お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2014/11/23
  • 執筆者: Yamaoka (1:08 am)

本紙への強姦未遂告発者ら一転、恐喝未遂事件ーー追加で、あの滑川裕二氏も逮捕に(2)

カテゴリ: 右翼・暴力団
 警視庁新宿署は11月21日午前、出頭して来た滑川裕二氏(63)を恐喝未遂容疑で逮捕した。
 本紙は11月19日、すでに滑川氏が逮捕されたと報じている
 実はこの記事を掲載後ほどなく、滑川氏はまだ逮捕されていないことが判明したが、逮捕は時間の問題であること、またその逮捕の背景に関する見立てについても変化はないことなどから、あえて訂正を出さなかった。
 また、大手マスコミの一部が事前取材しながら、滑川氏の言い分を一切報じないと記したことに関しては、フジTVに対してはお詫びしたい。フジTVだけ、滑川氏の「(こんなことされて)許せないから。わびを入れるなら、いいけれども」といった肉声を流し、さらに、滑川氏らが性的暴行未遂について告訴の準備をしていると話しているとも報じた。
 先に女性モデルら2人が逮捕された際、大手マスコミのなかには警察の言い分を鵜呑みにした結果か、「乱暴されそうになった事実がないのに」と報じたところもあった。

閲覧数 (131288)
  • 2014/11/12
  • 執筆者: Yamaoka (8:19 pm)

<ミニ情報>「グローバルアジアホールディングス」、警視庁がすでに捜査中

カテゴリ: 右翼・暴力団
 本紙既報のように、増資資金約2億円が行方不明になったり、別途3億円借り入れたとして水面下でトラブルが起きるなどしている「グローバルアジアホールディングス」(3587。JQ。東京都港区。旧プリンシバル・コーポレーション)ーー。
 少なくとも約2億円の件については、ようやく第三者委員会が設置されているが、実はすでに警視庁が捜査中との有力情報が入って来たので報告する。

閲覧数 (154348)
  • 2014/11/12
  • 執筆者: Yamaoka (8:14 pm)

<ミニ情報>本紙「リクルート」株売買話怪情報に、大石元組長サイドから無関係との連絡

カテゴリ: 右翼・暴力団
 本紙は11月6日、「宝田陽平の兜町アンダーワールド」の連載記事において、「ご注意!!『リクルート』株売買に関する怪情報」なる記事を報じた
 大石誉夫元組長が人材サービス大手「リクルートホールディングス」(6098。東証1部。東京都中央区)を相手取った株主確認訴訟はまだ始まったばかりなのに、その大石氏側勝訴の「判決文」のコピーなるものを、リクルート株コピーと称するものと共に持ち歩き、売却話を持ちかける者がいるとの奇怪な内容だ。
 そうしたところ、大石氏サイドから、「うちはまったく預かり知らないこと」と本紙に連絡が入ったので報告しておく。

閲覧数 (152090)
  • 2014/11/08
  • 執筆者: Yamaoka (12:21 am)

当局も注目ーー「JYJコンサート」開催中止求め、政治結社が「ローソン」に要望書

カテゴリ: 右翼・暴力団
 韓国の人気男性アイドルグループ「JYJ」は、この11〜12月にかけ、東京、大阪、福岡の各ドームでコンサートを開催するが、これに対し、過激な行動で知られる政治結社「正気塾」(本部・長崎市)が開催中止を求めて活発な活動をしていることがわかった。
 10月24日には、この日本ツアーを仕切る大手芸能プロダクション「ケイダッシュ」(東京都渋谷区)に対し「要望書」を提出。ケイダッシュがこれを無視するや、東京都公安委員会、警視庁にも訴え、これも聞き入れないと見るや、11月4日にはこのコンサートのチケット販売会社の親会社に当たるコンビニ大手「ローソン」(2651。東証1部。東京都品川区)の玉塚元一社長に「要望書」を送りつける挙に出ている。
 正気塾が開催中止を求める理由は、JYJが所属する韓国の芸能プロダクション「シージェスエンターテインメント」は韓国マフィアの影響下にあり、コンサート利益がマフィアに渡る可能性があるからというもの。
 これだけ聞けば、驚かれる読者がいるかも知れないが、シージェスの代表が元韓国マフィアで、父親が韓国有力マフィアのドンであること、そしてその力を背景に韓国芸能界に睨みを効かせているのはかなり有名な話。また、代表は別の韓国芸能人を脅迫し、実刑判決を受け服役していた過去もある。
 なお、正気塾は3・11震災直後、JYJがチャリティーコンサートを行った際も中止を求め街宣活動などを行っている。

