる巨額が渡った別のカネの流れがあるというのだ。
 その脅しの理由は、繰り返すが、本紙・山岡が善意でタダでイニシャルに替えたことで西原社長がホッとしたと思ったら、ほどなく、そのネタを山岡に提供(むろん、山岡は小林氏からビタ一文もらっていない)した小林氏が、「総会屋を使って消させただろう」と脅したというわけだ。
 では、それがなぜ小林氏を告訴ではなく、本紙・山岡と、よりによって本紙が反社会勢力に通じると見て告発記事を書いている竹之内容疑者と松浦正親氏になるのか。(「現代ビジネス」の伊藤博敏氏の記事中の山岡、竹之内容疑者と共に「芸能プロ幹部」の3人で告訴受理の「芸能プロ幹部」は松浦正親氏のこと。小林氏ではない)。
「小林は“カネを払わないと、総会屋に記事揉み消しを頼んだことを銀行にバラすぞ!”と脅したのではなく、銀行にその旨の情報提供をおそらく匿名でやり、結果、銀行から西原に真偽の問い合わせ。で、銀行に提供したのは小林だと察した西原がこれ以上の口封じに1億円支払い。一方で、総会屋に頼んでいないことの潔白を銀行側に証明すべく、本当は西原社長自らの意思で記事揉み消し依頼のために松浦正親に1000万円を差し出しておきながら、これ幸いに、その1000万円を別の3人に脅迫されたと訴えざるを得なかったということ」(情報提供者)
 先に銀行にバラしたらカネにならないとも思うのだが、それではモロに恐喝になるので、いまでは今回のやり方、つまり銀行側に“青山メインランドは反社会勢力の総会屋を使っている”と情報提供した上で、暗黙の了解のうちにカネを出させるやり口が普通だという。
 何の罪もない本紙・山岡まで含めスケープゴードに使ったのは、小林氏を訴えれば本当のこと=反社会勢力利用がバレるので西原社長はこちらは出来ないためとも。
 また、銀行からの真偽の問い合わせに対し、「事実無根」といえばいいと思うのだが、そこは実際に反社会勢力を利用しているから疑心暗鬼になり、すっとぼけることもできないともいう。
 それにしても、これが事実なら、虚偽告訴した西原社長もとんでもないが、小林氏はさらにとんでもない。本紙に、「自分のところに所属していた女優が、別の芸能プロに引き抜かれ、しかもそこを経営するのは元組員で脅しを受けたこともあるから助けてくれ」と泣き付いて来て、それ故に、本紙は訴訟リスクまで抱えながら当然ながらタダで記事を書いてあげたのだが、それを恩で返すどころか、逆にその裏で本紙・山岡が善意で記事をイニシャルに替えてあげたことを悪用して恐喝、結果、山岡まで訴えられるハメになったのだから。
 もっとも、こんなデッチ上げ告訴、少しでも調べれば、誤解を恐れずにいえばすぐ恐喝ではなく西原社長が依頼したものとわかる(何度もいうが、こちらでも本紙はビタ一文受け取ってない)から本来、受理になりようがない。
 ところが、「後の共犯とされる2人は反社会勢力に通じるから、山岡の信用失墜に持って来い」と「国策捜査」に利用したため、本来は受理になりようのないものが受理になったようなのだ。
 そういうことなので、本紙では当初記事で、こんなデタラメな脅迫の案件が受理になったのは小林氏の「幻冬舎」見城徹社長に通じるルートが使われた可能性があるとしたが、そうではなく、西原社長の安倍首相に至る人脈が使われたようだ。
「小林より、西原社長の方がもっと安倍官邸に強いルートを持っています」(別の事情通)
 詳細については、いろいろ支障があるのでいまは述べない。
 最後に、なぜ、本紙は今回、小林氏の恐喝の可能性をここまで具体的に述べたかにつき、1つだけ解説しておこう。
 実は別件ながら、ある有名な仲介者を介して、小林氏から西原社長に対し美人局を仕掛けたいので協力してくれと頼まれた者がいて、その者が本紙に告発してくれたからだ。
「西原社長は女性に目が無い。必ず成功すると。しかし、余りに下世話な犯罪行為なので断ったんです。ある元組員にも声をかけてくれといわれました。そうそう、そもそも小林の裏には元暴力団組員のKがいます。女優引き抜き訴訟だって、元組員同士、Kと女優を引き抜いた社長が揉めKの意向で小林は提訴したと聞いています」(告発者)
 そしてこの告発者、いざとなれば表に出て証言してもいいといってくれた。
(上左写真。17年11月、小林氏は逮捕に。ただし不起訴)
閲覧数 (58242)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (129)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 10月  »  »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
(1) 2 3 4 ... 8 »