お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2007/11/18
  • 執筆者: Yamaoka (5:09 pm)

東京地検、秋山直紀氏の自宅等を家宅捜索か

カテゴリ: 防衛 : 山田洋行
 本紙が得た情報によれば、東京地検は先週木曜日(15日)ないし金曜日(16日)に秋山直紀氏(右写真。左は秋山氏を特集した『サンデー毎日』今年11月18日号)の東京都豊島区内の自宅や、親しい女性宅まで家宅捜索を行った模様だ。
 本紙は秋山氏に関しては、“防衛利権フィクサー”として早くから報じて来たが、秋山氏の米国の防衛関係人脈は、懇意とされる久間章生元防衛相(横写真)の後ろ盾あってこそのもので、したがって秋山氏に対して家宅捜索が行われたということが事実なら、すなわち、特捜部はいよいよ久間氏に対しても具体的に捜査を始め出したと理解していいだろう。
 その秋山氏に関しては、大変な米国人脈を有していることは本紙でも既報の通りだが、守屋武昌元防衛事務次官が証人喚問において、この秋山氏、そして宮崎元伸元「山田洋行」専務も同席した宴席で、久間氏とも会った記憶があると認めていることでも両者の懇意さが窺い知れるというものだ。

閲覧数 (21660)
  • 2007/11/16
  • 執筆者: Yamaoka (3:29 pm)

入手ーー本日の証人喚問でも焦点になったCーXエンジン選定疑惑の証拠とされる守屋前次官発言3回の「装備審査会議メモ」全文(下)

カテゴリ: 防衛 : 山田洋行
○この連載(上)はここをクリック
○(中)はここをクリック

 報告書は、こうした検討の結果を「選定結果」としてまとめている。
 以下、その全文を紹介しよう。

「次期輸送機(試作機)搭載用エンジンシステム選定に当り、要求される性能等に対する技術的適合性の有無及びライフサイクルコストを評価した。
1.提案されたいずれのエンジンシステムも、次期輸送機に要求される性能等を実現しうる技術的適合性を有している。
2.次期輸送機の運用を考慮したライフサイクルコストは、Z社の提案が優位であり、また開発経費についても同社提案が優位であった。
以上から、Z社提案のエンジンシステムを次期輸送機(試作機)搭載用エンジンシステムとして選定する」。

 前回(中)紹介したように、Z社とはGE社の匿名であり、こうしてGEは「価格の安さ」という、最もシンプルで異論の介在する余地のない理由で採用が決定されたようだ。
(写真=11月16日「朝日新聞」朝刊1面)

閲覧数 (20793)
  • 2007/11/16
  • 執筆者: Yamaoka (2:06 pm)

ついに飛び出した山田洋行「献金リスト」に載っていた政治家12名

カテゴリ: 防衛 : 山田洋行
 1週間ほど前から、永田町界隈で山田洋行作成の「献金リスト」なるものが出回っているとして話題になっている。
 本紙はそのリストを入手した。
 このリストが信ぴょう性が高いと思われるのは、単に政治家などの名前が記されているのではなく、山田洋行が「寄付金」のかたちで銀行振込をしたものをまとめた内部資料と推測されるから。
 このコピーには摘要(振込先)や金額はもちろん、日付、伝票番号などまで記されており(写真参照のこと)、2002年度から05年度までのものが載っている。
 山田洋行の政治献金といえば、すでに民主党の小沢一郎代表にも計600万円されていたことが明らかになり、小沢氏は返還しているが、その報道では一部は小沢氏の地元の民主党岩手県第4支部になされていたことがわかっており、今回のリストの記述とも一致する(06年度の50万円のみ。前述の写真参照のこと。久間元防衛相にも10万円、献金されていたことがわかる)。
 ただし、既報道では同支部には00年度から毎年献金されていたはずで、このリストは意図的に一部を省いている可能性が高く(
久間章生元防衛相はわずか10万円のみなど)、その点は留意して見なければならないだろう。
 それでも、防衛族議員を中心に12名もの名前が登場しており、それはそれで実に興味深い。

閲覧数 (21959)
  • 2007/11/15
  • 執筆者: Yamaoka (7:47 pm)

入手ーー本日の証人喚問でも焦点になったCーXエンジン選定疑惑の証拠とされる守屋前次官発言3回の「装備審査会議メモ」全文(中)

