• 2019/07/01
  • 執筆者: Yamaoka (8:38 am)

≪連載(138回目)≫アッシュブレインの資産運用ストラテジー 今週の相場展望(7月1日〜7月5日)&MY注目銘柄

■プロフィール 投資歴18年、出版社勤務の兼業投資家。投資に必要なのは、1に「メンタル」、2に「需給」、3に「ファンダ」だと考えており、勝ってもおごることなくたえず反省を繰り返し、安定して資産を増やす投資を心がけている。

≪先週の相場振り返りと今週の見通し≫
 先週金曜日の日経平均株価の終値は、21,276円と前稿比で+17円(前々稿+142円→ +232→ +284)となる4週連続の上昇で引けた。その後、G20でのトランプ大統領の言動を予見するかのように、日経平均CFD先物は21,394円と上昇していた。
 そのG20。世界が固唾を呑んで見届けた米国と中国との首脳会談は、約1時間の短いものであったが、対中関税第4弾(約3000億ドル)の見送りと、こちらはサプライズとなるファーウェイへの禁輸措置の解除(火曜に正式決定?)が飛び出し、今後の通商協議の再開にも合意した。
 さっそく今週のストラテジーへと移りたい。ファーウェイの禁輸措置解除(米国の安全保障に絡まない)は、間違いなくサプライズとなったため、週明けの日本市場はハイテク中心に値を飛ばす可能性が高いだろう。ただその後、どうなるかは市場が決める。
 現在の日本株は陰の極といってもよい惨状。報道によると海外勢の日本株保有残高は、29.1%と前年比−1.2ポイントとなり、アベノミクス相場の2014年度31.7%などは遠く及ばず、アベノミクス相場以前となる民主党政権末期の2012年度以来の低水準だという。加えて裁定買い残は過去最低水準。
 リーマンショック時の2000億円が間近に迫っている状況だ。加えて週明けは、G20前の保険売りと思われる売買もしっかり入っているため買い戻しの動きも見られよう。プットコールレシオ(※テクニカルの項で後述)などをご覧いただきたい。

閲覧数 (43006)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (130)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 12月  »  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
(1) 2 3 4 ... 8 »