お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2018/08/24
  • 執筆者: Yamaoka (10:37 pm)

「リミックスポイント」の仮想通貨子会社広告塔に就いた本田圭佑

カテゴリ: 芸能・アイドル : 著名人
 先のサッカーW杯ロシア大会第2戦セネガル選で同点ゴールを決めるなどし、日本代表の決勝進出に大いに貢献したことから、「なんだかんだ本田」と、多くのサッカーファンからの信頼を取り戻したものの、ハリルホリッジ前監督が解任されなかったら、日本代表の23人からさえ漏れていたと思われる旧エースの本田圭佑氏(32)ーー。
 その本田氏が、仮想通貨交換所を運営する、「リミックスポイント」(3825。東証2部)の子会社「ビットポイントジャパン」のイメージキャラクターに就任したのは8月20日のことだった。
 同社HPのIRによれば、金融庁からの行政処分発表などもあり、暗いニュースが印象的な仮想通貨業界だが、本田氏起用で、一般層にも認知度を広めたいという。
 しかしながら、その暗いニュースの行政処分を食らった一社にビットポイント自身も入っている。
 つい先日の6月22日、ビットポイントは4月18日の立ち入り検査の結果、マネー・ロンダリングやテロ資金供与対策、利用者保護措置、システムリスクなどの内部管理体制に問題が認められたことから、業務改善命令を出されている
 そして、実はサッカー業界関係者からも、「いい加減にして欲しい」との声が出ているのだ。

閲覧数 (298701)
  • 2018/08/09
  • 執筆者: Yamaoka (1:00 am)

<ミニ情報>本紙では“私物化疑惑”を6年以上前に指摘ーーボクシング連盟・山根明会長辞任

カテゴリ: 芸能・アイドル : 著名人
 大手マスコミ既報のように、選手への助成金不正流用、暴力団組長との交際発覚で、日本ボクシング連盟の山根明会長(78)は8月8日昼、辞任を表明した。
 もっとも、判決への不当介入などの告発を受けており、辞任したからといって問題が解決しただけではない。
 山根氏は会長に2011年4月就任。
 本紙では、そのわずか1年後、すでに今回の告発の疑惑のなかにも含まれる“連盟の私物化”に関する告発文書が出ていたことを報じている
 この件のように、本紙で先駆けて報じ、しかし大手マスコミは少なくとも世間が大きく騒ぎ出さないと無視というケースがいったいどれほどあったことか?

閲覧数 (359612)
  • 2018/08/03
  • 執筆者: Yamaoka (12:21 am)

暴力団繋がり!? 日本ボクシング連盟・山根会長と、日大・田中理事長の接点

カテゴリ: 芸能・アイドル : 著名人
 7月27日、アマチュアボクシングを統括する「日本ボクシング連盟」(JSC)内の不正などにつき、役員や元選手ら333人がJSCや日本オリンピック委員会(JOC)に告発状を提出。これを契機に、JSCのトップ・山根明(終身)会長のワンマンぶりが大手マスコミで報じられるなか、その山根会長が今年4月1日から1年間の予定で日本大学の客員教授に就任していたことが判明(ただし、まだ講義は一度もしていないという)。日大を牛じる田中英寿理事長との関係がクローズアップされ、2人の親密な関係が山根会長の力の源泉かとの見方も出ている。
 そんななか、7月31日放送の「NEWS23」(TBS系)は2人の写真(冒頭写真)を報じている。
 本紙でも既報のように、田中理事長といえば、指定暴力団始め、反社会勢力との関係が以前から指摘され、また、先の日大アメフト悪質タックル問題の最高責任者・内田正人前監督を庇い続けた御仁(7月30日、日大はようやく内田氏の懲戒解雇を決定)。
 そもそも、田中氏が庇い続けたのは、日大の常務理事でもあった内田氏と共に日大利権を漁り続けていたからで、アメフト悪質タックル問題を起こすほど内田氏が増長した責任は田中理事長にもあり、日大の経営問題にも関係するにも拘わらず、大手マスコミはこの間、なぜかアメフト問題と日大経営問題を分け、田中理事長の責任を追及して来なかった。
 今回の山根会長の問題を契機に、今度こそ田中理事長の問題にもメスを入れてもらいたいものだ。

