最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2010/03/25
  • 執筆者: Yamaoka (11:00 am)

あのパシコン元社長の息子・荒木謙に詐欺容疑で懲役4年6月の実刑判決

 本日午前10時、東京地裁で、あの世界的な建設コンサルタント企業=パシコン元社長・荒木民生被告(別件で逮捕、公判中)の息子・荒木謙被告(=横写真。43)に対する詐欺事件の一審判決があり、田村政喜裁判長は懲役4年6月に処するとした。
 本紙でも既報のように、この事件は、荒木被告と不動産開発会社「羽田臨海都市開発」会長・鹿又栄八被告(69)らが共謀し、何ら関係ない神奈川県川崎市内のいすず自動車の川崎工業跡地(約18万5000?)を鹿又被告の会社が近く買収し、その際、解体工事を任せると信じ込ませ、大阪市内の被害者会社T社から2億1000万円を騙し取ったとされる事件。
 その2億1000万円は、荒木被告が代表を務める「ニュー・グローバル・テクノロジー(NGT)」とのコンサルティング契約名目で受け取っていた。だが、同土地はその後、ヨドバシカメラに売却され、当然ながら、荒木被告らがその解体工事に関与するはずもなく、その2億1000万円は無駄カネとなった。

閲覧数 (34064)
  • 2009/01/30
  • 執筆者: Yamaoka (5:20 pm)

パシコン元社長の息子・荒木謙の詐欺人生(1)

 昨日、警視庁捜査2課により、詐欺罪で荒木謙(42。横写真)が逮捕されたことを報じた。他に逮捕されたのは鹿又栄八と松田邦雄。
 3人は共謀し、「いすず自動車川崎工場」(神奈川県川崎市)について、約41億円で受注できると架空の商談話を持ちかけ、大阪の解体業者T社からコンサルタント料名目で2億1000万円を騙し取ったというものだ。
 荒木謙容疑者は、世界的建設コンサルタント会社パシコンの元社長で、昨年、特別背任罪で逮捕・起訴された荒木民生被告(横写真)の長男だが、荒木親子のこの9カ月余りの間での立て続けの逮捕は偶然ではないようだ。
 元はと言えば、荒木謙容疑者が会社を潰し、多額の借金を作り、その返済のために父・民生被告が会社のカネに手を出し転落。この捜査の過程で、息子の謙容疑者も当局に目を付けられ、同じくカネに窮して詐欺師と手を組んだところを逮捕されたという構図だろう。
 2人の逮捕容疑の根っこの部分は同じで、しかも今回の詐欺の舞台に父・民生被告も連なっていた。
 警察発表では、04年2月に入金され、騙し取った2億1000万円の内、謙容疑者は約5600万円を得たとされる、だが、関係者によれば、半分は謙容疑者が代表を務めていた「ニュー・グローバル・テクノロジー(NGT)」(東京都品川区=当時の住所)なる会社に入金されたという。
 上に掲げたのは、一緒に逮捕された松田容疑者の名刺。詐欺を働くにおいて、松田容疑者はこの会社の部長にもなっていた。 

閲覧数 (35424)
  • 2009/01/30
  • 執筆者: Yamaoka (6:40 am)

<速報>パシコン元社長の息子・荒木謙が詐欺容疑で逮捕

インターネットの産経ニュースによれば、「解体工事を発注するように装って現金2億1000万円をだまし取ったとして警視庁捜査2課は詐欺の疑いで、(中略)不動産コンサルタント会社元社長、荒木謙容疑者(42)ら3人を逮捕した」(2009年1月30日13:13付)とのことだ。
 荒木謙容疑者(冒頭写真)といえば、別件で昨年4月に逮捕、そして起訴された大手建設コンサルタント会社「パシフィックコンサルタンツグループ」(通称・パシコン)元社長・荒木民生被告の息子。パシコンならびに荒木被告による、本紙・山岡に対する数々の告訴(すべて山岡側勝訴)は、本紙読者ならよくご存知の通りだろう。親子揃って、次々と逮捕というのはめずらしいケースだろう。
 別件ながら、しかし、両事件は実は根っこのところでは繋がっていた。
 その詳細は、追って報告するつもりだ。
閲覧数 (34768)
  • 2008/04/23
  • 執筆者: Yamaoka (9:50 am)

パシコン・荒木民生、ついに本日逮捕へ

 本紙がいち早くその疑惑を追及、それに対し、上告までし、未だ“恫喝訴訟”を続けている世界的な建設コンサルタント企業グループの持ち株会社「パシフィックコンサルタンツグループ」(本社・東京都多摩市)の元社長・荒木民生等3名が、ついに本日、東京地検特捜部に逮捕されるようだ。

閲覧数 (34778)
  • 2007/11/04
  • 執筆者: Yamaoka (11:50 pm)

PCI特別背任事件で発足した社外調査委の顔ぶれ

 中国の遺棄化学兵器の処理事業に絡み、大手建設コンサルタント会社「PCI」の荒木民生元社長等の特別背任疑惑が出ている件で、持ち株会社「パシフィックコンサルタンツグループ」(PCIG)は10月30日、不正な会計処理の有無などを調べる社外調査委員会を設置した。
 広島高裁長官を最後に引退した松本時夫弁護士(写真)を委員長に、後2人の弁護士、それに会計士1人から構成される。今後、PCI元幹部等をヒアリングして調査結果をまとめ、公表するという。

閲覧数 (32653)
  • 2005/10/08
  • 執筆者: Yamaoka (4:00 pm)

ファミリー企業倒産でも、刑事告発されていたパシコン・荒木親子?

