最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2009/11/14
  • 執筆者: Yamaoka (1:00 pm)

“防衛利権フィクサー”秋山直紀被告の公判始まる(12月2日は久間章生元防衛相証人尋問)

カテゴリ: 防衛 : 山田洋行
 本紙でも徹底追及して来た、未だ「(社)日米平和・文化交流協会」専務理事の地位にある秋山直紀被告の公判が、11月2日からスタートした。
 すでに公判日程は決まっており(スケジュール一覧は以下に)、来年1月20日の第8回目で検察側求刑、同2月10日の第9回目で最終弁論となり、判決が出る予定だ。
 その間、この12月2日の第6回公判では、秋山被告と極めて懇意で、贈収賄疑惑も出ていたほどの久間章生元防衛相の証人尋問も決まっている。
 秋山被告が問われているのは巨額の脱税。
 防衛商社だった「山田洋行」、「神戸製鋼所」「日立製作所」に、福岡県苅田港と神奈川県寒川町での遺棄化学兵器処理事業への参入の見返りに、総額3億1432万円を得たが、米国3法人のダミー会社を使ってこれを隠匿し、9953万円を脱税(所得税法違反)した容疑。
(冒頭写真=アーミテージ元国務副長官等と。米・ワシントンにて。右の円形黄色マーカーは秋山被告。同左は久間氏)

閲覧数 (36885)
  • 2008/10/21
  • 執筆者: Yamaoka (3:30 pm)

<お知らせ>講演「『防衛疑惑』を追いかけて」田中みのる

カテゴリ: 防衛 : 山田洋行
 社民党の機関紙「社会新報」記者で、この間の山田洋行の防衛疑惑をもっとも精力的に追いかけていた田中みのる氏が、その総まとめといってもいい講演を、来る11月1日(土)午後6時から、東京都文京区の文京区民センターで行うという。
  連絡先は「市民のひろば」(冒頭写真のビラ参照のこと)。

閲覧数 (34425)
  • 2008/09/07
  • 執筆者: Yamaoka (8:23 pm)

偽証罪の重さーーあの守屋武昌防衛省前事務次官に、検察側は懲役3年6月を求刑

カテゴリ: 防衛 : 山田洋行
 9月5日、防衛商社「山田洋行」側から受けたゴルフ接待などについて収賄罪に問われた汚職事件の論告求刑公判があり、検察側は守屋武昌防衛省前事務次官(63)に対し、懲役3年6月、追徴金1250万円を求刑したのはご存じの通り(冒頭左写真記事=「日経」9月5日夕刊)。
 これを聞いて重いと思われる読者はいないだろうか。
 事務次官の収賄事件といえば、岡光序治元厚生省(当時)事務次官(同右写真)の件が思い出される。
 この事件で、検察側は岡光元次官に対し、同じく懲役3年6月を求刑(追徴金約6300万円)した。
 岡光氏は上告まで争ったが、減刑されることなく、一審判決通り懲役2年の実刑判決が確定し服役となった。事務次官経験者の実刑確定はこの時が始めて。そして、これを思えば守屋被告の実刑もまず確実だろう。
 だが、岡光事件の場合、「要求型汚職」の典型で、贈賄側に具体的な便宜の見返りとして自動車・ゴルフ会員権・自宅マンションの購入資金など約6000万円を受け取っていたことはハッキリしていた。
 これに対し、守屋事件の方ではこれほどあからさまな要求はしていないし、便宜に関してもこれという具体的なものはハッキリ確定してはいない。

閲覧数 (36353)
  • 2008/07/27
  • 執筆者: Yamaoka (5:36 pm)

