• 2019/11/24
  • 執筆者: Yamaoka (6:06 pm)

青山メインランド社長恐喝事件ーー川又被告は無罪主張

 本紙記事が悪用され、本紙・山岡もあわよくば「国策捜査」で逮捕を狙っていたと思われることから、この間、徹底追及している「青山メインランド」西原良三社長に対する恐喝事件ーー。
 この件では、小林英雄、堀川嘉照川又誠矢(起訴済み。ただし川又被告は遅れて逮捕され、公判は別)各被告と、山田浩貴、松浦正親親両被告(起訴済み)の2つの恐喝事件が起きているが、その川又被告(横写真)の初公判が11月22日(金)午前11時から東京地裁であった。
 その詳細は追って報じるが、公判開始早々、川又被告は持参した文書を読み上げ、無罪主張をしたのでその内容だけ伝えておく。
 本紙既報のように、小林・堀川両被告は被告人質問において、暗に川又被告の指示でやったかのような供述をし、犯行も認めており、それと真っ向から対立するような主張となっている。

 私は無罪を主張します。
 小林および堀川と共謀したと言われていますが、共謀の事実はありません。両名が西原さんから500万円を詐取した事はまったく知らず、その事実を知ったのは令和元年7月に両名が逮捕されたというニュースを見た時です。この時初めて知ったのです。また、2000万円の支払いを約束させていたということについても知らず、これを知ったのは、私が逮捕された9月11日に警察官から聞かされた時です。この時初めて知りました。
 私は公訴事実に書いてある平成30年10月30日から11月1日までの間、西原さんに会ったことは一度もなく、犯行現場とされる中華料理屋に同席したことはありません。このように、小林と堀川が西原さんから500万円を詐取するなどしたことをまったく知らなかったのでありまして、当然のことながら、お金の分配を受けたことはなく、分配について両名と話したこともありません。
 なお、公訴事実の冒頭の記載が、「被告人は裁判記録の一部をインターネットのニュースサイトに提供するとともに同サイト上の記事の内容等を記載したツイッターアカウントを作出(?)するなどしていたところ」から始まり、この後に続けて、「小林および堀川と共謀の上」となっていて、まるで私が裁判記録の一部を流し、ツイッターアカウントを作出した張本人であり、そのような動作をした上で、小林堀川と共謀したとの主張のように読めますが、それは明らかに事実に反します。
 インターネットのニュースサイトに裁判情報を提供したのは小林と堀川で、ツイッターアカウントを作出したのは堀川です。
 その事実は取調べの際に警察官も了解しておられたことです。そのことを充分にご存知のはずの検察官が私が全て画策した上で小林や堀川を犯行に誘ったかのように記載するのは、検察官に迎合しなかった私に対する悪意に満ちた表現というほかなく、憤りを感じております。
 公正なお裁きを心から申し上げます。
閲覧数 (32618)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (130)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 12月  »  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
(1) 2 3 4 ... 8 »