閲覧数 (156243)
  • 2014/11/04
  • 執筆者: Yamaoka (1:50 am)

大工がヤクザ!? 著名政治評論家が告発するレイプ犯

カテゴリ: 右翼・暴力団
 政治評論家として知られる本澤二郎氏(=冒頭写真。72)が、知り合い女性がレイプされ、それをネタに脅され、売春を強要された挙句、そのストレスで死去したとして、自分が連載しているネットのコラムで告発している。
 ご存じない方のために紹介しておくと、本澤氏は中央大学法学部卒後、「東京タイムズ」に入社。政治部長を8年9カ月(在京政治部長会の最長記録)勤め、同編集局次長を経て90年秋から政治評論活動へ。自民党、権力側に厳しい姿勢で知られ、「日刊ゲンダイ」によくコメントしている。
 本紙・山岡は『週刊大衆』の政治記事の関係で多数コメントをもらっている関係だ。

閲覧数 (120736)
  • 2014/10/30
  • 執筆者: Yamaoka (9:35 pm)

音楽イベントを妨害容疑ーー本紙指摘通り、逮捕されていた朝堂院大覚(松浦良右)

カテゴリ: 右翼・暴力団
 本紙が昨日午後8時少し前に報じた通り、“最後のフィクサー”ともいわれる朝堂院大覚こと松浦良右(73)が逮捕されたことを、本日夕方になってようやく大手マスコミが報じている。
 大手マスコミは警察の広報に情報源をほとんど頼っているところ、松浦容疑者が逮捕されたのは10月28日午前10時ごろと思われるが、警察が発表のレクチャーをしたのは本日午後4時になってからだったため。独自の情報源を持つ本紙と、差が出たわけだ。
 冒頭に掲げたNNNの映像は、逮捕され戸塚署に連行される際ではなく、今朝、戸塚署から牛込署に移送された際のものだ。

閲覧数 (130896)
  • 2014/10/29
  • 執筆者: Yamaoka (7:41 pm)

あの“最後のフィクサー”朝堂院大覚(松浦良右)が逮捕に

カテゴリ: 右翼・暴力団
 あの“最後のフィクサー”ともいわれる朝堂院大覚(74。松浦良右)が逮捕されたことがわかった(冒頭写真は朝堂院の書籍。11年3月刊)。
 本紙に寄せられた複数の情報によれば、逮捕されたのは昨日朝。都内の自宅を出たところ、車で張り込んでいた警視庁の十数名の刑事に囲まれ、新宿区内の署に連行されたという。

閲覧数 (131428)
  • 2014/10/24
  • 執筆者: Yamaoka (1:23 am)

赤坂ビル発砲事件で犯人逮捕ーー動機は日大・田中理事長“懐刀”金銭トラブル説も

カテゴリ: 右翼・暴力団
 警視庁組織犯罪対策4課は10月20日、昨年10月、赤坂のビルで起きた発砲事件に関する銃刀法違反(発射)容疑などで、指定暴力団「住吉会」系の窪岡誠二組員(54)を逮捕したのは大手マスコミ既報の通り。窪岡容疑は否認。ビル付近の防犯カメラの映像などから窪岡容疑者が浮上したという。
 この発砲事件については、発生時、本紙でも報じている
 このビルは「アイビー化粧品」(4918。JQ)の本社ビルだが、同ビルには裏社会にも通じるA氏の会社が入居していたことから、本紙はこのA氏とのトラブル関連の見方を紹介している。
 ところが、ここに来て、何といま、国税が入っているということもあり、大手マスコミも注目している日本大学の田中英寿理事長(JOC副会長でもある)の“懐刀”といわれる人物と関係する会社も入居しており、そことの金銭トラブル説が浮上して来た。
 いったい、どういうことなのか?