「あそこは企業舎弟!」と、7億円以上の借金を踏み倒した秋山直紀容疑者

カテゴリ: 防衛 : 山田洋行
  本紙既報通りの脱税容疑で、7月24日、逮捕された(冒頭写真右記事「毎日」7月25日朝刊)秋山直紀容疑者だが、これを契機に、大手マスコミもようやく過去の秋山容疑者のデタラメ行為に関して報道を始めた。
「毎日新聞」も7月26日夕刊(冒頭写真左記事)で、秋山容疑者が過去、民事訴訟で8件も敗訴や和解を繰り返していたことを報じている。
 そのなかで、横浜市内のマンション建設代金不払いを巡る3件の訴訟の件をもっとも大きく取り上げている。
 完全敗訴し、支払い判決が出てもそれに従わず、会社を解散させたり、自己破産までして最後まで支払いをしなかった。今回の容疑以前に、まともに社会で生きていこうとする気がない社会的失格者とさえ言わざるを得ない人格が浮かび上がって来るが、このような者がこれまでわが国の重要な防衛に関して利権絡みで暗躍していたのだ。
 この横浜のマンションの案件だが、本紙はすでにその全貌を今年5月1日、「久間元防衛相らとGWに訪米する破産者・秋山直紀氏の驚くべき債務逃れ行為」というタイトルで報じている。
 東京・渋谷と神奈川県・横浜を結ぶ東急東横線「日吉駅」からほど近い地下2階地上5階建マンションがその舞台(上写真)。

閲覧数 (38116)
  • 2008/07/25
  • 執筆者: Yamaoka (12:12 am)

ついに逮捕された秋山直紀ーー東京地検はどこまで背後の巨悪に迫れるか?

カテゴリ: 防衛 : 山田洋行
 既報のように、本紙で追及し続けていた、防衛利権フィクサー、(社)「日米平和・文化交流協会」専務の秋山直紀容疑者(58。写真)が東京地検特捜部によって本日夜、ついに逮捕された。
 容疑は03?05年にかけ、米国法人「アドバック・インターナショナル・コーポレーション」など3法人名義の米国銀行口座に送金させる手口で、複数の防衛関連企業からのコンサル料2億円超を脱税していた容疑。もっとも、これはあくまで突破口に過ぎず、同容疑で身柄を確保した上で、政治家との関係などを追及するものと見られる。
(下写真=7月2日放映の日テレ系番組「NEWS ZERO]映像より

閲覧数 (38411)
  • 2008/07/14
  • 執筆者: Yamaoka (1:11 am)

朝日VS“防衛利権フィクサー”=秋山直紀氏の名誉毀損訴訟は朝日に軍配(しかも秋山氏個人は途中で原告を降りていた)

カテゴリ: 防衛 : 山田洋行
  6月20日、東京地裁は、秋山直紀氏が専務理事を務める外務省管轄の(社)「日米平和文化交流協会」が朝日新聞社を訴えていた件で、同協会の請求を全面棄却していた。判決文(以下に掲載)を入手したので報告する。
 朝日新聞社は07年11月30日、旧防衛庁発注の福岡県苅田町の苅田港海底で見つかった旧日本軍毒ガス弾処理の仕事の一部を、秋山氏の政治力で持って山田洋行が受注、その見返りに山田洋行側から秋山氏側に1億円を支払ったのではないか、という疑惑について報じた(冒頭写真=5月22日に行われた参院外交防衛委員会における証人喚問で、「(秋山氏から)苅田港の現地対策費として1億円の支出をしてもらえないかといわれ、対策費として出している」と述べた宮崎元伸・山田洋行元専務)。
 これに対し、まったくの事実無根で、これが名誉毀損に当たるとして、当初は協会だけでなく秋山氏個人も訴え、秋山氏はそのことを同協会理事にわざわざ文書まで出し報告していた。ところが、途中で秋山氏個人は原告から降りていた。
(上写真2枚=7月2日の日テレ系番組「NEWS ZERO」映像より。5月22日の証人喚問があった当日、久間氏は「千年の杜」との関係でロシアを訪問しており、その際、秋山氏と思われる人物から国際電話がかかり、「1億円」についての会話があり、それを番組取材班は偶然捉えた。左写真の後姿の人物は久間氏)

閲覧数 (35804)
  • 2008/06/17
  • 執筆者: Yamaoka (4:12 pm)

疑惑の防衛商社「山田洋行」、今月末解散へ

カテゴリ: 防衛 : 山田洋行
「日米平和・文化交流協会」専務理事・秋山直紀氏、久間章生元防衛相、そして西川善文・三井住友銀行元頭取(現「日本郵政」社長)等との間で数々の疑惑が上がり、本紙でも何度も報じて来た、防衛商社「山田洋行」(本社・東京都港区)が、この6月末を持って解散することが、関係者の証言などからわかった。
  防衛省の守屋武昌前事務次官の汚職事件(写真=NHK映像)に絡み、宮崎元伸元専務などが逮捕されるなか、同社の信用も失墜。防衛省の仕事を取るために必要不可欠な海外メーカーの商権を失うなど、事業において大打撃を受けているのは事実。

