お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2010/09/19
  • 執筆者: Yamaoka (4:10 pm)

<新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第3回)「映画『キャタピラー』と漫画『光る風』」

 筆者・田沢竜次(フリーライター)。1953年東京生まれ。編集プロダクション勤務などを経て1983年からフリー。85年『月刊angle』連載を基に『東京グルメ通信・B級グルメの逆襲』(主婦と生活社)を書き下ろし、また文春文庫の「B級グルメ」シリーズでも活躍。B級グルメライターとして取材・執筆を続け今日にいたる。一方、大学の映画サークルで自主上映するほど映画にも精通。著書に「B級グルメ大当りガイド」「ニッポン映画戦後50年」など。


 やっと見ました。今年最大の問題作、若松孝二監督の『キャタピラー』。映画そのものについては、書きたいことも多々あれど、当コーナーとしては、注目されている作品や現象から喚起される「こだわりの昭和」について書かなくてはならない。
 そこで『キャタピラー』からまず連想するといえば、そのものずばり江戸川乱歩の短篇小説『芋虫』だが、同時に映画を観ながら甦ってきたのが、山上たつひこのマンガ『光る風』のあるシークエンスであった。
 山上たつひこといえば、ある世代以上はまず『がきデカ』であり、『喜劇新思想体系』など1970年代を代表するナンセンス・ギャグマンガの鬼才といったところ。90年代以降は、小説家としても活躍する。『光る風』は、メジャーではまだ無名に近い存在だった1970年に『少年マガジン』に連載され、こちとら(高校2年)も、同時進行で毎週わくわくしながら読んでいたのだった。
 70年当時のマガジンは、急速に「大人化」していた頃で、表紙から特集記事、マンガまで小学生が楽しめるようなものではなかった。そんななかで、ひときわ光っていたのが『光る風』だったのだ。
 物語の背景は現代のような近未来のような架空の日本、そこは治安管理と監視が行き届いた軍事独裁国家で、反体制分子は殺されるか拷問・監禁を覚悟しなければならない。陸将の父をもつ主人公・弦は、そんな体制と家族に反逆し、波乱の人生を送るのだが、兄のほうは軍人として戦地に派遣され、両手両足を失って家に帰ってくる(原因が爆弾などではなくて、味方の米軍が開発したBC兵器による事故だということが、テーマともからんでくるのだが)。

閲覧数 (20230)
  • 2010/09/08
  • 執筆者: Yamaoka (8:40 am)

<新連載>「田沢竜次の昭和カルチャー甦り」(第2回)

 筆者・田沢竜次(フリーライター)。1953年東京生まれ。編集プロダクション勤務などを経て1983年からフリー。85年『月刊angle』連載を基に『東京グルメ通信・B級グルメの逆襲』(主婦と生活社)を書き下ろし、また文春文庫の「B級グルメ」シリーズでも活躍。B級グルメライターとして取材・執筆を続け今日にいたる。一方、大学の映画サークルで自主上映するほど映画にも精通。著書に「B級グルメ大当りガイド」「ニッポン映画戦後50年」など。


