お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2014/07/03
  • 執筆者: Yamaoka (6:14 pm)

<お知らせ>劇団チャリT公演「それは秘密です。」(7月24日〜8月6日)

カテゴリ: お知らせ
 昨年12月に成立した「特定秘密保護法」の施行が迫る中、実にタイムリーな芝居が登場した。「それは秘密です。」という演目の“ドタバタ茶番狂騒劇”。
 キャッチコピーからして笑いを誘う。「ある日突然逮捕されました。『容疑』は秘密だそうです。なぜ逮捕されたのか、まったく心当たりがない。どうやら『国家の重大秘密』に触れてしまったらしいが、その『秘密』が何なのかが『秘密』ゆえにさっぱり分からない」。
 伏字だらけのチラシ(左上)は、まるで戦前、内務省の検閲を受けた発行物そっくり。しかし秘密保護法の施行後は、そんな大昔のことではなくなる。
 なお8月2日(土)、19時からの公演終了後、フリージャーナリストで「秘密保護法意見訴訟」原告の寺澤有氏が、本作の作・演出を担当した楢原拓氏とトークセッションをおこなう予定。
 本公演について、詳しくはこちら
閲覧数 (144677)
  • 2014/06/24
  • 執筆者: Yamaoka (10:20 am)

<お知らせ>明日25日開廷の「フリーランス表現者による秘密保護法違憲訴訟」傍聴は抽選になりました

カテゴリ: お知らせ
 本紙・山岡も原告に名を連ねている「フリーランス表現者による秘密保護法違憲訴訟」第1回口頭弁論は明日6月25日(水)、東京地裁(民事第38部)で開かれるが、傍聴希望者多数のため抽選となった。
 傍聴を希望する方は午前10時40分までに、裁判所正面入り口右側の交付所に来てほしい。抽選で当たった方が、11時から第803号法廷で傍聴できる。
 フリー記者ら43名が国を相手取り、秘密保護法の廃止を求めていくこの訴訟。今回は寺澤有氏、於保清見氏、丸田潔氏、安田浩一氏の4人のジャーナリストが意見陳述をする。いずれも原発問題や警察の不正、在特会ら社会の闇を追ってきた方々だ。国にとって不都合なこうした取材活動が制限されてしまえば、結局は国民が不利益を被ることになる。
 ぜひ多くの方に注目してほしい。傍聴席(52人収容)を埋め尽くして、東京地裁に公正な審理をするよう求めていきたい。
 なお訴訟終了後、東京地裁隣の弁護士会館で、報告会が開かれます。傍聴できなかった方はこちらへ。どなたでも参加できる(東京弁護士会502会議室。11時開場。11時30分〜13時00分)。
閲覧数 (139928)
  • 2014/06/22
  • 執筆者: Yamaoka (1:30 pm)

<お知らせ>6月23日、本紙ウェブサイトがリニューアルオープンします!

カテゴリ: お知らせ
 本紙アクセスジャーナルを購読いただき、誠にありがとうございます。
 さて本サイトは、来る6月23日(月)、全面的にリニューアルオープンする予定です。
 これまで購読者の皆様からは、「アクセスに時間がかかる」「クレジット決済がうまくいかない」等の苦情が寄せられてきました。新しいサイトではこうした問題が解消されると共に、より読みやすく、利用しやすいサイトに生まれ変わります!(これまでの半年、1年に加え、個別記事の購読もできるようになります)。
 さて、その作業に伴い、恐縮ですが、6月20日(金)20:00〜23日(月)9:00までの間、有料会員への登録を停止させて頂きます。
 そのため、継続購読を頂けるお客様には、銀行振り込みの場合は20日(金)15:00まで、クレジット・ウェヴマネーの場合は同日20:00までに、お支払いくださるようお勧め致します。
閲覧数 (145650)
  • 2014/06/20
  • 執筆者: Yamaoka (5:52 pm)