閲覧数 (313523)
  • 2018/04/21
  • 執筆者: Yamaoka (9:58 pm)

<ミニ情報>小松美羽の絵画が、問題の「みなクレ」白石伸生氏の弟経営画廊で売られている理由

カテゴリ: 芸能・アイドル : 著名人
 注目の「美しすぎる画家」小松美羽(33。冒頭写真=CMより)ーーところが、その“育ての親”であると共に、彼女が所属する事務所の役員でもあるプロジューサーが、投資勧誘トラブルを起こしているのは本紙既報の通り。
 そのため、彼女にもトバッチリが来ることが懸念されるのだが、今度は、彼女の絵画販売を扱う画廊の社長の兄が、いま問題になり、詐欺ではないかとの声すら上がっているソーシャルレンディング運営「みんなのクレジット」(東京都渋谷区。3月末に「スカイキャピタル」に社名変更)の創業者で前社長・オーナーの白石伸生氏であることがわかった。
 もっとも、誤解のないように結論を先にいえば、兄弟といっても、弟の白石幸栄氏はみなクレとは何の関わり合いもない。したがって、こちらの懸念は杞憂に過ぎない。
 それにしても、兄・伸生氏のみなクレのデタラメぶりはすごい。
 昨年10月、本紙でも取り上げているが、それ以降の主な出来事を報告しておく。

閲覧数 (310668)
  • 2018/04/18
  • 執筆者: Yamaoka (11:34 pm)

有名プロデューサー兼ビジネスデベロッパー、提訴される

カテゴリ: 芸能・アイドル : 著名人
 今年3月30日には小松美羽(“美し過ぎる画家”)を見い出したプロデューサーの投資勧誘トラブルを紹介したが、この手の職種はいかがわしい者が多いということか?
 今回、紹介するのは07年のNHK「紅白」に出場した中村中(冒頭写真)を見い出した御仁(仮にA氏とする)の金銭トラブルだ。
 A氏は紅白で彼女が歌った「友達の詩」を納めたファーストアルバムを始め、複数の彼女のアルバムのプロジュースを「エイベックス」の松浦勝人社長らと共にやっており、彼女の“育ての親”といわれる。
 そうかと思えば、このA氏の場合、ビジネスデベロッパーというよくわからない仕事も兼務している。
 いろんな儲かりそうな仕事を見つけて来て、事業者と投資家を繋いで、その仲介手数料をいただくということらしい。
 あの大人気だったTV番組『マネーの虎』(日テレ系)に“虎”として出演していた某社長の、これまた“育ての親”ともいわれる。
 そんな有名人故、ある会社社長はA氏の「絶対に儲かる」、「元本保証する」などという言葉を信じて、田原俊彦のライブ会場におけるグッズ販売に500万円投資。ところが、儲かるどころか、1銭も戻って来ない(*ただしA氏は後日、所有していたベンツを差し出し、その売却代金25万7000円を差し引いた474万3000円の和解金請求訴訟)ことから、今年3月、A氏を相手取り東京地裁に提訴したという。第1回目の口頭弁論期日は5月8日。
 もっとも、A氏の代理人弁護士は、「原告が500万円投資したのはY社(15年8月解散)。Aのことを原告は会長というが、Y社の会長という証拠はない。そもそもなぜ、代表を訴えないのか? それに『タイアップ費』としてだから元本保証などない」などとして、全面的に争う構えだ。

閲覧数 (268687)
  • 2018/03/30
  • 執筆者: Yamaoka (2:24 am)