カテゴリ: 防衛 : 山田洋行
○前回(上)記事は、ここをクリック

 守屋武昌前次官の装備審査会議における1回目の発言は、「提案書受領から決定まで5カ月掛かった理由」を質している。
 時間がかかりすぎているのではないのか、というニュアンスが発言から汲み取れる。
 2問目も、これに関連する趣旨の質問であり、「提案書の確認作業にどの程度時間が掛かったのか」を尋ねている。
 前回のメモの流れを見ればわる通り、これは「作業は円滑に無駄なく進んだのか」という確認の言葉であり、いずれの問いに対しても、担当部門は「特に長かったというわけではない、膨大な作業を行った結果だ」と説明、守屋氏も他の出席者も、この件でそれ以上、質していない。
 守屋氏の最後の質問は、「決定されたメーカーにはいつ連絡するのか」というものだ。
 装備審査会議は決定機関ではなく、あくまで防衛相(当時も石破茂現防衛相が防衛庁長官だった。横写真)の諮問機関。この審査会議で決められた方針を受け、防衛庁長官が「最終決定」する。
 守屋前次官は、この大臣決定が出てからメーカーに伝えるまで、どの程度時間を掛けるのかに興味を示したのだろう。
 この3回の発言を通じて、守屋氏は「作業行程・プロセス」に関心を持っていることがわかる。そして、彼の発言のどこにも「GE」という会社名は登場しない。
(冒頭写真=「日経新聞」本日夕刊)

閲覧数 (21493)
  • 2007/11/15
  • 執筆者: Yamaoka (5:16 pm)

入手ーー本日の証人喚問でも焦点になったCーXエンジン選定疑惑の証拠とされる守屋前次官発言3回の「装備審査会議メモ」全文(上)

カテゴリ: 防衛 : 山田洋行
 一連の山田洋行疑惑の「中核部分」と言われる次期輸送機(C-X)エンジン問題。
 このエンジン選定が正式に決まったのは2003年8月。山田洋行が代理店を務めていたGE社だった。
 この事実から、当時、装備審査会議の議長を務めた守屋武昌次官(当時。写真は本日の参議院証人喚問映像より)が、先の衆議院の証人喚問でGE社の代理店が山田洋行だったことを「承知してなかった」と答えたのは偽証に当たるのではないかと疑惑まで出ている。
 さらに11月9日の「読売新聞」夕刊は、「守屋前次官・GE絡み発言3回?装備審査会・詳細なメモ判明」なるタイトル記事を掲載。入手したメモによれば、守屋氏は担当者に対し、GE製の採用が決まったことを同社に通知する時期について質問するなど、少なくとも3回発言。同会議で山田洋行に有利な発言をした可能性があると匂わせている。
 だが、これら指摘はどこまで正確なのか。
 先の「読売新聞」はそのメモのごく一部しか明らかにしていないので、本紙は以下に、独自に入手したそのメモ全文(担当部署がメモとして記録に残したもの)を掲載する。
(下写真=本日の証人喚問では、前回喚問で証言した宮崎元伸「山田洋行」元専務と同席した酒席での2名の政治家は、久間章生元防衛相、それに額賀福志郎元防衛庁長官・現財務相と判明)

閲覧数 (20853)
  • 2007/11/10
  • 執筆者: Yamaoka (8:12 pm)

山田洋行のCX商権巡る疑惑ーーこれが、前航空機課長のGE社への発言全容(下)

カテゴリ: 防衛 : 山田洋行
 以上(=前回原稿を見たい方はここをクリック)が、青木航空課長(当時)の発言の「全容」だ。これがいかに異様な発言なのかを理解するには、若干の補足解説が必要だ。
 まず最初の(※注;?)発言で、青木氏はGE社のトップに対し開口一番、C-X(=次期輸送機。写真)エンジンを巡ってGEが7月30日以降に代理店契約を結ぶことを決めた日本ミライズは、日本の入札資格制度上、Dランクであり、高額の装備品を扱うには問題がある企業だ、と強調している。
 さらに、日本ではマスコミもこの問題に注目している、とした上で、やろうと思えば、7月29日まで代理店契約が残っている山田洋行との間で今年度分の契約を結ぶことも可能だが、もしGEの代理店契約によって資本力に疑問があるDランクのミライズとの間で契約する事になるのなら、GE社にそのリスクの責任を負って貰いたい、と迫ったのだ。
 この発言が6月19日に行われたことはすでに述べた。代理店切り替えまではまだ1ヶ月を残している。今後の展開がどうなるか判らないこの時期、しかも商社間で激しい競争が発生している微妙な案件である以上、通常の官僚マインドではどちらかに与するような発言は控え、出来ることなら関わらないようにするのが普通だ。妙に踏み込んだことを言って、自らの公平な立場が疑われてはかなわないからだ。