<お知らせ>6月25日「フリーランス表現者による秘密保護法違憲訴訟」の傍聴を呼びかけます

カテゴリ: お知らせ
 本紙・山岡も原告に名を連ねている「フリーランス表現者による秘密保護法違憲訴訟」第1回口頭弁論が来る6月25日(水)、東京地裁で開かれる。フリー記者ら43名が国を相手取り、秘密保護法の廃止を求める訴訟の開始だ(ビラはこちら。左写真は東京新聞3月29日付記事)。
 日時:6月25日(水)午前11時開始
 場所:東京地方裁判所・第803号法廷
 秘密保護法に関しては6月19日、「情報監視審査会」を衆参両院に新設する国会法改正案が参院で審議入りした。これで政府が恣意的に秘密指定していないか国会がチェックできると言うが、審査会には何の強制力もない。
 集団的自衛権の行使容認の閣議決定が迫っており、安倍内閣は日本を「戦争をする国」に強引に転換させようとしている。秘密保護法もその流れにあるといえるだろう。一人でも多くの方が本訴訟に注目してほしい。裁判の傍聴もよろしくお願いします。
 なお訴訟終了後、東京地裁隣の弁護士会館で、報告会が開かれます。こちらもどなたでも参加できます(東京弁護士会502会議室。11時30分?13時00分。11時00分、開場)。
閲覧数 (132189)
  • 2014/06/11
  • 執筆者: Yamaoka (5:30 pm)

<お知らせ>「ASKA逮捕とパソナの深い闇、AKB48握手会襲撃事件」等――「アクセスTV」第17回目放送分がオンデマンド中

カテゴリ: お知らせ
 月例の「アクセスTV」第17回目の生放送は、6月6日(金)午後、予定通り行いました。
 ゲストの須藤甚一郎氏(芸能レポーター。目黒区議)、常連の渡邉正次郎氏と本紙・山岡の計3人で約1時間。すでにオンデマンドになっています。
 ココをクリックすれば(→ユーストリームユーチューブ)、無料でご覧頂けます。
 ASKAが覚せい剤使用で逮捕されましたが、その背景事情(プロダクション問題)を山岡が解説。須藤氏は今回の一件で、「仁風林」を接待所に利用して政界、防衛省にも食い込んだパソナは「利益誘導をはかった典型例」と喝破。
さらに渡邉氏はパソナ会長の竹中平蔵氏こそ「派遣労働者の生き血を吸っている。女衒と同じ」と徹底批判。

閲覧数 (140176)
  • 2014/06/03
  • 執筆者: Yamaoka (1:53 pm)

<お知らせ>6月6日(金)〜10日(火)、銀行振り込みによる有料会員登録業務をお休みします

カテゴリ: お知らせ
 いつもアクセスジャーナルを購読いただき、誠にありがとうございます。
 直前のお知らせですが、担当者が所用のため、6月6日(金)〜10日(火)の5日間、会員サポート業務(銀行振り込みによる有料会員登録や、お問い合わせ対応など)をお休みさせていただくことになりました。クレジット決済は通常通り可能です。
 また、記事の配信も通常通りです。
 銀行振り込みのお客様は、6月5日(木)15:00までにお済ませ下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。
閲覧数 (163561)
  • 2014/03/30
  • 執筆者: Yamaoka (11:56 pm)

<お知らせ>本紙記事カウント数基準を変更しました

カテゴリ: お知らせ
 本紙では、これまで各記事の右下にあるカウント(閲覧)数につき、有料会員が有料記事部分を閲覧した際だけを基準としていました。
 しかし、それだとカウント数がひじょうに制限されることから、「ほとんど読まれていないのではないか!?」といった感想を最近、複数の方から聞かされました。
 そこで、これを機会に、閲覧の有無だけでいえば、もっと実態を反映する、「誰でも各記事にアクセスした場合」(無料部分だけも含む)に基準を変更しました。
 カウント数が、トップページで閲覧できる最新記事につき、急増しているのはこのためです。
閲覧数 (93068)
  • 2014/03/10
  • 執筆者: Yamaoka (5:25 pm)