「小松美羽を見い出したプロデューサーに投資勧誘トラブル」

カテゴリ: 芸能・アイドル : 著名人
 小松美羽(33)といえば、09年に「美しすぎる銅版画家」としてメディアに取り上げられたと思ったら、その後、画家としても注目され、いまやわが国どころか、世界にメッセージを発信する新進気鋭のアーティスト。
 いまやTVCM(冒頭写真)にも出演しており、ご存じの方も多いことだろう。
 ところが「好事魔多し」。彼女を見いだしたプロデューサー(仮にA氏とする)の投資勧誘トラブルが聞こえて来た。
「VIX1552」をご存じだろうか。
 短期先物だが、1552の銘柄で登録されており、一般の株と同じように日々価格が変動し売り買いできる。
 A氏は遅くとも16年8月ごろから、世界中で頻発するテロ、トランプ政権誕生などを当て込んでこの銘柄を関係者に勧めた。狙いは、利益があった際にもらうと約束した20%のマージン。
 この1552、米国株が上がると逆に下がる。北米の恐怖指数と連動しており不景気連動型商品。そのため、リスクヘッジ銘柄として有名だ。
 テロはむろん、トランプ大統領就任当初にはその問題ある性格、危ない発言の連発などから確かにリスクを期待させたのだが、実際はNYダウはほぼ上がり続けているのはご存じの通り。
 そんなわけで、1552はひたすら下がり続けている(横写真=そのチャート)からさあ大変。当然、投資家からA氏に批判の声が出ることに。
 もっとも、これだけなら、A氏の個人的なトラブルで済ませられるかも知れない。だが、以下のような事実を見れば、そうもいかないだろう。

閲覧数 (294503)
  • 2018/03/28
  • 執筆者: Yamaoka (5:03 am)

相撲協会の春日野親方理事再認、八角親方理事長再選に異議あり

カテゴリ: 芸能・アイドル : 著名人
 久しぶりに、大相撲ネタをお送りする。
 大手マスコミ既報のように、日本相撲協会は3月26日、「評議員会」(池坊保子議長)を開き、理事候補選で当選した10人の親方全員を理事に選任した。また、その後、理事会を開催し、現職の八角理事長の再選を全会一致で決めた。
 理事に再任された春日野親方(元関脇・栃乃和歌)に関しては、今年1月、部屋内での傷害事件が発覚。加害者の兄弟子が傷害罪で2016年に有罪判決を受けていただけでなく、被害者の弟弟子が昨年3月、兄弟子と春日野親方を相手取り提訴。春日野親方については、適切な治療を受けさせなかったために後遺症が残ったとして、共同で計3000万円の損害賠償を求め今も係争中だ。
 ところが、春日野親方は2月1日の理事会でも事件発生後に当時の北の湖理事長(故人)に報告し、隠蔽の意図はなかったと説明。そして26日の再任後の記者会見で、池坊議長は「きちんと対応されているので、問題にならなかった」と述べた。
 一方の八角理事長はといえば、いうまでもなく2期目の昨年、横綱・日馬富士(当時)による傷害事件が発生。大変な騒動になり、その協会対応を巡り、被害者・貴ノ岩の貴乃花親方との間でバトルが繰り広げられ、協会の信用は大きく失墜したにも拘わらず協会トップとしての責任も問題にされなかった恰好だ。
 外部の者が主導する評議員会も機能しないのであれば、貴乃花親方が公益法人としての日本相撲協会を管轄する内閣府公益認定等委員会に告発したのも理解できるが、その貴乃花親方、弟子の貴公俊による付け人への暴力が起きるや告発状を取り下げたのはご存知の通り。
 しかし、以下のような事実を知れば、例え貴乃花親方が取り下げをしなかったとしても、内閣府側もこれまたどこまで対応するのかはなはだ疑問だ。

閲覧数 (270937)
  • 2018/03/20
  • 執筆者: Yamaoka (12:13 am)

韓国クラブのトラブルで名前が出る2人の有名人

カテゴリ: 芸能・アイドル : 著名人
 東京・赤坂の韓国クラブの常連が、行き付けの店でホステスに乱暴狼藉を働きトラブルに。これに反社会勢力が介入したと見たママは対抗すべく、同じく反社会勢力に影響力を持つとされる人物に仲介を依頼すべく接近ーーその世界ではよくある話かも知れないが、トラブルの元を作ったのは、かつて人気を博したTV番組『マネーの虎』(日テレ系)で名を売った会社社長、片や、マザーズ市場1号上場企業「リキッドオーディオ・ジャパン」の後見人、“アミューズメント界のドン”などとも報じられた共に有名人だけに、赤坂界隈、さらには当局も注目しているという。

閲覧数 (296618)
  • 2018/03/12
  • 執筆者: Yamaoka (3:05 am)

