お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2011/06/02
  • 執筆者: Yamaoka (8:20 pm)

<記事紹介>「後藤忠政氏、福島第一原発30膳内の被災地を支援する!」(『宝島』7月号)

カテゴリ: 右翼・暴力団 : 後藤組
 本紙は5月29日、「あのオウム・村井元幹部刺殺犯の震災援助活動にも当局が注目」なるタイトル記事を報じている
 記事の要旨は、(1)村井秀夫氏を刺殺し、服役していた徐裕行氏が震災援助活動を行っている、(2)その徐氏が副代表を務めるこの団体の背後に、山口組系後藤組組長だった後藤忠政氏がいる模様、(3)当局が注目している、というものだ。
 そうしたところ、実はこの本紙記事より早くに発売になっている月刊『宝島』7月号(5月25日発行。後藤氏の著書『憚りながら』も出版社は同じ宝島社)にこの団体の記事がカラー4Pで載っていることに本日気づいた。そして、後藤氏自らが取材に応じ、この団体は後藤氏が資金を出してできたと明かしていた。
 もっとも、同記事では徐氏のことは述べられていない。

閲覧数 (124315)
  • 2011/05/29
  • 執筆者: Yamaoka (8:50 pm)

あのオウム・村井元幹部刺殺犯の震災援助活動にも当局が注目

カテゴリ: 右翼・暴力団 : 後藤組
  今回の歴史的な大震災については、ヤクザ並びにヤクザ関係者も積極的に支援活動を行っているようだ。
 3月29日に本紙でも報じたように、それはそれで結構なことだと思うのだが、当局はどうしてもその背後に利権獲得があると見て警戒を強めているようだ。
 5月13日に「産経」が最初に報じた記事(「復興利権、群がる暴力団 推定15兆円『がれきは宝の山』怪しい動き」など、その典型例だろう。(冒頭写真=「アサ芸」6月2日号記事)
 4月21日、宮城県石巻市の避難所5カ所に「西日本小売業協会」「西日本有志の会」などと名乗る集団が現れ、現金3万円入りの茶封筒を被災者に配ったというもの。
 同県南三陸町でも同様のことがあり、その配布額は総額3?5千万円にもなるという。
 そして警察当局は、この集団は、山口組のなかでも最有力組織である「弘道会」の関係者と見ているとしている。
 そんなわけで、当局は、やはり熱心に支援活動を行っている、あのオウム真理教の「科学技術省」長官だった村井秀夫氏(享年36歳)の刺殺犯に関しても注目しているようだ。

閲覧数 (85609)
  • 2010/05/29
  • 執筆者: Yamaoka (8:30 am)

<書籍紹介>『憚りながら』(後藤忠政・宝島社)ーー創価学会との関係を暴露

カテゴリ: 右翼・暴力団 : 後藤組
 2008年10月、山口組から「除籍」処分を受けた有力2次団体「後藤組」組長だった後藤忠政(本名)氏が出した本となれば、当然ながら、引退に至る真相が書かれていないか気になるところ。
 当時、6代目執行部に対する批判が起き、多くの組が取り潰され、後藤氏の動向もいろいろ取り立たされていた
 だが、本書で後藤氏は、『週刊新潮』に芸能人を集めて誕生会を開いたことを書かれたこと、月1回の山口組定例会に度々欠席していたことに触れているだけだ。
 一方、後藤組といえば、「伊丹十三襲撃事件」が思い出される。
 92年、映画監督の伊丹氏が後藤組組員に襲撃され、顔面などを刃物で切られ重傷を負った。民事介入暴力を描いた映画『ミンボーの女』(そのポスター=上左写真)に対する報復だった。
 この件につき、後藤氏は組員が勝手にやったことと述べるだけでなく、「ヤクザとしてのプライドを持っている者なら、誰がやってもおかしくないと思っていた」「ヤクザの社会では拍手喝采」とまで言い切っている。
 現在、得度したという者の言葉とはとても思えないが、そんな本書でも見るべきところはある。
 創価学会について1章分割き、かつてやった裏仕事(学会の墓苑造成反対住民を襲撃するなど)について暴露。そして、池田大作名誉会長(上右写真)について、「一番の悪はやっぱり裏で“汚れ仕事”させといて、表では善意に満ち溢れた教祖サマ面している、池田大作」と述べている。

閲覧数 (77448)
  • 2008/10/17
  • 執筆者: Yamaoka (1:20 pm)

後藤組長問題、トップ会談の結果、円満引退のかたちに(2組織が直系に昇格)?