<お知らせ>3月15日、フリーライターが特定秘密保護法の差止訴訟を呼びかけ集会開催

カテゴリ: お知らせ
 多くの市民の抗議の声を無視して昨年末、自民党が強行成立させた特定秘密保護法だが、その施行を前にして、フリーライターの立場からその施行差止めを求める訴訟が提起されようとしている。
 本紙編集長・山岡俊介の盟友とも言える寺澤有氏(47)が中心となり、3月28日の提訴を予定している。その原告への参加を広く呼びかけるため、3月15日午後2時より、東京都豊島区の「雑司が谷地域文化創造館」で集会を開くことになった。
 フリーライターがいま新たに提訴を行なう理由は、同法が「報道の業務に従事する者の取材行為は・・・正当な業務」としているものの、その「従事者」には記者クラブに所属しないフリーライターは含まれるのかどうか、まったく不透明だからだ。
 大手マスコミが追及しない(できない)政治家や警察、自衛隊等への取材は「特定秘密」に触れる「違法な取材」とされ、処罰されることも大いにありうる。だから、本紙・山岡も原告に加わることにした。
 15日の集会はライターだけでなく、誰でも参加できる。詳細についてのお問い合わせは、寺澤氏本人にお願いします。

寺澤氏のメールアドレス yu-yu-yu@da2.so-net.ne.jp
閲覧数 (26873)
  • 2014/03/03
  • 執筆者: Yamaoka (5:23 pm)

<お知らせ>「脱税タレント」を迎える民放、籾井会長発言と知られざるNHK体質等、「アクセスTV」第14回目放送分がオンデマンド中

カテゴリ: お知らせ
 月例の「アクセスTV」第14回目の生放送は、3月1日(土)午後3時から予定通り行いました。
 ゲストの須藤甚一郎氏(芸能レポーター。目黒区議)を迎え、渡辺正次郎氏と本紙・山岡の計3人で約1時間やり、すでにオンデマンドになっています。
 ココをクリックすれば(→ユーストリーム用ユーチューブ用)、無料でみれます。

閲覧数 (25977)
  • 2014/02/26
  • 執筆者: Yamaoka (1:58 pm)

<お知らせ> 「アクセスTV」第14回は3月1日午後3時から――東電の料金値上げ、中国へのODA問題、尊厳死法案など

カテゴリ: お知らせ
 月例の「アクセスTV」第14回目の生放送は、3月1日(土)午後3時から行います。
 前回に引き続き、ゲストに須藤甚一郎氏(芸能レポーター。目黒区議)を迎えて、須藤氏、常連の渡辺正次郎氏と本紙・山岡の3人でおこないます。
 予定テーマのひとつが「東電の料金値上げ」です。大量放射能漏れ事故の責任が一切問われなかった東電ですが、電気料金を値上げして昨年の上半期決算は黒字に。こうしたなか、東電から某政治家への資金提供疑惑も・・・。(*ココをクリックすれば無料でみれます)


閲覧数 (28482)
  • 2014/02/13
  • 執筆者: Yamaoka (2:26 pm)

<お知らせ>2月21日「反ザイトク施策・大阪府門真市研修会」

カテゴリ: お知らせ
 「朝鮮人をたたき出せ!」等、街頭でヘイトスピーチを繰り返す在特会(在日特権を許さない市民の会)については、昨年からようやくマスコミも報道し、国会でも有田芳生議員らが取り上げるなど社会問題化してきたところだ。
 このたび大阪府門真市議員の戸田ひさよし氏が、自治体研修会としては初めて在特会規制の研修会を行なうとの知らせが届いたので、紹介しておく。
 戸田氏は、本紙連載の「山口組弘道会元幹部・府警・地検の癒着疑惑を追う」でも情報提供等でお世話になった方。在特会と裁判闘争をたたかっている稀有な地方議員だ。
 2月21日(金)午後2時より、門真市役所内で開かれる研修のタイトルは「自治体行政におけるヘイトスピーチ勢力への規制」で、門真市教育委員会からの行政としての報告と、金尚均教授(龍谷大法科大学院)によるヘイトスピーチに関する講演等で構成される。
 参加には事前申し込みが必要。詳細はこちらをご覧ください。
閲覧数 (25608)
  • 2014/02/03
  • 執筆者: Yamaoka (1:33 pm)