閲覧数 (131091)
  • 2014/10/23
  • 執筆者: Yamaoka (1:04 am)

菊次服役囚へ、塩田大介に対する傷害で検察求刑

カテゴリ: 右翼・暴力団
 昨日、本紙がウォッチを続けている、水源地詐欺の主犯で現在、服役中(懲役10年)の菊次達朗による、塩田大介(競売妨害事件で服役中、同1年4月)に対する傷害事件(平成26年刑わ第648号)の公判が東京地裁で午前10時からあった。
 もっとも、すでにほとんど審理が終わっていることから、傍聴席は塩田の親族を中心に10数名程度だった。
 この日は、この件では被害者の塩田も出廷し意見陳述を行った。また、検察官の論告求刑と菊次被告の弁護人の弁論があり、午前11時10分には終了。これで結審した。

閲覧数 (134688)
  • 2014/10/11
  • 執筆者: Yamaoka (4:21 am)

暴力団の資金源に――未だほとんど放置の「ネットダフ屋」

カテゴリ: 右翼・暴力団
 人気が高く、ファンクラブ会員限定、抽選でしか入手できないようなコンサートチケットをファンや、ファンを装った仲間から入手し、高値転売して利益を得る「ネットダフ屋」ーー。
 このネットダブ屋が横行する背景に、「ヤフオク」を運営する「ヤフー」(4689。東証1部。東京都港区)をダントツとして、3大オークションサイトがほとんど放置しているのが現状であることは本紙では1年少し前に報じている
 もっとも、同記事掲載直後から、特に異常な高値が話題になっていた「Kis-My-Ft2」(冒頭写真)、「嵐」(下写真)などの男性人気アイドルグループを抱える「ジャニーズ事務所」もやっと規制に乗り出し、昨年9月下旬の嵐とファンのお祭りイベント「アラフェス」(ファンクラブ限定)ではオークションに出回るチケットをチェックし、それを無効とし、抽選に漏れたファンに回した。
 だが、こうした対策はまだごく一部であることは、その対象になった「Kis-My-Ft2」、「嵐」のチケットに、いまも相変わらず40万円以上(ペア)、21万円なんて値が付いていることでも明らかだろう。
 こうしたなか、今年2月には千葉県白井市の女性高校生が詐欺で逮捕される事件さえ起きている。
「その女子高校生は『嵐』のファンだったが、コンサートチケットの抽選に外れネットオークションで買うことに。ところが1枚8000円のチケットが最低でも10数万円で売られておりとてもじゃないが高校生の小遣いでは買えない。そこで、ツイッターで『嵐のチケットを譲る』といって現金を騙し取っていたんです。同じ手口による被害は女性14人から計約31万円です」(社会部記者)
 これは氷山の一角。異常な高値転売は本来のファンの入手を困難にし、水面下では売春を始めとする非行の動機にもなっているようだ。
 しかも、このネットダフ屋の状況、1年前とはかなり様変わりしているとの情報もある。

閲覧数 (169254)
  • 2014/10/02
  • 執筆者: Yamaoka (2:58 am)

