お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2007/06/18
  • 執筆者: Yamaoka (2:22 pm)

コムスン指定打ち切りに加え、グッドウィル・グループ本体でも大ダメージになり得る「データ装備費」天引き疑惑(続報)

 本紙既報のこの「データ装備費」(一人1日200円)疑惑、本当に大ダメージになり得る状況になりつつある。
 というのは、訪問介護最大手だった「コムスン」の厚生労働省からの例の“退場勧告”を受けて後、初めて6月8日、公の場で会見した親会社「グッドウィル・グループ」の折口雅博会長は、これまで通り、「データ装備費」はあくまで各労働者からは任意で徴収したとしながらも、「納得していない人には返還する」と表明したからだ。
(写真=「毎日新聞」6月9日。8日の会見に関する記事)

閲覧数 (27461)
  • 2007/06/13
  • 執筆者: Yamaoka (11:40 pm)

グッドウィル・折口雅博会長の宣伝をしていた安倍首相(2人を繋いだのはあの慧光塾人脈)

 安倍首相といえば、怪しげな宗教まがいやカルト団体等で広告塔役を務めるなど、いくら誰でも一人1票とはいえ、軽率な行動例は数多い。
 そして、ご存知、不正受給問題で世の批判を浴びているコムスンの親会社「グッドウィル・グループ」の折口雅博会長とも対談し、同社並びに折口会長の宣伝にも一役買っていた。
 その雑誌はコムスンの機関誌『コムスン通信』の10号。2003年春の発行で、この時、安倍首相は内閣官房副長官だった。
 記事中には、安倍首相と折口氏の2ショット写真も掲載され(写真)、コムスンのHPでも閲覧できた。
 だが、この6月12日午前当たりに写真はもちろん、記事自体も同HPから削除されている。

閲覧数 (27308)
  • 2007/06/12
  • 執筆者: Yamaoka (6:47 pm)

児童福祉法違反等逮捕者と共同で芸能プロダクションをやっていたグッドウィル・折口雅博会長

 本紙は昨日、グッドウィル・グループの折口雅博会長も関わりある芸能プロダクション役員が、女子高生にみだらな行為をさせるなどして児童福祉法違反(同法教唆罪も)で逮捕、有罪判決を受けていた事実を上げた
 では、具体的にそのU氏と折口氏はいかなる関係にあったのか。
 結論からいえば、2人は前述の事件当時、ある芸能プロダクション(写真=当時の入居ビル)の共同代表を務めるほどの仲だったのだ。しかも折口氏の奥さんも役員に就いていた。
 事件のあった97年当時、すでにグッドウィル・グループの前身である「グッドウィル」は設立されており(95年2月)、折口氏は非常勤取締役の地位にあった。そしてグッドウィル設立者も、この芸能プロダクションの役員にやはり仲良く就任していたのだ。

閲覧数 (27527)
  • 2007/06/11
  • 執筆者: Yamaoka (10:19 pm)

週刊誌が取材を始めたグッドウィル・折口雅博会長の過去の女性犯罪疑惑

 本紙でも既報のように、「グッドウィル・グループ」の折口雅博会長(46。写真=「毎日新聞」6月9日。8日の本社での会見時のもの)は、訪問介護大手の子会社「コムスン」の虚偽申請の件でかつてない窮地にある。
 虚偽申請内容の悪質さに加え、この間の社会保険庁の大不詳などで溜まった国民の不満のガス抜き、スケープ・ゴートにしようということか、ともかく当局が折口会長を逮捕すべく、“国策捜査”に乗り出しているからだ。
 そんななか、各週刊誌は折口会長の過去の女性問題等を記事にすべく取材に動いている。
 実際、どこまで記事にするかどうかはともかく、以前から、折口会長とその周辺者に関し、その手の疑惑が囁かれていたのは紛れもない事実なのだ。
 その証拠に、以前、以下のように、某情報誌が記事にしたこともある。
 そして、このような噂が出る背景には、少なくとも関係者が実際、その手の容疑で逮捕されている事実があるからだろう。
 折口会長の日商岩井時代の先輩に「U」(54)がいる。

閲覧数 (28103)
  • 2007/06/03
  • 執筆者: Yamaoka (6:41 pm)

<記事紹介>「『悪魔のビジネス』人材派遣業」(『文藝春秋』07年6月号。奥野修司)

 タイトルに「悪魔」のようなことをやっている企業名は書かれていない。そのため、同誌の定期購読者でもなければ見過し易いが、ここで取り上げられているその中心企業とは、本紙でも何度も報じている東証1部「グッドウィル・グループ」(本社・東京都港区。折口雅博会長)なのだ。
 派遣業のなかでも、もっとも利益率が高く(社会保険費負担がない)、また使い捨てそのものの「スポット(日雇いの単純労働)派遣」の最大手が同社だからだろう。
 だが、それだけではない。
(以下に、本紙・山岡執筆の総合情報誌『ベルダ』のコムスン関連記事を転載。07年6月号)

閲覧数 (27679)
  • 2007/05/06
  • 執筆者: Yamaoka (7:26 pm)

グッドウィル、クリスタル買収の裏側

 5月1日に本紙掲載の「グッドウィルのクリスタル買収の裏に、ライブドア裏人脈?」 の続報。
 東証1部、軽作業派遣と介護が2本柱の「グッドウィル・グループ」(折口雅博会長。写真)がクリスタル(5月1日より「グッドウィル・プレミア」に社名変更)を買収できた背景として、前出記事では、買収に使ったファンドの代表を務める公認会計士、それにクリスタルの林純一オーナーの信任厚かったコンサルタント会社代表C氏の存在を挙げたが、さらにもう一人のキーマンを紹介しておきたい。

閲覧数 (27081)
  • 2007/05/01
  • 執筆者: Yamaoka (9:33 pm)

グッドウィルのクリスタル買収の裏に、ライブドア裏人脈?