閲覧数 (34577)
  • 2008/06/03
  • 執筆者: Yamaoka (4:34 pm)

防衛省疑惑キーマン・秋山直紀氏の証人喚問決定

カテゴリ: 防衛 : 山田洋行
 ついに、この間の防衛商社「山田洋行」疑惑の最大のキーマンである秋山直紀(横写真)「日米平和・文化交流協会」専務理事の証人喚問が決まったとの情報が関係者から入って来た。
 5月22日、宮崎元伸山田洋行元専務(転じて、ライバルの防衛商社「日本ミライズ」社長に。守屋武昌前事務次官への贈賄容疑などで公判中)の証人喚問が参院外交防衛委員会で行われ(横写真=「毎日」5月23日)、この席では久間章生元防衛相が山田洋行側に立った発言をして宮崎被告にフレッシャーをかけたこと、秋山氏へ「アドバック・インターナショナル・コーポレーション」を通じて資金提供していた事実などが明らかにされた。
 こうしたなか、秋山氏等の疑惑はさらに深まったとして、野党側は23日以降、国会内で幹事長・書記局長会談を開き、久間氏と秋山氏に対する同委員会での証人喚問を要求していたが、ついにこれに与党側も折れたということだ。

閲覧数 (35392)
  • 2008/05/21
  • 執筆者: Yamaoka (8:22 pm)

爆弾発言飛び出すか? 明日、防衛省汚職で、「山田洋行」元専務、証人喚問

カテゴリ: 防衛 : 山田洋行
 参議院外交防衛委員会は明日午後、防衛省の守屋武昌前事務次官の汚職事件に絡み、防衛商社「山田洋行」専務だった宮崎元伸被告(63。写真。守屋被告に対する贈賄容疑で公判中)に対する証人喚問を行う。
 同委員会は昨年11月15日に予定していたが、宮崎被告が逮捕され、接見禁止が解除されなかったため取り止めていた。
 今回注目されるのは、守屋前次官との関係というより、最近、東京地検特捜部の動きが慌ただしくなっている秋山直紀「日米平和・文化交流協会」常勤理事に関して、さらに久間章生元防衛相との関係だろう
 民主党は秋山氏の証人喚問も要求していたが、認められなかったことからも、この日の喚問で、その関連質問が飛び出すのは必至だろう。

閲覧数 (34712)
  • 2008/03/01
  • 執筆者: Yamaoka (10:09 pm)

<記事紹介>「守屋前次官が名指しした男(防衛省官僚)」(寺澤有。『フラッシュ』3月11日号)

カテゴリ: 防衛 : 山田洋行
 今週発売の写真週刊誌『フラッシュ』に、注目すべき記事が出ている。
 昨年11月、参議院外交防衛委員会で行われた守屋武昌前防衛事務次官に対する証人喚問で、守屋氏が山田洋行から接待を受けた席で、他の防衛省官僚と出くわすことはなかったか旨の質問があった。
 これに対し、守屋氏がただ一人、姓だけとはいえ、実名を挙げた人物がいた。「フクヤマ」だったが、その後、大手マスコミはなぜか、まったくその人物が誰か追及していない。
 ジャーナリストの寺澤有氏はこの人物(元陸将)を特定。しかも、コスプレ写真まで入手、さらにある贈収賄疑惑まで取り上げている。

閲覧数 (35920)
  • 2008/01/26
  • 執筆者: Yamaoka (1:19 am)