 前回の「ゲゲゲの女房」でもう一つ、胸に迫る展開が、月刊『ガロ』(劇中では『月刊ゼタ』になっている)がからむところだ。マニアックなマンガ・劇画ファンにはおなじみの月刊『ガロ』は、60年代半ばから70年代初めにかけてが全盛時代だった。
 メインは白土三平の「カムイ伝」で、あとは、聞いたことのないマンガ家が独特なスタイルで売れセン二の次で描きたいマンガを発表していた。のちに、60年代後半の学生運動経験者やその周辺にいた、いわゆる全共闘世代の人たちと話すと、大抵『ガロ』を読んでいたという。よく「片手に少年マガジン、片手に朝日ジャーナル」といわれるが、ここに『ガロ』も加えるべきだろう。一方、『ガロ』のライバル誌といわれたのが虫プロが出した『COM(コム)』で、こちらは手塚治虫が、未完の大長編「火の鳥」を連載していた。
 小生が、本屋でたまたま『ガロ』を立ち読みしたのが中学2年のとき(1967年)、少年マンガ誌にはない異様な面白さとシュールな大人の世界にはまってしまい、以降は毎月欠かさず72年頃までは買い続ける。古本屋に行くと、67年以前のものが格安で売っていたのでちまちまと買いそろえていった。
 テレビでは、村上弘明扮する『ゼタ』の編集長(モデルは『ガロ』編集長の長井勝一)が、売れない雑誌であっても志を貫くさまと売れっ子になった水木も、原稿料なしでこの雑誌に描き続けるエピソードが感動を呼ぶのだが、当時『ガロ』で読んだ、数々の水木マンガは忘れられない。
 さてそのなかで、『ゼタ』を大手出版社から編集長職はそのままで合併しないかとの誘いの話が来る。しかし実際は、白土や水木らの人気作家だけ欲しいというせこい思惑が明らかになり、村上扮する編集長はこの甘い話を断るのだが、実際、当時の小学館(1968年頃)が合併話を進めていたらしい。


閲覧数 (20433)
  • 2010/08/24
  • 執筆者: Yamaoka (6:30 pm)

<新連載>「田沢竜次の昭和カルチャー甦り」(第1回)

 筆者・田沢竜次(フリーライター)。1953年東京生まれ。編集プロダクション勤務などを経て1983年からフリー。85年『月刊angle』連載を基に『東京グルメ通信・B級グルメの逆襲』(主婦と生活社)を書き下ろし、また文春文庫の「B級グルメ」シリーズでも活躍。B級グルメライターとして取材・執筆を続け今日にいたる。一方、大学の映画サークルで自主上映するほど映画にも精通。著書に「B級グルメ大当りガイド」「ニッポン映画戦後50年」など。

 NHKの朝ドラを楽しみに毎日観るなんてことは、もうウン十年ぶりのことだろうか。評判の「ゲゲゲの女房」のことだ。周りでも欠かさず観ているという人が多い。
 なかでも特に、胸にグッときたのが水木しげるの貧乏貸本漫画家時代からメジャーデビューの転機となった、「テレビくん」が講談社漫画賞をとった頃の展開である。
 この「テレビくん」(1965年夏、『別冊少年マガジン』に掲載)は、数ある水木マンガのなかでも歴史に残る傑作である。
 お話は、テレビ漬けの少年が、ひょんなことからブラウン管からテレビの世界に入ってしまい、CMの画面など自由自在に泳ぎまわり、その新商品を現実世界に持ち出せるといった、当時の子どもたちの夢を体現したようなファンタジー。それが、不思議な転校生と、貧しい少年との交遊を通して、高度成長社会への皮肉や風刺も織り交ぜて描かれる。
 この作品に出会ったときは、こちとら小学6年生、マガジン、サンデー、キングの3大少年マンガ週刊誌に夢中になっていた頃だ。
 戦記、忍者、ギャグ、スーパーヒーロー、スポーツ根性もの全盛の少年マンガ界にあって、水木マンガのタッチやそこに流れるニヒリズムやペーソス、怪奇幻想趣味は、ちょっと異色ではあった。「なんだか凄いマンガ家だなあ」とマンガ好きの友達と語りあっていたら、間もなく、「墓場鬼太郎」が「週刊少年マガジン」で連載開始。メジャー化とともに、「墓場」は「ゲゲゲ」となるのであるが、その後、復刻された、貸本時代の鬼太郎の、B級怪談的なおどろおどろしさや、月刊『ガロ』で連載されていた「鬼太郎夜話」のほうが、本来の水木らしい味が出ていて良い。
 さてこの1965年は、もう一つ衝撃的なマンガとの出合いがあった。それは同じ頃にマガジンで、連載がスタートした楳図かずお

閲覧数 (23054)
« 1 2 (3)
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (128)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 8月  »  »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
(1) 2 3 4 ... 8 »