最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2012/10/18
  • 執筆者: Yamaoka (11:40 pm)

織田無道氏トラブルの寺を引き継いでいたのは、元「病院乗っ取りグループ」のボス

 高さが73Mもある巨大観音像(冒頭左写真)で知られる石川県加賀市の「豊星寺」ーー3年半ほど前、同寺の住職に、かつてタレントとしてTVに出まくっていた織田無道氏(右写真)が就任したものの、従業員との間で給料未払いなどを繰り返し新聞ネタになったことも。
 同寺は観音像の他に三十三間堂などを有する。バブル期、一帯はテーマパーク「ユートピア加賀の郷」として営業。95年、敷地内に400名収容の「観音温泉ホテル」(横写真)が開業したが、バブル崩壊後、経営不振に陥り、休業と再開を繰り返している。
 実はこの寺や隣接する温泉施設の土地、建物は06年2月、競売により大阪市内の会社が取得していた。そして、その代表とはかつて「丸石事件」絡みで逮捕されたこともある、元「病院乗っ取りグループ」のボスだったのだ。

閲覧数 (42385)
  • 2012/06/19
  • 執筆者: Yamaoka (11:50 pm)

「医療機関債」詐欺で、大手マスコミでは報道されなかった医療法人理事長の素性と、事件背景

 6月半ば、「東日本大震災で不足している透析ができる病院の資金集め」などと称し、高齢者を中心に、「医療機関債」を10数億円集めた医療法人社団「真匡会」(東京都新宿区。冒頭写真は入居ビル)の件が大手マスコミで報道された。
 同法人が唯一経営していた透析主体の病院「戸山公園クリニック」が5月末を持って実質、閉院に。
 それと同時に、取材に応じた同法人理事長は、「全国から13億円集め、一部返還したため、9億円あるはずだが、通帳には800万円しかないと聞いている」と他人事のようなコメント。集めた資金の大半が消えていることが明らかになったからだ。
 営業時、「国債や社債のようなもの」「預金のつもりで」などと多くの投資家はいわれていたようだが、そもそも「医療機関債」なるものは有価証券ではなく、したがって、金融商品取引法である程度、保護されている対象にも成り得ず、投資家は丸々大損になることはまず確実だろう。
 悪質極まりない詐欺事件だと思うのだが、大手マスコミ報道ではこの理事長の名は明かされず、また、どうして公的な性質を持つ医療法人で、こんなデタラメな資金集めが罷り通ったのか、その背景についての解説もされていない。
 そこで、以下、その理事長の素性を明かすと共に、本紙なりの背景についての見解を述べておく。

閲覧数 (41666)
  • 2008/02/28
  • 執筆者: Yamaoka (2:46 am)

破たんした介護老人福祉施設「すずしろの郷」に入り込んでいた新田グループ残党

「すずしろの郷」(東京都練馬区)といえば、06年11月、東京都から業務停止命令を受けて破たんした介護老人福祉施設(写真=読売新聞オンライン06年10月29日記事より)。
 介護老人福祉施設という、我々の税金を財源とする介護保険から多額の補助金を得ている施設が業務停止命令を受けたのは全国初ということで、当時、全国紙を始めとする大手マスコミでも大きく取り上げられた。
 同施設を運営していたのは「杏稜会」という医療法人社団だった。
 開業当初から稼働率が低迷。経営が苦しいところに悪徳病院ブローカーが介入。経営権を巡って内紛が起き、理事長が実に50回以上も交代するという異常事態が起きていたことは当時も指摘されていたが、何とその理事長のなかに、病院乗っ取りグループとして有名な「新田グループ」残党の息がかかっていると思われる人物(歯科医師)がいたことを本紙は掴んだ。
 しかも、その歯科医師は、本紙が2006年9月28日に報じた、警視庁もマークしていた新宿区四谷の歯科医院も経営していたのだ(現在は閉鎖)。

閲覧数 (42785)
  • 2006/09/28
  • 執筆者: Yamaoka (6:10 am)

警視庁、東京都新宿区の歯科医院をマーク

関係者の証言で、警視庁捜査員が東京都新宿区内の雑居ビルに入る「Y」歯科医院について捜査していることがわかった。
その歯科医院は医療法人S会が経営しているが、経営不振から、病院乗っ取りで有名なあの新田グループの傘下に最近まで入っていた。その後、転売されているが、現所有者も親族が神奈川県内で外国人女性相手に闇金を営むなどまともではない。
(写真はイメージです)

閲覧数 (38027)
  • 2006/06/14
  • 執筆者: Yamaoka (9:20 am)

逮捕された診療報酬担保高利貸しの背後に新田グループ残党、広域暴力団の影

6月13日、警視庁生活安全課は、東京都武蔵野市で「若葉記念病院」を経営していた医療法人から、出資法の上限金利の2倍近い年利54%の金利を取っていたとして、貸金業「店舗ファイナンス」(東京都渋谷区)の社長などを出資法違反容疑で逮捕したのは既報の通り。
 昨今、出資法違反などありふれた容疑だが、経営が傾いた病院に資金援助し、診療報酬を担保に取り、やがて経営権も乗っ取る病院向け専門の貸金業者が存在し、ここに食い込まれた傘下病院は最後には廃業、結果、多くの患者に悪影響を与え、最悪、人命にも関わるだけに、こうした業者に手をつけた意味は大きいだろう。
 だが、同時に、この業者はいわば末端業者で、連携している者のなかには、本紙でも過去、何度か触れた病院乗っ取り専門の「新田グループ」、その背後には広域暴力団が控えているだけに、そこまでメスを是非とも入れて欲しいものだ。
 実は本紙・山岡は会員制情報誌『ベルダ』に連載中の記事のなか(2006年3月号)で、この新田グループなる病院乗っ取りグループの残党が関与しているA病院を取り上げているが、同病院は今回、逮捕された業者が食い物にしていた「若葉記念病院」(05年10月廃業)の入院患者が送り込まれていたとの情報があり、「店舗ファイナンス」の社長等と連携していた可能性がある。
(写真=「毎日新聞」06年6月13日)

閲覧数 (36304)
  • 2005/12/04
  • 執筆者: Yamaoka (2:00 am)

<記事紹介>連載『狙われるシルバー世代』第14回 病院乗っ取りグループの手口

 本紙・山岡が会員制の月刊総合誌『ベルダ』(発行・ベストブック)で同連載(3頁 )をさせてもらってすでに14回になる。
 今回は、全国の病院を乗っ取っていた最大組織「新田グループ」の新田修士と、その元配下で、やはり乗っ取りグループを率いていたS両被告の手口について紹介した。
 闇勢力に食い荒らされ、上場廃止になった丸石自転車ーー同社が狙われたのも、やはり更なる高齢化社会に向かうなか、医療法人「松嶺会」(千葉県)と共同で参入を目論んだ老人介護事業がその契機となった。丸石自転車には新田グループ、新田被告と親交があった美容整形外科病院を率いる安田浩進被告のグループも触手を伸ばしていた。

閲覧数 (28481)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (112)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2017 3月  »  »
26 27 28 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
(1) 2 3 4 ... 7 »