<ミニ情報>伊調馨パワハラ問題、20億円疑惑にシフトか

カテゴリ: 芸能・アイドル : 著名人
 本紙でも追及している伊調馨選手に対する栄和人・日本レスリング協会強化本部長のパワハラ問題だが、ここに来て、大手マスコミは約20億円の疑惑追及に力を入れているようだ。
 本紙の前の記事で、日本テレビが放映権料と思われる約20億円を日本レスリング協会側に支払った件に関してのコメントを載せた。
 その後、出ているその疑惑の概要がある程度わかった。

閲覧数 (309040)
  • 2018/03/10
  • 執筆者: Yamaoka (12:39 am)

レスリング界パワハラ問題ーー伊調選手「従兄弟」に関する追加情報

カテゴリ: 芸能・アイドル : 著名人
 本紙がいち早く指摘した、日本レスリング協会の栄和人強化本部長(57)に関する告発文書に、伊調馨選手(33)の「従兄弟(いとこ)」に当たる問題人物が絡んでいた件だが、その後の取材で絡んでいたどころか、主導していたことが明らかになって来たので報告する。
 まず、関係者によれば、告発状においては名前は伏せられているが、すでに実名報道されている田南部コーチ、バロセロナ五輪代表の安達氏とも、「従兄弟」は面識があったという。
「妻の伊藤姓を名乗っていたことから、誰もあの問題人物とは気づかなかった。それに伊調選手の『従兄弟』なので、伊調選手のためになればと田南部、安達両人は善意から協力したのでしょう」(事情通)
 では、告発状が出たのが今年1月で、この間、マスコミに浮上するまで2カ月余りの時間経過があったのはなぜか!?

閲覧数 (280028)
  • 2018/03/08
  • 執筆者: Yamaoka (5:10 pm)

<記事紹介>本紙指摘通り。他にも問題人物ーー「私は伊調の従兄弟に謀られた」(『週刊新潮』3月15日号)

カテゴリ: 芸能・アイドル : 著名人
 前人未到の五輪4連覇している伊調馨氏(33)に対するパワハラ問題につき、本日発売の『週刊新潮』が4Pの特集を組んでいる。
 その最大の主張は、記事タイトル通り、パワハラの犯人として栄和人・日本レスリング協会強化本部長が告発されているわけだが、その告発状の仕掛け人は伊調氏ではなく、恐喝や美人局の常習犯である伊調氏の「従兄弟」だというもの。
 本紙は3月5日、「伊調パワハラ問題ーー本人が預かり知らない告発の背後にあの問題人物!?」とのタイトル記事を報じているが、その記述中でも「いとこ」と報じているように、この問題人物と、『週刊新潮』記事の人物とは同じ。
『週刊新潮』ではなぜか名前を伏せイニシャルに止めているが、本紙は実名で、新潮指摘の恐喝や美人局行為に関して指摘している。また、それ以前にも本紙では複数回、その詳報を報じているので、関心のある方はこの機会に是非ご覧いただきたい。
 なお、新潮記事ではこの人物のイニシャルは「I・T」とされ、本紙の上げている実名のイニシャル「S・T」と異なるが、それは新潮記事でも触れているように、事件を起こして悪名が高くなったため、妻の姓を名乗るようになったためだ。

閲覧数 (278987)
  • 2018/03/07
  • 執筆者: Yamaoka (2:21 pm)

日本相撲協会側の驚くべき対応!?ーー貴ノ岩の復帰問題

カテゴリ: 芸能・アイドル : 著名人
 元横綱・日馬富士による傷害事件の被害者である貴ノ岩関(28)が、3月11日に初日を迎える大阪場所で復帰するかどうかに注目が集まっている。
 貴ノ岩は事件に遭って以降、2場所全休している。
 本来は幕下に落ちているはずだが、特例措置で西十両12枚目に据え置かれている。しかし、その特例も今後はなく、もし大阪場所も休場なら幕下に落ちることになる。
 貴乃花親方は3月8日には貴ノ岩の春場所出否を決めるという。
 そんななか、貴ノ岩が出ない場合も特例を設けてくれるように日本相撲協会側に要請したという貴ノ岩関係者を名乗る者が、本紙にその顛末を告発して来たので以下、報じる。
 その前に、3月3日、貴乃花一門の恒例の激励会が行なわれた。しかし、今回は貴乃花部屋以外の親方や関取は出なかった。このため、貴乃花一門に亀裂が生じているとの一部報道があるが、ある貴乃花一門有力後援者はこう漏らす。
「協会からの一門に対する締め付けがひじょうにきついので見送っただけ。一門に亀裂が生じているなんてことはありません」
 また、この後援者によれば、貴ノ岩はガンガン稽古しており、大阪場所にはまず間違いなく出馬するという。