閲覧数 (21698)
  • 2007/11/09
  • 執筆者: Yamaoka (8:57 pm)

山田洋行のCX商権巡る疑惑ーーこれが、前航空機課長のGE社への発言全容(上)

カテゴリ: 防衛 : 山田洋行
 昨日、ついに防衛系商社「山田洋行」を飛び出て、競合する「日本ミライズ」を設立していた宮崎元伸元専務が逮捕された(横写真の記事は「毎日新聞」本日朝刊一面)。
 だが、容疑は業務上横領で、決してこの間、大手マスコミが大々的に報じて来た守屋武昌前防衛事務次官との贈収賄容疑ではない。
 今後、この“別件逮捕”を足掛かりに守屋氏との贈収賄で再逮捕もあり得ないとはいえないが、本紙は一貫して主張しているように、さらなるワルがおり、そこにまでメスを入れなければまさにトカゲの尻尾切りだ。
 そのさらなるワルと本紙が思っている一人が、久間章生元防衛相(横写真)。
 久間氏は、この間の「山田洋行」VS「日本ミライズ」の内紛で、山田洋行側に付き、次期輸送機(CX)の代理権契約が、山田洋行からが日本ミライズに移ることを阻止すべく、当時の航空機課長に指示し、GE社に圧力をかけた疑惑が出ている
 この度、本紙は、その際の航空機課長とGE社側との会話の全容を記した文書を入手した。そこで、解説付きで、2回に渡りその件を取り上げる。
 これを見る限り、やはり航空機課長の発言は「異常」なものだったと言わざるを得ない。

閲覧数 (20987)
  • 2007/11/04
  • 執筆者: Yamaoka (1:32 am)

山田洋行疑惑ーー11・8参院証人喚問に、元航空機課長招致も

カテゴリ: 防衛 : 山田洋行
 参議院外交防衛委員会は11月2日、山田洋行疑惑に関し、10月29日の衆議院に続き、11月8日午後、参議院でも守屋武昌前防衛事務次官(写真)を喚問することを野党の賛成多数で決めた。
 また、守屋氏を頻繁に接待していた宮崎元伸「山田洋行」元専務、「山田洋行」の米津佳彦社長の同日午前の参考人招致も決めた。
 全会一致が慣例の証人喚問だが、自民・公明は欠席。異例の議決となった。
 だが、参議院が与野党逆転していることを思えば、異例の割にはなぜ、こんな人選なのか疑問に思わざるを得ない。
 前回の衆議院での喚問以降、贈収賄に関する重大な新事実は見つかっていないことを思えば、いまさら守屋氏だけ喚問しても、参議院の体面は繕えても、本来の喚問自体の内容は期待薄と言わざるを得ない。

閲覧数 (21465)
  • 2007/10/31
  • 執筆者: Yamaoka (8:22 am)

山田洋行疑惑ーーようやく「日本郵政」西川善文社長の疑惑も取り上げだした大手マスコミだが、本紙既報の西川氏自宅疑惑追及も

カテゴリ: 防衛 : 山田洋行
 ようやく、大手マスコミが防衛系商社「山田洋行」と、「日本郵政」西川善文社長(元三井住友銀行頭取)との疑惑に関しても報じ出した。
 本日発売の『週刊新潮』(横写真)、『週刊文春』も同じく特集記事のなかで「西川善文社長が山田洋行に不良債権を押しつけた」というタイトルで報じている。
 本紙はこの疑惑をすでに今年3月段階で指摘、以降、報じて来た
 こういう癒着があるからこそ、西川氏は山田洋行の分裂を避けるべく(そうしないとこの疑惑が大きく表面化しかねない)、わざわざ山田正志オーナーと元専務との仲介の労を取ったのではないか。
 そして、同時に注目してもらいたいのが西川氏の自宅(横写真)疑惑だ。
 本紙は、こちらは実に3年も前から報じて来た。
 この疑惑、山田洋行とも実は関わり合いがあるからだ。
 しかも、複数の政治家が絡んでいる。

閲覧数 (23752)
  • 2007/10/30
  • 執筆者: Yamaoka (11:06 pm)