10月16日上場ーー大石元組長が掴まされた8億円分「リクルート」株の闇

カテゴリ: 右翼・暴力団
 今週発売の『アサヒ芸能』(10月9日号)が4頁使い、実に興味深い記事を掲載している(冒頭写真)。
 10月16日に東証1部または2部に上場が予定されている「リクルートホールディングス」(6098。東京都中央区)の株、3万株(株式分割で現在は30万株に相当。公開価格1株2800万円で計算すると8億4000万円)を保有しているとする山口組直系「大石組」(岡山県)の組長だった大石誉夫氏(81。12年2月引退)が、今年8月、リクルートを相手取り、株主権確認を求めて東京地裁に提訴していたという内容だ。
 いまは現役ではないものの、わずか2年半前まで山口組直系組長だった者が大量の株券を保有していたというのだから、それだけでも驚きだ。
 が、実は本紙はリクルートが上場に向け動き出した2年ほど前、「元幹部の『手記』は語るーー緋田氏所有『江副リクルート株』購入資金は反社を騙したもの!?」というタイトル記事を報じている。
 その記事中では山口組の関西の直系親分に止めているが、まさに大石元組長のことだったのだ。
 そして、大石元組長にその3万株を譲渡したのがあの緋田将士氏であること、その緋田氏が仲介した同株は、元々仕手筋としても有名だったワールドの畑崎廣敏氏の所有だったことも本紙でも述べていた
 ただ、アサ芸記事では、緋田氏は約3億円で購入したリクルート株3万株を6億円で売ったことになっているが、本紙が得た情報では大石元組長が出したのは2万株分5億円(内2500万円は大石氏の秘書だったM組員)。残り1億円は緋田氏が用意したと聞いている。
 いずれにしろ、大石氏が現役時代の05年のことで、緋田氏は自分の購入額の3倍の額で、当時、公私共に世話になっていた大石組長に売ったようなのだ。

閲覧数 (191629)
  • 2014/09/10
  • 執筆者: Yamaoka (11:18 pm)

暴力団資金源にもーー増え続ける偽造 「駐禁除外標章」

カテゴリ: 右翼・暴力団
 最近、街角で「こんな駐車禁止のところに車が」と思って覗いたら、ダッシュボード上に「駐車禁止除外標章」を置いていた(冒頭写真)というケースが目立つようだ。
 これ、歩行困難な身体障害者などのため、障害者手帳などを元に判断し、都道府県公安委員会が交付しているもので、例外的に駐禁場所でも駐車OKとなる。
 普通、駐禁場所に止めたら1万から2万円近い反則金が科せられるが、この標章があれば原則免除(交差点のすぐ近くやトンネル内などはダメ)。ただし、交付された本人が乗り、駐車する場合はこの標章を、そこに記された登録番号が車外からでも確認できる場所に置かなければならない。
 この標章を親族などが悪用するケースは以前から見られるが、近年、急増しているともいわれ、「神戸新聞」は今年8月8日記事でその旨の記事を掲載している。
 そうかと思えば偽造のケースもある。この8月27日にも、愛知県警が偽造有印公文書行使容疑で男(67)を逮捕したが、複数の紙を張り合わしていたというからこのケースは自分で偽造した可能性が高いようだ。
 しかし、最近、この標章が目立つのは、暴力団関係者が精巧なものを偽造して売り捌いている結果と見る向きもある。

閲覧数 (146013)
  • 2014/09/06
  • 執筆者: Yamaoka (8:58 pm)

組幹部ら逮捕ーーASKAのクスリ供給元に迫る警視庁

カテゴリ: 右翼・暴力団
 警視庁組織犯罪対策5課は8月21日までに、ASKA被告(=冒頭写真。本名・宮崎重明。56)に合成麻薬MDMAを譲り渡していたとして、住吉会系組幹部・安成貴彦容疑者(47)と、無職・柳生雅由容疑者(64)を麻薬取締法違反(営利目的譲渡)で逮捕したのはご存知の通り。
 今年3月24日、ASKA被告の自宅車庫で、柳生容疑者はMDMA100錠を50万円で販売。安成容疑者は、その柳生容疑者にMDMA100錠を卸していた容疑だ。
 柳生容疑者はASKA被告とは20年以上前からの付き合いで、組対5課は同様のル−トで覚せい剤も販売していたと見ている。また、ASKA被告は別ルートでも入手していたと見てそちらの捜査を進めている模様だ。
 こうしたなか、一部関係者の間でASKA被告は大丈夫かと囁かれている。覚せい剤等の使用容疑の件(検察は懲役3年求刑。9月12日判決)に関してではない。入手ルートの一部が明らかになり、暴力団幹部が逮捕されたことに関してだ。

閲覧数 (144044)
  • 2014/07/28
  • 執筆者: Yamaoka (3:51 pm)