閲覧数 (282601)
  • 2018/03/05
  • 執筆者: Yamaoka (6:57 pm)

伊調パワハラ問題ーー本人が預かり知らない告発の背後にあの問題人物!?

カテゴリ: 芸能・アイドル : 著名人
 2016年リオデジャネイロで女子レスリング五輪4連覇を果たし、国民栄誉賞まで受賞した伊調馨選手(33。冒頭右写真)に対するパワハラ疑惑が、ここに来てお茶の間の注目を集めているのは周知の通り。
 日本レスリング協会の栄和人強化本部長(同左写真)がパワハラの犯人とされ、動機は同氏の指示に従わなかったため。結果、伊調選手は練習場(警視庁など)の確保もままならず、2020年東京五輪に向け練習も出来ないという。
 そうした内容が内閣府に提出された告発状に書かれているのだが、その告発状が出されたのは1カ月半も前の1月18日とのこと。そして、伊調選手本人は「『告発状』には一切関わっていない」とのコメントを出している。
 こうしたことから、一般には、告発したのは、同告発状にもイニシャルながら登場する伊調選手が信頼しているのに、栄本部長がコーチングしないように命じるなど、同じくパワハラを受けた田南部力コーチと見られている。
 告発状を作成し、この間、TV出演もしている貞友義典弁護士が、「田南部さんを中心にお話をうかがい作成しました」とマスコミに語っているのだから無理もない。
 ところが、ここに来て、事情通の間で、実際に今回の告発で中心的役割を果たしているのは本紙でも過去何度も取り上げているあの問題人物で、しかも少なくともその人物は自分は伊調選手の「いとこ」と語っているとの情報が出て来ている。そこで真偽を探って見た。

閲覧数 (284526)
  • 2018/02/17
  • 執筆者: Yamaoka (12:54 am)

貴乃花親方が「テレ朝」特番で、なお言えなかったこと

カテゴリ: 芸能・アイドル : 著名人
 2月7日に報じられた2時間番組「独占緊急特報!! 貴乃花親方がすべてを語る」(テレ朝系)が大きな反響を呼んでいる。
 それはそうだろう。
 同番組では、これまで沈黙を守って来た貴乃花親方が、初めて弟子・貴ノ岩関に対する日馬富士傷害事件、そしてこの間の同事件に端を発した貴乃花の理事解任など日本相撲協会の対応につき、本音を語ったものだからだ。
 インタビューを行った山本晋也監督が番組の締めの部分で「協会に闘いを挑みますか?」と問い、「気持ちは戦います」と貴乃花が答えているように、その内容はほとんど協会にケンカを売ったに等しいものだ。
 本紙がいち早く報じたように、協会に提出したものの一切公表されていない貴ノ岩の陳述書では、日馬富士がアイスピックまで手にし、「殺してやろうか」(=アランシュ。モンゴル語で)とまで言われたと。また、事件現場に同席していた白鵬は日馬富士がアイスピックを手にするまで傍観していたとも主張。協会の報告書とはひじょうに異なる内容だ。
 また、この間、貴ノ岩が出した診断書に対し、協会側はケガの程度は軽かった旨述べているが、同番組では新たな診断書を入手。そこには“疑い”ではなく、「右側頭骨骨折」と書かれている。そして、テレ朝は貴ノ岩のCTスキャン画像500枚以上の提供も受け、、第三者的立場の医師に、確かに骨折と思われる痕があると言わさせてもいるのだ。
 極めつけは、事件が発覚した九州場所中、貴乃花は何度も役員室に呼び出されたが、そこで鳥取県警に出した「被害届」を取り下げるように言われたと断言している点だ。
 このような内容故、協会は放送翌日、テレ朝に対し、力士や親方の肖像権は協会にあるとして、無許可で取材、放送したとして出入り禁止にしている。
 だが、貴乃花に近い関係者は、貴乃花は思っていることの1割も語っていないという。どういうことか?