<お知らせ>記事を休載しております

カテゴリ: お知らせ
 ただいま本紙編集長・山岡は、高熱のため仕事ができない状態です。
 そこでたいへん申し訳ございませんが、本日(2月3日)まで記事を休載させてください。
 購読者の皆様には誠にご迷惑をおかけしますが、何卒お許しください。(スタッフ)
閲覧数 (25153)
  • 2014/01/31
  • 執筆者: Yamaoka (6:30 am)

<お知らせ>クレジット決済システムが完全回復しました

カテゴリ: お知らせ
 いつもアクセスジャーナルを購読いただき、誠にありがとうございます。
 最近、弊社クレジット決済システムに不具合が生じ、お客様にはたいへんご迷惑をおかけしました。
 このたび完全に回復し、正常に機能しておりますので、どうぞ安心してご利用ください。
閲覧数 (26866)
  • 2013/12/24
  • 執筆者: Yamaoka (3:22 pm)

<お知らせ>年末・年始の業務について

カテゴリ: お知らせ
 本年も本紙をご覧いただき、誠にありがとうございました。深くお礼申し上げます。新年もご購読を何卒よろしくお願い申し上げます。
 さて12月28日(土)?1月2日(木)、会員サポート業務の一部(銀行振り込みによる有料会員登録や、お問い合わせなど)をお休みさせていただきます。再開は1月3日(金)からとなります。
 記事配信につきましては、12月28日(土)?1月5日(日)の間、お休みさせていただきます。ただし、速報性のある記事はその期間も適時、配信いたします。
 
 アクセスジャーナルサポート係
閲覧数 (27051)

<お知らせ>高橋玄監督作品『ゼウスの法廷』が来年公開

カテゴリ: お知らせ
 警察組織が持つ犯罪性とその腐敗ぶりを暴きだした点で、邦画では唯一無比とも言える映画作品『ポチの告白』(2005年製作)。同映画の監督・高橋玄氏が、今度は日本の「司法」に挑んだ。来年3月8日公開の『ゼウスの法廷』だ。
 ストーリーを紹介しよう。「地方公務員の中村恵(小島聖)が若きエリート判事・加納と婚約したが、一般社会とかけ離れた裁判官の生活に不安を抱いた恵は、同窓会で再会した大学時代の恋人・山岡と密会を重ねるようになる。しかし、ある日、事故で山岡を死なせてしまった恵が重過失致死罪で起訴される。加納は裁判所の反対を押し切り、自らの元婚約者を裁く裁判の担当判事を志願し、日本の司法を揺るがす前代未聞の裁判が開廷された。果たして判決は!?」というもの(「ゼウスの法廷」ホームページより)。
 法廷が舞台の映画は珍しくないが、そこは社会派の高橋監督。ラブストーリーを絡めながら、司法界の矛盾、問題点をどう抉り出すのか。公開が楽しみな作品である。
閲覧数 (23588)
  • 2013/11/15
  • 執筆者: Yamaoka (3:40 pm)

<お知らせ>11月24日に緊急対談「情報統制・国民監視時代の生き方」

カテゴリ: お知らせ
 安倍政権が今国会成立をめざしている「特定秘密保護法案」。特定秘密なるものの規定の曖昧さから、“何が秘密かも秘密”となり、民主主義そのものに反するのではないか、と不安視する声が高まっている。ここにきてようやくマスコミや著名ジャーナリストも反対の論陣を張り出した。
 こうしたなか本紙・山岡(上写真右)は、警察や記者クラブ批判で御馴染みのジャーナリスト・寺澤有氏(上写真左)と来る24日、緊急対談をおこなうことにした。秘密保護法の恐るべき内容。成立したら「報道の自由」はどうなるか。さらに、記者クラブ制度の弊害や警察の動向もあわせて追及する。

