• 2019/09/14
  • 執筆者: Yamaoka (1:37 am)

<新連載>女占い師『愛川令章のForcast AI』(第6回)「小泉進次郎環境大臣」(上)

筆者・あいかわ れいしょう。NPO法人日本テクニカルアナリスト協会会員CMTA。0学占星術師範。元銀行員、国際市場部でドル円での運用担当を経験、その後大手生命保険会社でライフコンサルタントを経て経済分析家として独立。
「夕刊フジ」上場企業社長占い45社、「夕刊フジ」年末年始号連続3年間など執筆多数。
0学とはーー国の認可を受け特許を取得。02年度の国際文化栄誉賞・社会文化功労賞受賞。0学は1940年開祖・御謝山宇彦により「形而上学」及び「形而下学」を統合する学問として樹立された「運命分析学」のことを言う。

 今回は小泉進次郎衆議院議員(神奈川11区。当選4回)を取り上げた。
 9月11日発足の第4次安倍再改造内閣で田中角栄以来男性最年少(38歳)、しかも無派閥ながら環境大臣兼内閣府特命担当大(原子力防災担当)として初入閣。その約1カ月前には、フリーアナウンサーの滝川クリステル(41歳)と結婚発表。
 そこでこの(上)ではいつも通りの[姓名判断]と[0学占星術診断]を。(下)では、滝川クリステルと結婚することでどのように運気は変わるのか鑑定してもらった。 

[姓名判断]
天格 12 
人格 24 大吉
地格 35 吉
外格 23 大吉
総格 47 大吉
バランス運 吉凶混合型

 名前のほぼ吉に恵まれこの内容は、おそくらく命名する際に鑑定士に依頼されたのではないでしょうか。
 では、一つ一つ分析していきましょう。
 人格24は、自分の人生をもう一度全うできるぐらい財産が残るという運の持ち主。これだけあると、それこそ小泉家だけは年金2000万円不足問題は何の心配をすることもないでしょう。
 地格35は少し心配性な性格を持ち、自信があるけど強気になかなかいけない小心者のところがあるように見受けられます。また時々物事を短略的に見がちなところもありますので、そこを自分としての欠点と認めないと周りからの非難を受けてしまうことがあるでしょう。
 外格23は、政治家として必要な格数でお見事です。つまり、人との関わりを最も必要としている仕事だけに、この格数を持ち合わせながら人を大切にすればするほど効果は最大限に発揮されるはずです。つまり、人からの恩恵をたくさん受ける要素があります。
 総格の47は人生の後半に影響が強く出るところで、大事大業を成就の運。それは進んでも損はせず、退いても益があり、最終的に名を残すような運命を意味します。
 そしてバランス運は上位に引き立てありと出ていますが、あまりにも仕事、仕事と自分を追い込み過ぎるとメンタル面で大きな問題が出る可能性大。できれば、もう少し自分の分析をして自分の特徴を知ることをお勧めします。


[0学占星術診断](生年月日は1981年4月14日の38歳)
水王星 氷王星 鷲座 再開期生まれ

この生年月日の特徴は、金運に非常に恵まれるという強みがあります。しかしながら、家庭運がないことも特徴。
 では、政治家としての運命はどうか。小泉家のルーツから見ても、巡り巡っての使命として来ているようです。そして、いつでもどこでも関わることに金運との関係が出て来る状況です。
 また、水王星はコミュニケーション能力が高く、分け隔てなく人と関わることが特徴で、心身的な苦労をして乗り切って根気強さを身につければたくさんの人を助けるという偉業を達成できる人生の最終章が待っています。
 それは、これからの時代運がひじょうに必要としている課題でもあります(*時代運は、1区画が12年、それが12回で144年で1クールの周期。その1区画の時代運を干支で表す。今年からは申に当たり、例を示すと家族を大切にしていく意識が強くなる時代)。どんな形でもパートナーを作ることは大切。離婚を繰り返ししてもパートナーさえいれば生き残れます。
 小泉氏の性格的な特徴は完璧主義者。また人に対してはとても厳しく、テレビの画面上では少し優しさが滲み出ているのは水王星の鷲座だから。しかし内心は常に気を張っていないと気が済まない性格なので、仕事の話になると戦闘モードになってしまうのです。また、そのような場面しか行動していないため、場数を踏んでいない場面ではものすごく小心者になり、1人だけ浮いてしまうような恥ずかしい失敗を年に何回起こしてしまう特徴もある方です。
 例えば、女性ばかりの会合では、その場の内容によってはどんな服装で行ったらいいのかと悩んで着て行ったた服が『あれ?』ということが起きたり。子どもだけ相手の講演では、表情を柔らかく話す内容をより分かりやすくしなくてはいけないのに、話しているうちに子どもの表情は固く、さらに打ち解けない状況になるなど。
 鷲座生まれは成熟したものを好む特徴があるため、自分がこだわっているものに対しては自分より年上の方を好む特徴があります。
閲覧数 (13366)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (128)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 9月  »  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
(1) 2 3 4 ... 8 »