閲覧数 (273683)
  • 2018/02/07
  • 執筆者: Yamaoka (1:54 am)

あの民主党偽メール事件の「西澤孝」が、会社作りまた暗躍中(2)

カテゴリ: 芸能・アイドル : 著名人
 当時の前原誠司代表ら民主党執行部が総退陣に追い込まれ、またその後、国会質問に立った永田寿康衆議院議員(当時)の自殺の引き金にもなった06年2月に起きた民主党偽メール事件(「堀江メール問題」とも)ーーその偽ネタを掴ませた「西澤孝」(冒頭右写真)が名前を代え、また政治家に近づくなどし、一儲け企んでいるようだ。
 1月24日の第一報では「田中角栄の孫」と称して、馳浩元文科相(冒頭左写真)などに取り入ろうとしていると報じたが、なぜ、そんなことが可能なのか、また、他にも複数の政治家に接近したり、親交があると名前を上げていることが判明したので追加報道する。
 まず、馳元文科相に接近できたのは、自身もその正体を知らず、最近まで西澤氏と交流していたという元ビジネスパートナーによれば、ひじょうに社会的信用ある大学教授に取り入った結果だという。

閲覧数 (342563)
  • 2018/02/06
  • 執筆者: Yamaoka (1:52 am)

<記事紹介>「私が聞いた『モンゴル互助会』と相撲協会の黒い噂」(本紙・山岡。「iRONNA」。産経デジタル)

カテゴリ: 芸能・アイドル : 著名人
 本紙・山岡はむろん相撲記者ではないが、本紙で2年前の理事長選挙前から水面下の暗闘につき書いて来たからだろう、先の理事候補選直前、「iRONNA」の方から記事執筆依頼があった(*記事はココをクリック)。
「iRONNA(いろんな)」は、産経新聞社系のオピニオンサイト。
 周知のように、貴乃花親方はわずか2票で惨敗した。
 今まで以上に他の一門のきつい締め付けがあったこと、そもそも基礎票が昨年末に無所属になった錣山親方(元関脇・寺尾)ら3票を入れても11票しかないのに一門から2名立候補したことなどからだが、選挙直前まで続いた票を巡る互いの水面下工作のなか、貴乃花親方に投票するように動いていたなかに、あの元協会顧問の小林慶彦氏(62)がいたとの報道もあり、これが事実なら他の親方が逆に反発するのも無理ない。
 大手マスコミ既報のように、日本相撲協会は昨年12月25日、この小林氏と、小林氏が代表を務める「エーティーアンドシージャパン」(東京都新宿区)を相手取り、約1億6515万円の損害賠償請求訴訟を東京地裁に提起した。
 北の湖理事長時代、エーティー社が協会と業務委託、また小林氏は顧問に就いていたところ、国技館改修工事を巡り施行業者から8000万円の裏金を受けとったり、パチンコメーカーとの力士の四股名等利用許諾契約を巡り仲介業者から1700万円の裏金を受け取るなどの背任行為を行い、協会にそれだけの損賠を与えたという内容だ。

閲覧数 (349664)
  • 2018/01/24
  • 執筆者: Yamaoka (12:54 am)

