お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2006/07/24
  • 執筆者: Yamaoka (4:30 pm)

「極楽」山本、淫行騒動ーー週刊誌は「反社会的勢力説」で裏取り中

カテゴリ: 芸能・アイドル
 6月16?17日深夜、お笑いコンビ「極楽トンボ」山本圭一(38)は、欽ちゃん率いる「茨城GG」の試合のために函館にいたが、ビジネスホテルで未成年女性に酒を飲ませた上、暴行した疑いで函館西署の事情聴取を受け、18日、所属の吉本興業は即刻、解雇したのは既報の通り。
 もちろん、相手女性は17歳だったことから、両者「合意」の上でも、北海道青少年保護育成(淫行)条例違反(懲役1年以下もしくは50万円以下の罰金)になる。だが、少女側は18歳と年齢を偽っていたとの説もあり、それを山本が本当に信じていたとすれば即刻解雇、「事件については何も申し上げれない」との吉本側の対応は冷た過ぎ、不可解との見方もある。
 実は吉本の記者会見の場でも、「反社会的勢力が(女性の背後に)関与していると聞いたが」との質問が飛んだように、この説、まったくのデタラメとは言えないようなのだ。
 さる事情通が打ち明ける。
「私の取材では、山本は18歳以上だと信じていたし、両者『合意』だったはず。だがら、女性ファンの間でも同情論はかなりある。吉本興業に対し、そうした女性ファンから、“なぜ、(即刻)解雇したの!”とかなりの抗議の電話が寄せられています」
 大手マスコミの既報道とは、かなり事情は違うようなのだ。
 では、「反社会的勢力説」については?
(写真左は後日=7月28日発売の『週刊新潮』広告)

閲覧数 (25065)
  • 2006/06/29
  • 執筆者: Yamaoka (2:10 pm)

菱和ライフ前社長と女優Kとの写真が関係者の間で話題に

カテゴリ: 芸能・アイドル
 不動産会社「菱和ライフクリエイト」の西岡進前社長といえば、広域暴力団・山口組系後藤組組長等と共に逮捕され、世間を騒がせたのはご存じの通り。
 東証2部の現役社長が反社会勢力の大物組長と共犯関係にあったとの容疑では、いくら創業者でも社長を続けられるわけがなく事件後辞任、もっとも現在も同社株式18・4%を所有する筆頭株主だ。

閲覧数 (22625)
  • 2006/02/10
  • 執筆者: Yamaoka (3:10 am)

ダイナシティ所有不動産の債権者に、なぜかビーイング・グループ系企業が登場

カテゴリ: 芸能・アイドル
●六本木3丁目の2棟は、現在もダイナシティが所有

 本紙は2月8日の「グループ傘下企業は、ライブドアとの提携解消で再生できるのか?」タイトル記事のなかで、実例としてダイナシティを取り上げている。
 東京都中央区銀座8丁目のビルに、ライブドアファイナンスによって100億円もの根抵当権設定請求権仮登記が付けられていたことも触れているが、実はこの仮登記、港区六本木3丁目の2棟のビルにも設定されていた。ちなみに、ライブドアファイナンスといえば、つい最近、ライブドア本体へ毎月7000万円の黒字付け替えが行われていたことが判明したと報道された
 ただし、こちらの2棟のビルはいま現在もダイナシティが所有している(購入したのは05年4月)。つまり、こちらの分の売却益はまだダイナシティに入ってないはず。仮に根抵当額に匹敵する借入をダイナシティがしていたとして、それにも拘わらず、なぜ仮登記を外せたのか不可解だ。
 不可解なのは、その前に設定されていた27億円の根抵当権についても同様だ。
 この根抵当権、そもそもは複数の銀行が協調融資したものだが、05年11月、「E社」(91年4月設立)なる音楽系企業に債権譲渡されていた。そこで、どんな会社かと思って調べてみたら、わが国音楽界で一大勢力を誇るビーイング・グループ系だった。
 同グループの創業者で代表の長戸大幸氏の両親が役員に就いているし、代表は同グループの複数の役員を務めている。
閲覧数 (15887)
  • 2005/11/26
  • 執筆者: Yamaoka (5:10 pm)