<ミニ情報>弘道会系風俗店「ブルー」グループ、8億7000万円所属隠し

カテゴリ: 右翼・暴力団
 大手マスコミが昨7月27日、一斉に報じたように、指定暴力団「山口組」系弘道会の資金源として当局が徹底追及している、風俗店グループ「ブルー」(名古屋市)の7社(ファッションヘルス11店を経営)などに対し、名古屋国税局が計約8億7000万円の所得隠しを指摘していたことがわかったという。
 女性従業員のサービス料などの一部を除外。偽の帳簿を付けて税務申告する手口だったという。2013年決算期までの6年間で、追徴税額は重加算税や地方税を含め約4億円。すでに7社は修正申告済とのこと。

閲覧数 (181640)
  • 2014/07/23
  • 執筆者: Yamaoka (2:03 am)

「クレアHD」オーナーと「松魂塾」塾長との蜜月関係を物語る「契約書」

カテゴリ: 右翼・暴力団
 本紙は、住宅関連会社「クレアホールディングス」(旧東邦グローバルアソシエイツ。1757。東証2部。東京都港区)の実質オーナー・松崎弘和氏と、右翼団体「松魂塾」(東京都新宿区)の直隆志塾長がかつて蜜月関係にあったことを物語る「契約書」を入手した(以下に転載)。
 松崎氏と直塾長といえば、本紙でも既報の恐喝事件が思い出される。この事件だけ見れば、松崎氏は被害者で、直塾長は加害者。だが、本紙が入手した契約書は両者がかつて蜜月関係にあっただけでなく、そもそも松崎氏がクレアHDオーナーになれたのは直塾長の尽力あってのことだったことが伺える。先の恐喝事件も、元を質せばその際の謝礼を要求したもので、直塾長を恐喝で逮捕したものの結局、不起訴になったのも、そうした事情が関係していると思われる。
 松崎氏といえば、最近は「インスパイアー」(2724。JQ,東京都中央区)に対し破産申立した(棄却に)「合同会社エコ」の代表、さらに「ソーシャル・エコロジー・プロジェクト」(6819。JQ。東京都港区)絡みでも登場しているだけに、なおさら注目されるだろう。
(冒頭写真=「産経」13年4月24日記事)

閲覧数 (172062)
  • 2014/07/20
  • 執筆者: Yamaoka (10:57 pm)

山口組がHPで一般人向け(英語版も)に情報発信!? (2)

カテゴリ: 右翼・暴力団
 本紙では今年2月、「山口組」が一般人向けのHPといっていいものを開設していることを報じている
 暴力団排除条例の規制強化などがなされ、いまやヤクザは銀行口座さえ持てず、人権侵害との指摘もされているなか、山口組もいいことをやっているんだとアピールする目的もあってのことのようだ。
「麻薬追放国土浄化同盟」というHPがそれだが、いまはもうアクセス出来なっている。
 ところが、現在、「任侠道」なるHPが立ち上げられ、これがその替わりのものであるようだ。その証拠に、そこには「麻薬追放国土浄化同盟」(準備中で閲覧不可)のHPなどもリンクされているし、昨年の司忍六代目も登場する山口組の初詣、持ちつき大会、また今年1月に大阪・西成で行った炊き出し、河川清掃などの映像も掲載されているからだ。
 さらに「任侠道」の本体など一部は英語版で見ることもできる。

閲覧数 (161636)
  • 2014/07/02
  • 執筆者: Yamaoka (1:07 am)

<記事紹介>「『反社』の土地を購入した志摩市長の“政治感覚”」(『サンデー毎日』7月13日号)

カテゴリ: 右翼・暴力団
 現在、発売中の『サンデー毎日』の「反社」関連記事が、当局筋や事件記者などの間でちょっとした話題になっている。
「反社」への締め付けがものすごく厳しくなっている昨今、あろうことか、現役の三重県志摩市(人口約6万人)の大口秀和市長(冒頭写真。63。無所属)が、今年5月、元山口組系組長(80)の所有していた3階建て鉄筋ビルを自宅用に購入したという内容だ。
 さすがに、前所有者は現役ではない。元であり、それも大口市長によれば相当前に引退しているという。
 しかし、最初に市長の親戚筋が同物件を購入しようと銀行に融資を申し込んだところ、「警察のリストにも」あるということで融資を受けれなかったというし、この件を告発した上村秀行市議(無所属)の元に無言電話がかかってきたり、大口市長本人から同市議に「元山口組のナンバー8の○○さん(元組長)が『上村という議員はどんな男なんや』と私に聞いてきた」と脅迫めいた電話をかけて来たという。
 これらが事実なら、話は違って来るのではないか。