防衛省汚職、捜査は政界へーー改めて注目される秋山直紀氏参院参考人質疑のこの部分

カテゴリ: 防衛 : 山田洋行
 守屋武昌前防衛事務次官の捜査が終結。これから東京地検特捜部は政界へどれだけ切り込めるか注目されるが、その上で、山田洋行のみならず防衛関連企業と政界とのパイプ役を務めて来た秋山直紀氏側へのカネの流れが注目される。
 その1つに、福岡県苅田町の毒ガス事業で、山田洋行が神戸製鋼から下請け受注できたことに対する見返りとして、秋山氏側に1億円以上が支払われたとの疑惑が出、注目されている(また、秋山氏が所長を務める安保研が事前の調査業務を約900万円で受注)のは本紙でも既報の通り
 だが、それに先立ち、神奈川県寒川地区の毒ガス処理のための事前調査業務も、同じく安保研が、こちらは約8000万円も受注していた。そして、その事前調査に山田洋行社員と思われる者が同行していたことはほとんど報じられていない。
 一方、秋山氏の東京都目黒区の自宅(横写真)に関しては、米国系企業が担保設定されていた借金を実質、代わって返済してあげた疑惑が出ている。だが、これに関しても実際は山田洋行側からカネが流れているのではないかとの見方も出ており興味深い。だが、同じくほとんど報じられていない。
 だが、先の参考人質疑ではこの2点に関する質問が出ていた。

閲覧数 (38533)
  • 2007/12/25
  • 執筆者: Yamaoka (9:59 pm)

山田洋行疑惑ーー苅田港毒ガス弾処理受注疑惑における、神戸製鋼所の言い分(訂正分)

カテゴリ: 防衛 : 山田洋行
  本紙は12月21日、上記のようなタイトルで、この一連の疑惑に対し、取材に応じた神戸製鋼所側(東京本社秘書広報部部長と課長が対応)の言い分を報じた
 そうしたところ、本日午後6時ごろ連絡があり、一部、意図が正確に伝わっていないようで、読者に誤解を与えかねない箇所があるとのことだった。
 そこで、以下、その部分を訂正する。
(写真=「毎日新聞」12月18日夕刊。記事図中の「大手メーカー」=神戸製鋼所)

閲覧数 (39875)
  • 2007/12/21
  • 執筆者: Yamaoka (5:42 pm)

山田洋行疑惑ーー苅田港毒ガス弾処理受注疑惑における、神戸製鋼所の言い分

カテゴリ: 防衛 : 山田洋行
 山田洋行疑惑の一つに、防衛省のフィクサーともいわれる秋山直紀(横右写真)「(社)日米平和・文化交流協会」専務理事が、東証1部、鉄鋼大手(高炉国内4位)「神戸製鋼所」(本社・兵庫県神戸市)が受注した旧防衛庁発注の福岡県苅田町の苅田港海底で見つかった旧日本軍毒ガス弾処理の仕事の一部を、秋山氏の政治力で持って山田洋行が受注、その見返りに山田洋行側から秋山氏に1億円を支払ったのではないか、という疑惑が出ている(冒頭左写真=12月21日「毎日新聞」記事)。
 しかも、この下請けの仕事が打ち切られた後も、山田洋行はさらに他の仕事で神戸製鋼所から1億円分受注、その際にも秋山氏にさらに8000万円程度の“仲介手数料”が出ているとの疑惑について本紙は報じている
 実は本紙には、以下のようなメールによる情報提供が今年8月末から9月にかけて2度あった(その一部を以下に転載)。
 この一連の疑惑に対し、神戸製鋼所の東京本社秘書広報部の部長と課長が対応してくれたので、以下、その主張を報告しておく(以下、メモ書きより要約。取材は本紙・山岡)。

閲覧数 (40010)
  • 2007/12/14
  • 執筆者: Yamaoka (1:30 am)

山田洋行毒ガス弾処理受注疑惑ーー秋山氏にさらに約8000万円か

カテゴリ: 防衛 : 山田洋行
 本紙で何度も疑惑を報じている社団法人「日米平和・文化交流協会」常務理事の秋山直紀氏に対し、山田洋行が、神戸製鋼所から福岡県苅田町で発見された旧陸軍毒ガス弾処理関連の下請け仕事を得た「事業協力費」として約90万?(当時のレートで約1億円)の謝礼を払っているとする文書を入手したと「朝日新聞」が報じたのは11月30日のことだった(写真。ただし、神戸製鋼の社名は伏せていた)。
 同記事では、同文書には、山田洋行は、さらに神戸製鋼から別の仕事も受注すべく、秋山氏に手数料を支払ったとの記入があると述べているが、具体的には一切明かされていない。
 本紙はこの詳細を掴んだので、以下、報告する。

閲覧数 (38641)
  • 2007/11/28
  • 執筆者: Yamaoka (1:26 pm)