某右翼団体が、館ひろしに追及宣言

カテゴリ: 芸能・アイドル
 「西部警察」等人気シリーズで知られる俳優の館ひろし(55)に対し、最近、武闘派で知られる右翼団体が徹底追及すると文書を出した模様だ。
 入手した文書等によれば、右翼団体が槍玉に挙げているのは俳優の柴田恭兵とのコンビでヒットした「あぶない刑事」のキャラクターを使ったパチンコ台を巡るトラブル。
閲覧数 (14502)
  • 2005/11/20
  • 執筆者: Yamaoka (12:00 pm)

華原朋美のファミリー企業が建設会社本社ビル買収

カテゴリ: 芸能・アイドル
 そう、1995年9月、小室哲哉プロデュースによるシングル「keep yourself alive」でデビューするや、瞬く間にミリオンセラーを記録。ドラマやCMでも活躍していたが、98年の紅白歌合戦出演を最後に休業。その後、カナダへ留学、全米進出をめざす。現在、国内でデビュー10周年コンサートを行っている。一方、趣味の乗馬も高校総体に出たほどの腕前でよく知られている。
閲覧数 (12682)
  • 2005/10/22
  • 執筆者: Yamaoka (11:50 am)

ミュージシャン岡村靖幸、覚醒剤使用で実刑判決

カテゴリ: 芸能・アイドル
 昨21日、本紙がいち早くクスリ疑惑を報じた(その後、逮捕)ミュージシャン・岡村靖幸被告(40)の一審判決が東京地裁であり、懲役1年6カ月の実刑が言い渡された。以前(03年3月)にも同罪を犯し、その執行猶予期間中だったことから、反省なしということで実刑になったようだ。
閲覧数 (13190)
  • 2005/10/16
  • 執筆者: Yamaoka (11:50 am)

超有名アイドルグループメンバー兄は改造拳銃マニア

カテゴリ: 芸能・アイドル
 最近、改造拳銃を始め銃器を使用した犯罪や愉快犯が目立っているが、こうしたなか、元超有名アイドルグループメンバー兄が改造拳銃マニアとの情報が飛び込んで来た。
 この兄、仮にA氏としておこう。
 A氏は東京都足立区内であるショップを経営している。
 一方、この元アイドルグループは3人組だった。
(写真はイメージです)

閲覧数 (11723)
  • 2005/09/11
  • 執筆者: Yamaoka (11:50 am)

某大物女性タレントがその地位を築けたのは、大阪パチンコ会社社長が1億円持参で売り込みを頼んだお陰

カテゴリ: 芸能・アイドル
 一時ほどの人気はないものの、いまもCMに複数出ているし、数年前には山のように出ていた大物女性タレントについて、こんな情報が飛び込んで来た。
「彼女を大阪のパチンコ会社社長が気に入り、1億円持参で、大手芸能プロ・バーニングの周防郁雄に売り出しを頼み込んだ。自社で売り込みとなると、タレントの卵は山のようにいるから、所属会社社長等に擦り寄らない以上、まず無理。
閲覧数 (12625)
  • 2005/09/10
  • 執筆者: Yamaoka (11:50 am)

本紙既報の覚醒剤使用“芸能人”とは岡村靖幸

カテゴリ: 芸能・アイドル
 ずいぶん古い話で恐縮だが、一報を報じた手前、報告しておきたい。
 本紙は4月9日、「某大手プロダクション所属の作詞・作曲家にクスリ疑惑浮上」というタイトル記事を報じている。
 さらに5月9日、「大物芸能人、クスリ疑惑続報」を報じている。
閲覧数 (12227)
  • 2005/07/09
  • 執筆者: Yamaoka (3:10 pm)

藤岡弘氏、詐欺師(?)に騙され自宅に2億円抵当権設定され訴訟に

カテゴリ: 芸能・アイドル
●7月11日(月)発売の『週刊ポスト』が報道の模様

 『仮面ライダー』で有名な俳優兼武道家の藤岡弘氏が、東京都世田谷区野毛の自宅に、融資実態がないにも拘わらず2億円もの抵当権を設定されさとして、裁判沙汰になっているという。
閲覧数 (11819)
  • 2005/05/09
  • 執筆者: Yamaoka (11:40 am)

大物芸能人、クスリ疑惑続報

カテゴリ: 芸能・アイドル
 本紙は4月9日、「某大手プロダクション所属の作詞・作曲家にクスリ疑惑浮上」なる記事を報じたが、その後、新事実が判明したので報告しておく。
 まず一つは、この大物芸能人A以外に、もう1人、疑惑の芸能関係者が出て来ている事実。
 彼を仮に、Bとしておこう。
閲覧数 (13634)
  • 2005/04/10
  • 執筆者: Yamaoka (11:10 am)

ガッツ石松オーナーのふぐ料理屋は、本当に大丈夫か?