■日時:11月24日(日)、18:00?20:00(受付開始17:45)
■会場:「ありがTO Cafe &Bar」(東京都中央区日本橋兜町7-15 ISEビル1F。茅場町駅11番出入口徒歩1分・日本橋駅D2出入口徒歩3分)
■会費:1,500円
■主催:株式会社マーベルバリエーション80

参加申し込み方法・企画詳細は下記のサイトをご覧ください。
http://www.mabell.biz/jyoho.html
閲覧数 (24297)
  • 2013/11/10
  • 執筆者: Yamaoka (11:50 pm)

<書籍紹介>『熔けるーー井川意高の懺悔録』(著者・井川意高。双葉社)

カテゴリ: お知らせ
 上告したものの棄却され、会社法違反(特別背任)で懲役4年が確定し、10月3日に東京高検に出頭。すでに同月21日から「喜連川社会復帰促進センター」(下写真。栃木県。民間企業が運営に一部参加する新型刑務所。犯罪傾向が進んでいない者を収容する)で刑に服している井川意高・「大王製紙」(3880。東証1部)前会長(49)。
 周知のように、カジノにはまり込み、総額106億円余りを大王製紙関連会社7社からカジノの負けの返済のために不正に借り入れ、内約55億円が未返済で損害を与えたとして11年11月、東京地検特捜部に逮捕され、世間を騒がせたあの御仁だ。
 騒動の渦中、井川服役囚はマスコミに一切答えなかったが、逮捕前に懺悔録を書いていた。それが本書だ。
 本書では、小さいころの家庭環境(特に大王製紙社長だった父との関係)から東大時代、大王製紙入社から社長になるまでの半生を回顧しながら、いつからなぜ、どうのように自分がカジノにのめり込んでいったのか、さらに芸能人を始めとする著名人との交遊録についても赤裸々に記している。
 登場するのは50名以上。なかには宮沢りえ、市川海老蔵、伊藤英明、二谷友里恵、堀江貴文、石元太一、さらにジャニーズのタレントや元AKBメンバーなども。

閲覧数 (24581)
  • 2013/08/12
  • 執筆者: Yamaoka (5:03 pm)

<お知らせ>本紙閲覧上の不具合について

カテゴリ: お知らせ
 現在、本紙へのログインができない、またはそもそもページを開くことができないといった重大な不具合が発生しております。ただいま復旧のため対策を急いでおります。
 原因につきましては調査中ですが、新たなサイバー攻撃の可能性が考えられるため、警視庁にも相談しております。
 読者の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、ご覧になれない場合は繰り返しログインをしていただくか、時間をおいてログインしてみてください。
 ご協力をよろしくお願い申し上げます。
閲覧数 (24582)
  • 2013/08/05
  • 執筆者: Yamaoka (4:33 pm)

<お知らせ>8月14日(水)?16日(金)、業務をお休みします

カテゴリ: お知らせ
 いつもアクセスジャーナルを購読いただき、ありがとうございます。
 直前のお知らせですが、8月14日(水)?16日(金)の3日間、記事の配信と、会員サポート業務(銀行振り込みによる有料会員登録や、お問い合わせ対応など)をお休みさせていただくことになりました。
 ただ記事の配信につきましては、緊急のネタがあればいつでも配信します。
 有料会員(銀行振り込みの場合)のお申し込みは、ぜひ12日夕方までにお済ませください。
閲覧数 (24129)
  • 2013/06/03
  • 執筆者: Yamaoka (2:54 pm)

<お知らせ>「アクセスジャーナルTV」改めて6月6日午後3時から生放送

カテゴリ: お知らせ
 6月1日に予定していた「アクセスジャーナルTV」第7回生放送は、改めまして6月6日(木)、午後3時からおこなうこととなりました。
 放送内容につきましてはこちらをご覧ください。
 PCトラブルのため放送延期となり、視聴者の皆様にはたいへんご迷惑をおかけしたことを改めてお詫び申し上げます。
閲覧数 (25116)
« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 12 »
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (128)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 9月  »  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
(1) 2 3 4 ... 8 »