石破茂防衛相逆上ーーベールを脱いだ裏素顔と、リーダーの資質

カテゴリ: 防衛 : 山田洋行
 本紙や『週刊文春』でカラオケ三昧の件が暴露され、危機管理の甘さが浮き彫りにされた石破茂防衛相。さらに本紙はP?X機のGE製エンジンを巡る疑惑を報じているが、カラオケの件でもその後の対応を巡り、彼の素顔、性癖がさらに明らかになって来たので報告しておく。
 テレビカメラの前では平静を装う石破氏だが、カラオケ三昧の件では部下の前では荒れ狂い、「どうしてああしたオフレコの席での出来事が外部に漏れるんだっ! 絶対に犯人を見つけ出せっ!」と厳命。各セクションに通達を出し、これを聞いた省内は「うんざり」しているという(横写真=『フラッシュ』12月11日号。11月30日に追加掲載)。
 それだけではない。驚くべきことに、記者団に対し、「きちんと(情報が漏れた)経過の説明をしてもらえない間は、今後、オフレコの懇談はお断りする」と宣言、取材の機会を自ら閉ざしたのだ。

閲覧数 (37476)
  • 2007/11/27
  • 執筆者: Yamaoka (4:43 am)

石破茂防衛相にもP-Xエンジン選定巡り、守屋前次官同様の疑惑が浮上(某会議での疑惑の発言も再現)

カテゴリ: 防衛 : 山田洋行
《山田洋行からの接待疑惑》

 まずは、石破茂防衛相(写真)があの山田洋行から繰り返し接待を受けていた事実。
 接待の主は、元専務の宮崎元伸氏ではない。
 石破氏を接待して来たのは、山田洋行の現社長室長、野村某氏だ。
 関係者の証言によれば、野村氏は繰り返し石破氏を接待して来たという。
 この野村氏とは、いかなる人物なのか。
 野村氏と石破氏との接点は長く、深い。両者は、慶應大学での日々を共に過ごし、旧三井銀行に共に入行している
 その後、2人は別々の人生を歩む……。
 石破氏は政界に入り、野村氏は山田洋行へと移る。その後、長い海外勤務を経て、野村氏は帰国。折しも旧交のある石破氏は、国防族としての地位を固め、ついに防衛庁長官に上り詰めていた。

閲覧数 (37581)
  • 2007/11/27
  • 執筆者: Yamaoka (3:47 am)

山田洋行疑惑ーーこれが「グアム3兆円利権分捕り計画書」

カテゴリ: 防衛 : 山田洋行
 冒頭に掲げたように、『週刊ポスト』は11月30日号で、防衛商社「山田洋行」を退社して競合会社「日本ミライズ」を設立した宮崎元伸元専務は、守屋武昌前防衛事務次官が退任後、日本ミライズに天下るなどと懇意な関係を披露し、複数のわが国企業に米軍再編でグアムに沖縄の海兵隊約1万7000名が移動することに伴うグアム3兆円利権に参加を募り、引き替えに日本ミライズへの出資を持ちかけていたと報じている。
 そして、その利権が窺える日本ミライズ作成の「計画書」なるものを入手したとして、その1枚の一部を、冒頭に掲げた記事のなかで披露している。
 本紙も遅ればせながら、同様の「計画書」の一部(3枚)を入手したので、参考までに、以下に転載しておく。

閲覧数 (37655)
  • 2007/11/22
  • 執筆者: Yamaoka (1:18 am)

今度は永田町界隈に山田洋行疑惑関連「メモ書き」出回るーー“ピンクファイル”とは!?

カテゴリ: 防衛 : 山田洋行
 去る11月15日の参院外交防衛委員会で参考人として証言台に立ったものの、「資料が手元にない」、「記憶が定かでない」などと発言し、のらりくらりというよりも、この人に主体性はあるのかと疑問を抱くような態度を取っていた米津佳彦「山田洋行」社長(写真)。
 その無責任とも思える態度に怒り心頭の関係者が出したのか、1枚の「メモ書き」コピーが永田町界隈に流出している(以下に転載)。
 それによれば、米津社長は上司だった宮崎元伸「山田洋行」元専務と守屋武昌元防衛事務次官が頻繁にゴルフをやっていたことはもちろん、宮崎氏の逮捕容疑に関係する米国関係会社を使っての裏金捻出もよく知る立場にあったことになる。

閲覧数 (36553)
  • 2007/11/21
  • 執筆者: Yamaoka (12:14 am)

