• 2020/02/07
  • 執筆者: Yamaoka (2:52 am)

「桜問題」で浮き足立つ安倍首相ーー山口4区かられいわ・山本太郎代表出馬へ

 2月4日、安倍晋三首相は2月8(土)、9(日)日と予定していた地元の山口県への帰郷を中止した。
 その直前の昨2月6日午後6時からは、「れいわ新選組」の山本太郎代表が、安倍首相の地元・山口県下関市の市民会館で講演会を開催。400名収用の中ホールは満員で入り切らず、急遽、隣のホールも借りて会場に入れなかった参加者にはモニターで見てもらうことに。そして講演後は、山本氏のツーショット写真撮影サービスに、会場が閉まる10時まで参加者が列をなす大盛況ぶりだった。
「2月1日には同じ市民会館中ホールで郷原信郎弁護士、寺脇研元文科省キャリアが、「桜を見る会」問題を国会で先頭に立って追及する黒岩宇洋衆議院議員(立憲民主)などをゲストに迎えて桜問題、それに下関版モリカケ問題=下関市立大学私物化問題のシンポジウムを開催。
 実は安倍首相は昨年、密かに12月解散、今年1月に衆議院選挙を考えていたようです。そのため、毎年恒例の1月に帰郷しての墓参りを兼ねての『新春の集い』を2月に延期。ところが、桜問題が新たに火を噴いたものだから解散は中止。すると、今度は新型コロナウイルスが発生し、その感染拡大への対応で結局、帰郷ができない事態に。思惑が裏目、裏目に出ている格好で浮き足立っている。そして、そんななかついに山本太郎がこの講演会での参加者の質問に答え“爆弾発言”をやったんです!」
 こう興奮気味に語るのは、この講演会に参加した野党関係者。

閲覧数 (34798)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (133)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2020 2月  »  »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
(1) 2 3 4 ... 8 »