最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2008/01/10
  • 執筆者: Yamaoka (4:43 pm)

<山岡ジャーナル>最終回「『神世界』広告塔に現役大リーガー」

 夕刊紙『東スポ』での連載(毎週火曜日)最終回は、再度、霊感商法「神世界」を取り上げた。
 この神世界、緒方重威元公安調査庁長官といった“変わり種”だけでなく、女性タレント、現役大リーガー、大学助教授などが広告塔の役割を果たしていたという内容。
 本紙ではすでに(有料記事部分で)報じているし、また、今週発売の『サンデー毎日』(上右記事)も指摘するように、それはデヴィ夫人(横は証拠写真の一部)とレッドソックスの松坂大輔投手を指すのだが、本連載では編集部の判断で実名を伏せられてしまった。
なお、今回が最終回。

閲覧数 (43265)
  • 2007/12/26
  • 執筆者: Yamaoka (4:51 pm)

<山岡ジャーナル>第13回「『神世界』と全国の警察幹部のただならぬ関係」

 夕刊紙『東スポ』での連載(毎週火曜日)、第13回目は、いま世間を騒がせている「新世界」と警察との関係について報じた。
 12月25日の本紙記事「『週刊朝日』も、本紙既報の『新世界』」と緒方元公安調査庁長官の接点を報道」でも触れたように、かなり具体的な話が出ているのだ。

閲覧数 (45119)
  • 2007/12/19
  • 執筆者: Yamaoka (1:54 am)

<山岡ジャーナル>第12回「中古車販売大手に提訴されたリーマン・ブラザーズ証券の疑惑の巨額融資」

 夕刊紙『東スポ』での連載(毎週火曜日)、第12回目は、東証2部上場「ソリッドグループホールディングス」に提訴された世界的金融機関リーマンブラザーズの件を取り上げた。親会社の借金のかたに48%の株式を握られたのは不当というソリッド社の主張だ。
 本紙では、その後、このソリッド社の48%の株は、TOBに応じたことで、そっくりリーマンから旧商工ファンド(SFCG)率いる大島健伸社長ファミリーー企業に移ったことまで報じているが、重大なことを忘れていた。

閲覧数 (46540)
  • 2007/12/12
  • 執筆者: Yamaoka (8:14 pm)

<山岡ジャーナル>第11回「ウェブマネー詐欺 これが驚きの手口だ」

 夕刊紙『東スポ』での連載(毎週火曜日)、第11回目は、新市場「NEO」の2号銘柄として12月6日に上場する直前、「ウェブマネー」が詐欺被害にあったわけだが、その驚きの手口を披露した。
 本紙ではすでに報告済みだったのだが、この件、同時に驚かされるのは大手マスコミの多くが、株価への悪影響に配慮してか、その手口がコンピュータのド素人でもできる簡単なものだったという事実について明らかにしてなかったこと(現在は改良している)。

閲覧数 (44219)
  • 2007/12/05
  • 執筆者: Yamaoka (11:59 am)

<山岡ジャーナル>第10回「五輪開催狙う石原都知事の『一石三鳥』」