カテゴリ: 芸能・アイドル
●表向き、トラブル人物とは無関係のようだが……

本紙は3月29日、「元有名ボクサーの共同経営者に、結婚詐欺疑惑」なる記事を報じた。
 この件に関し、明日(4月11日)発売の『週刊大衆』が記事にしている。
 そう、そこに登場するように、本紙が報じた「元有名ボクサー」とはガッツ石松のことなのだ。
閲覧数 (14057)
  • 2005/04/09
  • 執筆者: Yamaoka (11:10 am)

某大手プロダクション所属の作詞・作曲家にクスリ疑惑浮上

カテゴリ: 芸能・アイドル
 某大手プロダクション所属の作詞・作曲家がいよいよピンチだという。
  数日前、都内某繁華街で捜査員に呼び止められ、署に連行され、尿検査を受けるように勧められた。
  ブツが出ないにも拘わらず、こうしたことをされたということは、よほど確かな筋から信頼できる情報を得ているからと思われる。以前からマーク、尾行されていたと考えていいだろう。
閲覧数 (14845)
  • 2005/03/29
  • 執筆者: Yamaoka (11:10 am)

元有名ボクサーの共同経営者に、結婚詐欺疑惑

カテゴリ: 芸能・アイドル
●女性は近く詐欺罪で告訴予定

 元有名ボクサーが、最近、知人と一緒に東京都港区内にお店をオープン。テレビ番組でも何度も取り上げられ、そのお店は話題になっている。
 ところが、そのお店の共同経営者に対し、つきあっていた女性が、結婚をエサに巨額資金を騙し取られたとして、近く警視庁に刑事告訴する模様だ。
閲覧数 (11383)
  • 2005/01/28
  • 執筆者: Yamaoka (4:40 pm)

杉田かおるのお相手・鮎川純太氏が仕事でトラブル?

カテゴリ: 芸能・アイドル
●ジャック・ホールディングスの第三者割当増資巡り 

 本紙は05年1月15日、「女優・杉田かおると結婚した日産コンツェルン御曹司の評判」なる記事を報じた
 その際、佐藤栄作元首相の孫と「日産ダイレクトサービス」なる会社を設立したものの、親の7光でやって来ているため、実力なく、経営破綻。佐藤邸の売却の1つの要因になっている可能性を、佐藤邸の不動産登記簿も掲載して問題提起した。
 その後、本紙は鮎川純太氏が、中古車買い取り大手「ジャック・ホールディングス」(東証2部上場)の取締役に就任している事実を知った。
 関係者によれば、役員に就くことになったのは、昨04年11月19日に払い込みが完了したとされる、ジャック社の第3者割当増資(総額約50億円)の大半を、鮎川氏が社長を務めるベンチャー企業向け投資会社「テクノベンチャー」が引き受けたことから。
 そのため、同社は「テクノ・ソリューション・パートナーズ投資事業組合」なる事業組合を設立。結果、同事業組合がジャック社株の実に41・3%を握る筆頭株主に躍り出た。

閲覧数 (21698)
  • 2005/01/21
  • 執筆者: Yamaoka (4:30 pm)