カテゴリ: 右翼・暴力団 : 後藤組
「毎日」報道(写真=17日朝刊)の絶縁の方向とは、まったく逆の情報が入って来た。
 10月14日の山口組幹部会後、6代目山口組の高山清司若頭と、後藤忠政後藤組組長が話し合いの場を持ち、結果、少なくとも表向きは円満なかたちで後藤組長は引退。その後の後藤組の在り方に関しても、以下のような具体的な話で決着したというのだ。
 両極端な内容だが、情報源は信頼できるので、以下、報告しておく。

閲覧数 (74893)
  • 2008/10/17
  • 執筆者: Yamaoka (7:00 am)

後藤組長絶縁? の背景

カテゴリ: 右翼・暴力団 : 後藤組
  わが国最大の広域暴力団「山口組」(本部・兵庫県神戸市)の直系有力団体「後藤組」(静岡県富士宮市)の後藤忠政組長(66。写真)が、山口組から絶縁処分にされた模様と、本日の「毎日」朝刊が報じている。
 本紙にも後藤組長の処分を決める幹部会が開催された10月14日、関連情報が寄せられたが、事が事だけに報じなかった。翌15日から「産経」や共同通信が「除籍」と報じたが、今回の報道はそれを上回る重い処分の「絶縁」という。
 いずれにしろ、これが事実とすれば、「後藤組」は解散になり、所属していた組員は山口組系の別団体にバラバラに吸収されることになるだろう。
 それにしても、なぜ、こうした処分が下ったのか。前出・毎日は会合欠席を繰り返し、しかも除籍処分に難色を示したためと報じているが、関係者の間では別の見方がされている。
(写真は『山口組直系若中113人衆』竹書房より転載)

閲覧数 (63786)
  • 2008/06/02
  • 執筆者: Yamaoka (10:53 pm)

朝日新聞が報じた後藤組長肝移植手術の裏事情

カテゴリ: 右翼・暴力団 : 後藤組
 広域暴力団「山口組」の有力2次団体・後藤組(本部・静岡県)の後藤忠政組長(65)が01年5月、米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)付属病院で肝臓移植手術を受けた裏事情につき、5月31日の「朝日新聞」が社会面で報じ、関係者の間でちょっとした話題になっている。
 というのは、この記事、米紙「ロサンゼルス・タイムズ」(5月30日電子版=冒頭写真)を引用したものなのだが、当時、後藤氏は広域暴力団のボスということで米国入国を禁じられており、それにも拘わらず入国できたのは米連邦捜査局(FBI)が米国に進出しているわが国の暴力団に関して情報提供することと引き換えにビザ発注を手助けしたという内容だからだ。
 つまり、有り体に言えば、「同業者の情報を売った」とも取れるからだ。
 しかも、なぜ7年も前の移植に関していまなのか?
 実はこの信ぴょう性、どうも怪しいのだ。

閲覧数 (56084)
  • 2007/11/08
  • 執筆者: Yamaoka (11:40 pm)

背後に広域暴力団武闘派組織ーー当局も注目する都内ビル乗っ取り事件

カテゴリ: 右翼・暴力団 : 後藤組
 今年9月、東京地裁に都内のあるビルの所有権移転を元に戻せとの民事訴訟が提起された。
 それだけ聞けば、よくある民事の争いと思われて当然だが、以下のような人物が登場するとなると関心が向く。
 まず、被告の不動産会社Fだが、同社は指定暴力団山口組系有力組織の企業舎弟と一体の関係にある。
 それから、このF社が乗り込む前、S氏なる人物が登場。1億2000万円の根抵当権を同ビルに設定しているが、このS氏は7年ほど前に世を騒がせた偽たばこ事件で逮捕・服役していた御仁。
 不良中国人とわが国の暴力団関係者などが結託し、中国の密造工場から「セブンスター」、「マイルドセブン」など約5万3000個を密輸入し、わが国で裁こうとしたもので、戦後の混乱期以来の大規模な偽たばこ事件ということで話題を呼んだ。
 さらに、このビル乗っ取り事件に関与していた職業不詳のK氏は今年9月下旬、射殺されるという事件も起きている。犯人は別の暴力団関係者Aで、「金銭関係のもつれ」と自供している。
(写真上2点は北朝鮮産の偽たばこ。下は問題の都内ビル)

閲覧数 (54821)
  • 2007/04/09
  • 執筆者: Yamaoka (10:56 pm)

「菱和ライフクリエイト」西岡進前社長の近況(目黒区内で地上げに協力)