  本紙はこの第1回目記事で、「タイツーコーポレーション」(以下、タイツー社略)なる法人でもない任意団体が約1億7000万円集め、荒木ファミリー企業「パシフィック・テレコム」(PTC)の倒産と共に、その債権の大半が返済不能になったため、荒木親子等が刑事告発までされていた事実を報じた(告発状の表紙コピー付)。
 もっとも、このタイツー社が資金を集めた名目、「日・台湾間の格安国際電話サービスのための機器購入費」に本当に使われていたのなら告発などされなかった。
 冒頭に掲げたタイツー社と投資者との「金銭消費賃借契約書」をよく見ていただきたい。
 まず、当時のPTCと共にタイツー社の代表も務めていたのは、この契約書の右下に書かれ、捺印されているようにパシコン・荒木民生代表の長男・謙氏だった。
 そして、タイツー社の住所はPTCの当時の事務所内だった。
 一方、台湾との格安国際電話サービスというが、当時の台湾はわが国の電電公社時代同様で、国家免許取得が前提条件だったはずだ。だが、取得したとの話を聞かない。
 それに、賃借契約書には、借りたお金は台湾との通信機器購入資金としてのみ使用し、「他への流用は行わない」条件となっていた。ところが、実際には台湾との通信には使用されず、その後、ファリピンとの通信用に流用。

閲覧数 (20545)
  • 2005/10/02
  • 執筆者: Yamaoka (4:10 pm)

ファミリー企業倒産でも、刑事告発されていたパシコン・荒木親子

 本紙は05年5月29日号で、パシコンの荒木民生代表のファミリー企業「パシフィック・テレコム」(PTC)は倒産直前、不可解な増資を何度も行い、計約9億円も集めていた事実を報じている。破産管財人も「商法違反の可能性」と報告書に記しているほどだが、しかし、倒産した以上、もはや騒いでも無駄と諦めたのか、株主が刑事告訴したという話は聞かない。
 だが、最近になり、この増資とは別件で、刑事告発(告訴でないのは、投資後、死去した人物の相続人が訴えたため)されていたことが判明した(冒頭写真はその告発状コピー)。容疑は詐欺並びに出資法違反。告発されたのは荒木代表(当時、PTCの監査役)、荒木代表の次男・明夫氏(同取締役)、もちろん、PTCの代表だった長男・謙氏も入っている。
 そして、謙氏が訴えられたのはPTC代表としてだけではない。「タイツーコーポレーション」(以下、タイツー社略)なる団体の代表としてでもあった。
 このタイツー社は98年3?5月にかけ、年利10%という高利回りを謳って49名から総額1億7500万円を集めた。PTCは安価な国際電話サービスを行っていたが、それを日本・台湾間でも行うとし、そのための設備投資資金を募ったものだった。

閲覧数 (21025)
  • 2005/09/08
  • 執筆者: Yamaoka (4:30 pm)

パシコン本社横の疑惑の土地絡みで、さらに3000万円得ていた荒木ファミリー企業

 パシフィック・ジャパン・ネットワーク(PJN)??かつてパシコンの荒木民生代表の長男・謙氏が代表取締役、謙氏の妻が監査役に就いていた荒木ファミリー企業。また、荒木民生氏が警視庁に告発されたパシコン本社横の土地開発に絡み、東栄住宅とパシコンの子会社PPM(代表・荒木民生氏)との間で12億5000万円の業務委託契約が結ばれ、内、さらにPPMが実体の無い「ルマン商会」(代表・遠藤修氏)に下請けに出した2億9000万円のちょうど半分、1億4500万円が荒木氏側に還流されたのではないかと見られている疑惑の受け皿会社でもある。
 そのPJNが、さらに問題の土地開発絡みで、3000万円得ていたことが明らかになった。
 上記に掲げたのは、その業務委託契約書である。
 PJNにこの仕事を発注した「ディーエムエル」(DML)とは、問題の土地の所有が「サザン企画」(実際は南建設)から東栄住宅に移る際、東栄住宅と同日付けで所有者として登場した会社。

閲覧数 (19968)
  • 2005/05/29
  • 執筆者: Yamaoka (4:50 pm)

パシコン・荒木民生代表の疑惑(6) 破産管財人も認めるファミリー企業増資詐欺疑惑

●債務超過後、上場を謳って、4度に渡り増資実施の確信犯

 左に、荒木ファミリー企業「パシフィック・テレコム」に関する破産管財人の報告書コピーの1P目を載せた。
 そこで、同社は「平成11年3月31日において既に債務超過の状態であったと考えられる」と、破産管財人が認めているのだ。
 ところが、荒木氏等はその後、立て続けに4度も増資を行い、一般投資家から計9億円近くを集め、同社はほどなく倒産しているのだ。