久間章生元防衛相の緊急入院は証人喚問逃れの可能性も

カテゴリ: 防衛 : 山田洋行
 本日、久間章生元防衛相(写真)が緊急入院したのは大手マスコミ既報の通り。
 本紙は昨日配信記事にて、同日の証人喚問で守屋武昌前防衛事務次官が久間氏(正確には「防衛庁長官経験者」)に脅しのサインを送った可能性もあると報じたが、それに即座に対応するかのような入院だった。
 久間氏は解離性大動脈瘤手術のためと表明している。
 だが、悪意的見方をすれば、久間氏は以前に一度倒れたことがあるというから、前からしなければならない手術を理由とすれば、証人喚問され得る今臨時国会会期末(11月10日)まで入院(=証人喚問できない)しても怪しまれないため、そういう選択をしたという可能性もないとはいえない。
 というのは、久間氏の疑惑はそれほど真っ黒と言ってもいいからだ。

閲覧数 (22741)
  • 2007/10/30
  • 執筆者: Yamaoka (9:43 pm)

<記事紹介>「元専務激白120分『私が利用し、利用された政治家』(サン毎取材班や青木英一記者等/本紙・山岡。『サン毎』11月11日号)

カテゴリ: 防衛 : 山田洋行
 今週発売の『サンデー毎日』は、守屋武昌前防衛事務次官の向こうに見え隠れする政治家に迫っている(計8頁)。本紙・山岡もわずかながら手伝わせてもらった。
 詳細は本記事を直に見ていただくとして、このなかでは例の次期輸送機(CX。写真)への介入疑惑が出ている政治家の件を詳しく取り上げた。
 読者の多くはCXといえば、守屋氏が疑惑を追及されている件ではないかと思われるはず。昨日の証人喚問でも、その疑惑が追及されたのだから無理もない。
 だが、まったく逆の見方もある。そして、その疑惑が出ているのは本日、緊急入院した久間章生元防衛相その人なのだ。

閲覧数 (22048)
  • 2007/10/29
  • 執筆者: Yamaoka (11:50 pm)

証人喚問ーー守屋武昌前次官が脅しのサインを送った政治家の正体

カテゴリ: 防衛 : 山田洋行
 本日、午後1時から2時間半に渡り、衆院テロ防止・イラク支援特別委員会で守屋武昌前防衛事務次官の証人喚問が行われた。
 予想通り、守屋氏は接待については認めたものの、便宜供与については完全否定。あれだけ大新聞が連日大騒ぎしても、かつてのリクルート事件の時のように「山田洋行」や「日本ミライズ」の株をもらっているなど、確とした証拠があってのことではない(質問自体はひと言あったが、何株が、山田洋行の子会社○○からといった具体性も何もないので、ひと言「ございません」と言われて終わりに)ので、鋭く攻められないのも無理はない。
 そういう意味では、見るに乏しい喚問だったが、本紙は6番目に立った赤嶺政賢(共産党)委員に対する答弁に、もっとも注目すべき点があったと思う。
 赤嶺委員が、接待をした相手である山田洋行元専務と国会議員と一緒に会食した際の、その議員に関して質問責めした部分だ。

閲覧数 (24452)
  • 2007/10/28
  • 執筆者: Yamaoka (11:52 pm)

<記事紹介>「『山田洋行』の内紛を追う(中)ーー西川善文氏と山田一族の深い闇」(田中みのる。「社会新報」10月31日号)

カテゴリ: 防衛 : 山田洋行
 前回に続いて、この連載を取り上げた。
 始めて本紙を見た方は、なぜ、「日本郵政」の西川善文社長(下写真)が出て来るのかと面食らっているに違いない。
 無理もない。
 大手マスコミのほとんどはこの間、「山田洋行」元専務と守屋武昌元防衛事務次官の疑惑ばかり報じ、その先にあるもっと深い闇に迫ろうとしないのだから。そうではなく、いまや政府・自民党が進める郵政改革の旗振り役だから、政府側に配慮しあえて調査しないということか。
 もっとも、当局情報に寄りかかるだけでなく、独自の調査報道をしているところがわずかながらあり、その闇に迫ると当然、三井住友銀行と西川元頭取との疑惑が出て来るのだ
(以下に記事を転載)

閲覧数 (22627)
« 1 (2)
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (133)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2020 1月  »  »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
(1) 2 3 4 ... 8 »