吉本興業・林裕章会長死去で、吹き出しそうな創業家ファミリー疑惑

カテゴリ: 芸能・アイドル

●吉本興業と林ファミリー企業との関係

 吉本興業の林裕章会長(62)が年明け早々の1月3日、肺がんで死去したのはご存じの通り。
 林会長はバブル時代、多角化を図って来た吉本興業の経営方針を改め、本業のお笑い強化を図り、それが吉本興業の発展に大きく寄与したとの見方が大勢で、その評価は高い。また、さっぱりした性格で、人望もあったようだ。
 だが、林会長の死去と共に、社内と周辺から、創業家・林ファミリーに対する見方が厳しくなっているという。
 林会長は、林ファミリーといっても、今日の「吉本王国」を築いた故・林正之助元吉本興業会長の娘婿、要するに婿養子。関係者によれば、未亡人になったマサ夫人の尻に敷かれ放しだったという。
 その林ファミリーは、東証1部に上場したいまも吉本興業に対し大きな力を持っている。
 吉本興業の筆頭株主は「大成土地」(10・01%)。その他、大株主に「大成建設」の名もある。
 これだけ見ると、「大成土地」もスーパー・ゼネコン・大成建設の関連会社と思われるかも知れないがそれは間違い。実は林ファミリー企業なのだ。
 なぜ、こんな名前になったのかは不明だが、正之助会長が91年4月に亡くなった際、裕章会長夫婦と孫の3人に総額32億円の相続税が発生。その大半が「大成土地」名義で持っていた吉本興業株で、「株は持ち続けろ」という元会長の遺言に従ったことから、現金化できず、ローンを組んで相続税を払うことにしたことでも明らか。
 その「大成土地」は吉本興業の関連会社(約24%所有)でもあり、正之助元会長は亡くなるまで同社代表も務めていたし、現在も一族で、吉本興業の取締役相談役(元専務)を務める林英之氏が代表を務めている。
 今回、漏れ伝わって来た疑惑の1つは、この「大成土地」は吉本興業の不動産の多くを所有しているのだが、そのビル内にパチンコやラブホテルを経営する林ファミリー企業が優先的に入居するなど、吉本興業と林ファミリー企業の公私混同ぶりに関することだ。

●林ファミリーと関西広域暴力団との関係

 また、マサ未亡人は、現在、吉本興業で制作営業統括本部次長を務める息子の正樹氏(33)を近い将来、社長に据えたい野望があるといわれるが、先のような公私混同ぶり、また、未亡人のとかく傲慢な態度も災いしてか、社内ではこの動きに対して大きな反発があるともいわれる。
 さらに、こんな情報も出て来ている。

閲覧数 (23840)
  • 2005/01/15
  • 執筆者: Yamaoka (4:20 pm)

女優・杉田かおると結婚した日産コンツェルン御曹司の評判

カテゴリ: 芸能・アイドル

●佐藤栄作元首相の孫と会社経営 

 ヒット曲『鳥の歌』をリリースし、最近は“負け犬”キャラで売り出している杉田かおる(40)が、日産コンツェルンを築きあげた鮎川義介氏の孫で、ベンチャー企業向け投資会社社長の鮎川純太氏(44)と結婚したとかで、この数日、芸能マスコミがまたまた“超玉の輿”とかいってバカ騒ぎしているようだ。
 本紙は芸能人が誰と結婚しようが、基本的にまったく興味がない。
 そんな報道をする暇があるなら、もっと公益性ある問題を足で稼げというのが本紙のスタンスだ。
 だが、たまたまこの純太氏が役員に名を連ねる会社について取材したことがあったので、触れることにした。
 その会社とは、「日産ダイレクトサービス」(冒頭の写真はその会社謄本)。
 そこに名の見える共同代表の一人、佐藤栄治氏は佐藤栄作元首相の孫である。
 この謄本を挙げたのは、約8年半前。
 いまは休刊している『噂の真相』で、有名政財界人のバカ2世、3世について記事を書くためだった。
 純太氏の知り合いが証言する。
「遊び仲間の佐藤元首相の孫を担ぎ、親のコネを使って立ち上げた会社。わざわざ、社名に“日産”を入れているのがその証拠。現在社長を務める『テクノベンチャー』は一族会社で、要するに、これまでことごとく“親の七光”でやって来たのが実態。その証拠に、父親は彼にテクノの社長を継がせた時、不安だってのでお目付け役を会長に置いた。ところが、彼は勝手にその会長のクビを切り、“明日から来なくていいよ”ですからね。亡くなった父親は本当にいい方でしたが、彼の行く末を案じていた感じでした」
閲覧数 (23991)
« 1 ... 9 10 11 (12)
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (130)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 12月  »  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
(1) 2 3 4 ... 8 »