   (時期)         (増資額)       (人数)
平成11年3月31日  1億8750万円       49名
平成12年3月30日  2億4050万円       7名
平成12年4月29日  2億4050万円       5名
平成12年6月16日  2億4050万円       8名
(平成13年3月  倒産)

 この増資を引き受けた一人は、こう証言する。
「人の紹介で荒木謙(荒木氏の息子で、同社社長)に会いました。彼は“うちのオヤジは世界有数の建設コンサルのトップで、そのオヤジも役員に入っている”というから、私はてっきりパシコンの関連会社だと思っていました。だって、社名の頭が同じ“パシフィック”ではないですか。
 増資後、経営が急に悪化したというなら、投資先を誤ったと諦めもつきます。しかし、すでに当時、債務超過とわかっていて彼らは増資を行ったというじゃないですか。やってもカネは戻らないから、誰も行動には移さなかったですが、本心は私も含め、“これは完全な詐欺じゃないか!”ですよ。しかも、そんなイカサマ会社の代表に、当初、父親の民生が就いていて、しかも最初のみせかけみせかけ増資の資金をパシコンから流用していたんでしょう。なぜ、そんな奴がいまもパシコンのトップにいれるんですか。信じられないデタラメな話ですよ」

閲覧数 (19799)
  • 2005/05/27
  • 執筆者: Yamaoka (5:00 pm)

パシコン・荒木民生代表の疑惑(5) 倒産したファミリー企業の見せかけ増資にパシコン資金流用?

●当時の管理部長が、「陳述書」において暴露

 荒木ファミリー企業「パシフィック・テレコム」(資本金12億8755万円。東京都渋谷区。代表は荒木民生氏の息子・謙氏。従業員約40名)は2001年3月、東京地裁に民事再生法を申請。しかし、認められず、同年6月、破産決定を受けた。
 これを受け、破産手続きに入ったわけだが、その過程で、パシフィック・テレコムの管理部長をやっていた人物が「陳述書」を提出し、そのなかで“爆弾発言”が飛び出していたのだ。
 同社は98年3月31日付けで、1億1000万円の増資(2200株。1株当たり5万円)を行っている。
 この増資を引き受けたのは、対外的には、別の荒木ファミリー企業「タック・インターナショナル」と、“株の神様”とも呼ばれているあの著名な邱永漢氏の息子が社長を務める「ファンバス」。前者は1600株、後者は600株を引き受けている。
 この増資をした意味は大きい。
 同社側は、「世界的な建設コンサルであるパシコン・トップのファミリー企業(=タック・インターナショナル)が多額の増資を引き受けるのは、それだけ上場に自信があるからですよ!」、「邱永漢ファミリー(=ファンバス)まで増資を引き受けているのは、永漢が上場にお墨付きを与えているから!」等といって、その後、立て続けに増資を実施。その額は計8億円以上、引き受けた一般投資家は70人(会社も含む)以上に及んだからだ。

閲覧数 (20837)
  • 2005/01/16
  • 執筆者: Yamaoka (4:20 pm)

パシコン・荒木民生社長の疑惑?

●倒産した「パシフィック・テレコム」の代表まで務めていた荒木社長 

 本紙はすでに04年12月7日、「世界的建設コンサルタント会社トップに特別背任、脱税疑惑浮上。警視庁、国税庁も注目」なるタイトル記事を出し、そのなかで、パシコンの荒木民生社長の長男・謙氏が社長を務めていた「パシフィック・テレコム」(本社・渋谷区)なる国際電話通信会社が2001年3月、約30億円の負債を抱えて倒産したが、父親として、その負債穴埋めのために奔走することが、一連の疑惑に通じていると報じた。
 これだけ聞けば、日本人の感性からすれば、バカ息子に対する親の愛情からのことで、同情の余地もあるようにも思える。
 だが、その後の調査の結果、とてもそんなレベルの話ではないことが判明した。
 まず、倒産した当時、荒木民生氏自身、同社の取締役会長だったのだ。
 しかも、98年4月から99年6月まで、息子の謙氏と共に共同代表に就いていたことも判明した。
 それだけではない。
 同社の筆頭株主は荒木一族の持ち株会社T社だし、民生氏個人でも大量の株を保有していた。
 こうした事実に照らせば、同社社名に「パシフィック」と冠しており、資本関係は一切ないのだが、世界的経営コンサルタント会社「パシフィックコンサルタンツ」(パシコンに略)の「パシフィック」をもじり、いかにも関係会社であるように見せていたことに気づく。
 要するに、父親・民生氏が、息子のためというより、自身の利益追求のため自分の公的信用(パシコン社長)まで利用して設立した会社だったのだ。
閲覧数 (30373)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (112)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2017 1月  »  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
(1) 2 3 4 ... 7 »