「棚ぼたでポスト守屋になった増田防衛事務次官の人間研究」

カテゴリ: 防衛 : 山田洋行
 増田好平防衛事務次官(横写真)56歳ーー彼自身、恐らく次官のポストに上り詰めるとは夢にも思っていなかっただろう。 彼の就任ははっきりいって棚ぼた以外の何ものでもない。
 理由はただ一つ、小池百合子防衛相VS守屋武昌次官の激しい対立だ。今年の夏、突如勃発した両者の抗争については、すでに聞き飽きだろうから、ここでは言及しない。ただ、「増田」の名前がこの対立の中で始めて浮上したことだけは間違いない。
 小池氏の意中が西川徹矢官房長(当時。横写真)だったことは、すでに周知の事実。では守屋氏はどうだったか。後に小池氏は他の媒体で、さも増田氏就任は自分で決めたかのごとく語っているがそれは嘘。実態は、追い込まれた守屋氏は若返り策を提示せざるを得ず増田氏を指名、官邸はオーソライズし、小池氏はそれに異を唱えなかったに過ぎない。
 そうして次官に就いた増田氏はいかなる人物か。
 東大卒で、エリート然とした彼はスマート、手堅さを旨とし、決してリスクを冒さない。豪腕・型破りの守屋氏とはおよそ正反対のタイプ。両者があまりそりが合わなかったのは想像に難くない。
 増田氏も守屋氏の下ではなく、守屋氏と対立した大森敬治元防衛施設庁長官(後に内閣官房副長官補。横写真)の下を選び、省内派閥「大森グループ」の会合に公然と出席していたから、むしろ両者は冷え冷えとした関係にあったと見るべきだろう。
 増田氏は筆頭課長までは順調にポストを重ねたが、その後失速し、一時は内閣府に出向。「片道切符か」とも噂されたが、人事教育局長として復活を遂げた。ただ、そこから次官に直接昇格した例は過去にも見当たらない。それほどのサプライズだったのだ。
 その増田氏には過去、隠された恥部がある。
 守屋氏が部下の筆頭課長に4500万円を預け、その部下が知人に資産運用を行わせていた事案がこのところ世間を騒がせている。事件発覚後は一貫して守屋氏に冷淡に対応している増田氏だが、この筆頭課長のことになると、どういうわけか口をつぐむ。周囲は「妙に同情的だな・・?」といぶかしんだ。 その理由はこうだ。

閲覧数 (36772)
  • 2007/11/20
  • 執筆者: Yamaoka (12:10 am)

「呆れた行状の数々・・石破茂防衛相の裏素顔」

カテゴリ: 防衛 : 山田洋行
 守屋武昌前防衛事務次官が参院で証人喚問を受けた11月15日夜・・・石破茂防衛相(写真)の姿が東京・六本木の雑居ビルに吸い込まれていった。
 石破氏が目指したのは、「J」という個室焼き肉ダイニング。全室、個室で焼き肉とカラオケを同時に楽しめる。
 実はこの席には、石破氏の親しい記者が集められていた。石破氏がカラオケ大好きなのは知る人ぞ知るところ。この日も、以前から記者団が「安全保障全般についてゆっくり話をしたい」と要請をしたところ、石破氏本人の極めて強い希望で「カラオケ」になったのだった。
 記者達より少し遅れて到着した石破氏。なぜか24時間、陰のように警護するSPも、緊急対応のため、常に側に控える秘書官も姿を見せない。替わって、江渡聡徳副大臣、秋元司政務官が姿を見せ、石破氏は挨拶で「役所の人間は信用できない」旨、述べた。
 出席者が順番に歌うのがこの手の会合の通例だが、「石破カラオケ」はこの例には当たらない。石破氏はマイクを握ったら離さないタイプだからだ。
 昭和の女性アイドル好きで知られる石破氏、この夜もオタクぶりを存分に発揮。松田聖子にピンクレディー、さらには18番の振り付きキャンディーズ・メドレーまで、上機嫌に歌い続けた。
 会合がお開きになったのは深夜11時半。なんと4時間に渡って歌い続けたことになる。
 さすがにこれが応えたか、石破氏は翌日は「調子が悪い」「ノドが痛い」と周囲に漏らしていたという。

閲覧数 (36886)
(1) 2 »
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (112)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2017 3月  »  »
26 27 28 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
(1) 2 3 4 ... 7 »