閲覧数 (163845)
  • 2014/06/15
  • 執筆者: Yamaoka (5:20 pm)

「反社」対策!? 認定NPO法人の寄付金控除の見直し

カテゴリ: 右翼・暴力団
 認定NPO法人の寄付金控除が認められなくなる可能性がある。
 昨年12月12日に出た14年度税制改正大綱で税額控除制度の再検討が打ち出されていることに加え、今年4月、政府税制調査会は「租税特別措置法」見直しの方向性を打ち出し、認定NPO法人の税制優遇措置である「みなし寄付金」と「企業の寄付金損金算入特別枠」の2つも対象に上げられているからだ。
 NPO法(特定非営利活動促進法)は1998年に成立した。
 阪神・淡路大震災(95年1月)におけるたくさんのボランティア学生の献身的な活動を見て、河村たかし代議士(当時)が、「学生の労力を日当に換算し寄付金と見做し、その親の税金を控除しろ」と発案したようだ。
 例えば、認定NPO法人に年間5万円寄付した場合、寄付額から2000円引いた額の4割、つまり1万9200円の所得税が年末調整で戻って来る。
 また、相続した財産を相続人が認定NPO法人に寄付すると、寄付した財産は非課税になる。
 企業が認定NPO法人に寄付した場合も、一定金額まで損金として処理出来、それは大企業となればかなりの額までOKだ。

閲覧数 (156351)
  • 2014/05/31
  • 執筆者: Yamaoka (1:07 am)

弘道会「風俗王」・佐藤義徳に新たに実刑8月の一審判決

カテゴリ: 右翼・暴力団
 昨5月30日、名古屋地裁で、名古屋市の風俗店「ブルーグループ」代表・佐藤義徳被告(=冒頭写真。56)に対する、愛知県警の警官に内部情報を漏らすように依頼した地方公務員法違反(唆し)容疑の判決があり、実刑8月(検察側求刑は1年)が言い渡された。
 佐藤被告は12年8月、当時、交際していた女性から「見知らぬ車に尾行されている」といわれ、知り合いの県警捜査一課・倉木勝典警部(56。当時。懲戒免職。現在、同罪で公判中)に調査を依頼。車の所有者名や住所を漏らさせたとされる。

閲覧数 (196081)
  • 2014/04/27
  • 執筆者: Yamaoka (1:40 am)

“最後のフィクサー”朝堂院大覚氏から本紙・山岡に「警告」電話

カテゴリ: 右翼・暴力団
 昨日午後6時過ぎ、登録外の電話番号に誰かと思って本紙・山岡が携帯電話に出てみると、“最後のフィクサー”ともいわれる朝堂院大覚(松浦良右)氏だった(冒頭写真は朝堂院氏の著書。11年3月刊)。
 何事かと思ったら、例のダミ声で「ワシが逮捕されるんだって!?」旨、いう。
 本紙で4月13日に<新連載 芸能ミニ情報>5回目として配信した「芸能界の闇を告発する朝堂院大覚氏に逮捕説」のことを怒っているのだと思って、言い逃れするわけではないが、あれは『週刊現代』の記事を紹介したもので、そういう説があるとのことで断定しているわけではないといったのだが、朝堂院氏は「逮捕されると書いた」旨いって詰問口調。そこで何なら本紙と『週刊現代』記事をファックスなりするから、まずそれを読んでから判断して欲しい旨いったところ、朝堂院氏は「忙しいから読む暇がない」という。

閲覧数 (119471)
« 1 ... 4 5 6 (7) 8 9 10 ... 20 »
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (130)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 11月  »  »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
(1) 2 3 4 ... 8 »