 昨年11月、東証1部上場で、軽作業派遣と介護が2本柱の「グッドウィル・グループ」(東京都港区。折口雅博会長)が、あの人材派遣会社「クリスタル」(京都市。林純一オーナー)を買収したのは本紙でも既報の通り
 ただし、この買収、人材サービスとコリンシアンという2つのファンドを介してのものだった(冒頭図=グッドウィルのHPより、参照のこと)。
 何らかの意図があり(外からは窺い知れないファンドの匿名性もその一つ)、わざわざそうしたと思われるが、最近、その一端が判明したので以下、報告する。
(写真下=「毎日新聞」4月10日夕刊。最近は、子会社の「コムスン」が介護報酬を不正請求していたことが明らかに)

閲覧数 (27822)
  • 2007/03/01
  • 執筆者: Yamaoka (7:37 pm)

疑惑顕在化の様相を見せるグッドウィル・グループ

 東証1部「グッドウィル・グループ」(本社・東京都港区・折口雅博会長=左写真)といえば、昨年11月の「クリスタル」買収で、いまや総合人材サービスではダントツのトップ企業。
 06年6月期約1860億円(連結)だった売上高は、翌07年6月期には一挙に約5500億円まで拡大する見込だ。
 だが、株価の方はクリスタル買収発表直後こそ、それまでの6万円台から約2倍にまでなったものの、昨年12月半ばから下げに転じて芳しくない。
 その理由の一つは、昨年12月27日の「読売新聞」が、主力子会社の訪問介護最大手「コムスン」が介護報酬の過大請求をしている疑いがあるとして、東京都が同社事業所約50箇所に一斉立ち入り検査したという記事。
 グッドウィル側は同日、HP上で「定期的な実施指導で記事は事実無根」として、名誉毀損で訴えることも匂わせていた。だが、現在までそうした動きはない。
 そして、ある関係者はそれは当然という。
(右写真=今年から「グッドウィルドーム」名に変わった「西武ドーム」)

閲覧数 (25948)
  • 2006/11/18
  • 執筆者: Yamaoka (9:10 pm)

「グッドウィル」が、あの最大手人材派遣会社「クリスタル」を買収

 冒頭記事のように、東証1部上場で、軽作業派遣と介護が2本柱の「グッドウィル・グループ」(東京都港区。折口雅博会長=写真右)は、あの人材派遣会社「クリスタル」(京都市。林純一オーナー)を17日までに買収したという。 
 クリスタルは地域ごとに分社化しており、また未公開企業、業界団体にも未加盟であることなどから一般に人材派遣業大手を紹介する場合、除外されている。
 だが、その実態はグループ会社も含めれば年商は実に約6000億円。一般に知られる人材派遣業大手の東証1部「テンプスタッフ」(2130億円)、同「パソナ」(約2038億円)、同「フルキャスト」(672億円。いずれも06年度連結)などを大きく引き離している№1グループ。
 しかも、数々の法令違反を犯し、そうした問題点を取り上げるマスコミには高額訴訟を提起する企業としても知られる。
 その「クリスタル」を、これまた疑惑に事欠かない「グッドウィル・グループ」が買収した。
(冒頭記事=「日経」本日朝刊)

閲覧数 (27390)
  • 2006/03/11
  • 執筆者: Yamaoka (2:30 am)

訴訟を乱発するクリスタルグループ

 クリスタルグループと言えば、本紙でも既報の人材派遣業大手
 このグループ企業に関し、近年、ようやくいくつかの大手マスコミが問題提起しているが、クルスタル側はことごとくといっていいほど、記事で信用を傷つけられたとして、それも億を超える高額訴訟を提起している模様だ。
閲覧数 (19706)
  • 2005/12/31
  • 執筆者: Yamaoka (12:00 pm)

<記事紹介>クリスタル『派遣労働の闇』(毎日新聞。12月31日朝刊一面)

 大手マスコミが問題点を報じないのは、企業でいえば、多量の広告を出している一流といわれる大手だけではない。
 本紙が何度か報じた、日本一の派遣会社「クリスタル」を頂点とするグループ会社もそうだ。
 なぜ、報じないのかといえば、トヨタ自動車を始めとする製造業大手の現場は、正社員と比べると著しく労働条件の悪い派遣社員に大きく頼っており、クリスタルを批判することは、イコール、こうした製造大手企業批判となるためだ。
閲覧数 (13603)
  • 2005/09/04
  • 執筆者: Yamaoka (7:20 am)

クリスタルグループの1社、ついに業務停止命令に

●グループ会社に吸収し、営業停止処分逃れ

 去る7月29日、愛知労働局は、人材派遣業界大手・クリスタルグループの1社「シースタイル」(名古屋市)に、一部事業所の労働者派遣事業停止命令(1カ月間)を出した。1カ月間とはいえ、営業を停止させるわけだから、この処分は極めて重く、異例のことである。
 しかし、それは無理もない。
閲覧数 (12592)
« 1 (2)
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (133)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2020 1月  »  »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
(1) 2 3 4 ... 8 »