カテゴリ: 右翼・暴力団 : 後藤組
 東証2部上場の不動産会社「菱和ライフクリエイト」(東京都渋谷区)の西岡進前社長(52)、東京・新宿駅前ビルの虚偽登記で、広域暴力団山口組系後藤組の後藤忠政組長(公判中)等と共に逮捕されたものの、一審判決は無罪となり、この2月27日には無罪が確定したのはご存じの通り。
 とはいえ、昨年11月には4億円の損害を与えたとして、菱和ライフから特別背任容疑で警視庁に告訴されている。また、現在、検討されているTOB後、菱和ライフは上場廃止になる見込みで、やはり彼の社会的責任は大きいといわざるを得ないようだ。
 そんな西岡社長の近況が、彼のファミリー企業「日本ライフクリエイト」(奥さんが代表。西岡氏も役員)絡みでキャッチできたのでお伝えしておこう。
 現在、東京都目黒区内の約300坪弱の土地が売りに出ている(写真。まだ建物は建ったまま)。目黒通りに面した一等地(角地)ということで、20億円はする物件だ。

閲覧数 (51001)
  • 2007/01/11
  • 執筆者: Yamaoka (4:00 pm)

「絵画詐欺」報道で、暴力団幹部が警視庁、大手マスコミに抗議

カテゴリ: 右翼・暴力団 : 後藤組
 警視庁組織犯罪対策4課は1月10日、「絵画詐欺」をしたとして、山口組系後藤組幹部等7名を組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)容疑で逮捕した(写真=『日経新聞』10日夕刊)。
 被害総額約4億円の内、約1億3000万円が組側に流れている疑いがあるという。
 この警視庁記者クラブ発表を受け、大手マスコミは昨日夕刊やニュース番組で報道したが、これに対し、後藤組系3次団体幹部が警視庁や大手マスコミに異例ともいえる抗議を行っていることが関係者の話でわかった。

閲覧数 (45338)
  • 2006/11/24
  • 執筆者: Yamaoka (11:00 pm)

疑惑の「メモ」も出回るーー「菱和ライフクリエイト」の現状

カテゴリ: 右翼・暴力団 : 後藤組
 広域暴力団・山口組系後藤組と東証2部上場の不動産会社トップ・西岡進被告(写真右=顔写真入り著書。建築家・氏絶賛)が共謀していたとして事件化してからすでに半年以上ーーしかし、組長・後藤忠政被告も、西岡進「菱和ライフクリエイト」前社長も容疑を否認しており、事件は長期化の様相を見せている。
 こうしたなか、しかし、警視庁組対4課等は捜査の手を緩めることなく、去る10月某日には菱和ライフ本社、それに同じ渋谷インフォスタワー(写真左)に入居するT社を強制捜索した。(「メモ」は以下に掲載)

閲覧数 (45885)
  • 2006/05/15
  • 執筆者: Yamaoka (11:00 am)

先行して別件逮捕組員、本紙の既報道通り、後藤組組長と同容疑で再逮捕

カテゴリ: 右翼・暴力団 : 後藤組
 警視庁は本日午後6時少し前、山口組系後藤組の横山孝司容疑者を再逮捕した。容疑は後藤忠政組長同様、問題の東京都渋谷区代々木のビル取得に関する電磁的公正証書原本不記録・同併用。 そもそもの逮捕は別件の詐欺罪だったことといい、本紙がいち早く報じた事実関係、さらに後藤組長等逮捕に先駆けてのものだったとの本紙の見立てが正確であったことを裏づける結果になった。
 本紙既報のように、横山容疑者は問題のビルに深く関わる「赤富士」という後藤組系フロント企業の代表に、後藤正人容疑者(後藤組長息子)の後を引き継ぐかたちで就任していたことがある。
(写真は後藤忠政組長)
閲覧数 (33571)
  • 2006/05/09
  • 執筆者: Yamaoka (8:50 pm)

後藤組組長等に先駆け、青山通り刺殺事件で逮捕されていた後藤組幹部

カテゴリ: 右翼・暴力団 : 後藤組
 本紙は後藤組組長・後藤忠政容疑者(63歳)等の逮捕に先立つ4月25日、「青山通り刺殺事件で、警視庁が関係者を逮捕の情報」なるタイトル記事を報じている。

閲覧数 (31986)
  • 2006/03/06
  • 執筆者: Yamaoka (2:10 pm)

男性刺殺事件で、改めて注目される代々木の問題ビル

カテゴリ: 右翼・暴力団 : 後藤組
  3月5日午後9時50分ごろ、東京都港区の青山通りを歩いていた元ビル管理会社役員(58)が、2人組の男に刃物でメッタ刺しされ殺されたことは、本日の全国紙社会面でも大きな扱いだったから、目に止められた方は多いことだろう。
 何しろ、まだ人通りも多い都心の繁華街での凶行、それも被害者は対立する暴力団組員ではなく、一般人なのだから無理もない。
 本日の夜のニュースでは、この被害者は昨年夏ごろ、暴力団に脅されているとして警視庁に相談していたとの追加情報が流れていた。

閲覧数 (27705)
« 1 (2)
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (130)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 11月  »  »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
(1) 2 3 4 ... 8 »