あの民主党偽メール事件の「西澤孝」が、会社作りまた暗躍中

カテゴリ: 芸能・アイドル : 著名人
 2006年2月の衆議院予算委員会で、民主党(当時)の永田寿康議員(同。冒頭左写真)が、「(ライブドア事件に絡み)証券取引法違反で起訴されたライブドア元社長の堀江貴文被告が、05年8月26日付の社内電子メールで、自らの衆院選出馬に関して、武部勤自民党幹事長の次男に対し、選挙コンサルタント費用として3000万円の振込みを指示した」などと指摘したが、その証拠とされたメールの写しは偽造したもので、当時の前原誠司代表ら民主党執行部は総退陣に追い込まれた。また、永田議員は議員辞職→自殺に至った。
 これを民主党偽メール事件(「堀江メール問題」とも)というのだが、この何とも重大なガセネタを永田氏に提供したのが「西澤孝」(冒頭右写真)という元『週刊ポスト』の記者だった。
 本紙ではその西澤氏がその後、別件詐欺で逮捕、そして偽名で大手IT企業のコンサルタント企業に就職していたことを報じているが、新たな動向がわかった。
 何と、その後の16年11月、自ら会社を立ち上げていたのだ。
 そもそも、西澤氏は競艇界のドン、笹川良一氏(故人)の隠し子と自称するかと思えば、週刊誌時代にもネタを捏造し名誉毀損で訴えられて敗訴するなど、トラブルメーカーとして知られていたが、その後、頻繁に名を変えた上、あの偽メール事件からもすでに10年以上経ち、ほとぼりがすっかり冷めたと見たのか、今度は「田中角栄の孫」などと称して、再び政治家に近づいているというのだ。

閲覧数 (394180)
  • 2018/01/09
  • 執筆者: Yamaoka (11:04 pm)

あの「ホテル プリンセスガーデン」(目黒)の土地が売却された事情

カテゴリ: 芸能・アイドル : 著名人
 旧聞に属するが、昨年10月30日、東京はJR「目黒駅」から徒歩5分ほどの一等地にある「ホテル プリンセスガーデン」の土地が売却された件が事情通の間で話題になっている。
 このホテルの社長である片岡都美氏は、本紙でも既報のようにペルーのフジモリ元大統領と結婚した(ほどなく離婚)かと思えば、外務省キャリアや自衛隊幹部石川達紘元名古屋高検検事長、さらには山崎拓元自民党副総裁、先の衆議院選挙で引退した亀井静香元自民党政調会長など官・政界にもかなり食い込んでいる御仁だからだ。
 そうかと思えば、一時このホテルを実質、経営していた上野富吉氏が同ホテルの部屋に血痕を残して失踪。1996年のことで、仕手戦に失敗し、ヤクザ筋から借りていた巨額の借金を返済できなかったためとも見られる。その前92年には、バブル時代に杉山、マルコーと並んでワンルームマンション“御三家”といわれ、同ホテルをそもそも87年に建設し地上権を持っていた「ライベックス」が破たんする(当時は「ホテル三叙苑」名)など、きな臭い話題の舞台にもなっていた。
 そのプリンセスガーデンの土地(約970坪)は、昭和20年代から紡績専門「オーミケンシ」(3111。東証2部。大阪市中央区)の現在も第2位株主(8・5%)である「東洋商事」(オーミケンシと同住所)が所有していたが、今回、不動産会社「東京ソックス」(東京都八王子市)が購入した。

閲覧数 (414086)
  • 2017/12/22
  • 執筆者: Yamaoka (11:17 pm)

【緊急寄稿】貴ノ岩関暴行事件の真相(詳報)

カテゴリ: 芸能・アイドル : 著名人
 取材旅行から戻ったので、ここに先の【緊急寄稿】の詳報を報じる。
 本紙がいち早くその存在をスッパ抜いた、12月20日の臨時理事会の報告書に添付されていた、貴乃花親方が貴ノ岩関から聞き取ったとされる「事情説明書」(=反論文書)にはどんなことは書かれていたのか!?
 大手マスコミの報道はこの間、基本的に貴乃花親方も組織の一員である以上、日本相撲協会側の調査などに応じないのはおかしいかのような論調だ。
 しかしながら、以下のような経緯で、協会側が露骨に今回の暴行事件を隠蔽しようとしたことから、貴乃花親方はやむなく警察を頼ったわけで、この間、要所要所で事前に訪ねて来られても応じられないなどの意思表示をキチンとやり、最低限の礼は尽くしているとのことだ。
 以下、暴行事件から、事件表面化までの経緯はこういうことであるようだ。

10月25日夜から26日未明に暴行事件発生

10月28日 貴ノ岩関の様子がおかしいので問い質して貴乃花親方は事件を知る。

閲覧数 (424634)
  • 2017/12/22
  • 執筆者: Yamaoka (11:09 am)

【緊急寄稿】貴ノ岩関暴行事件の真相

カテゴリ: 芸能・アイドル : 著名人
 先日の続報です。
 先日は日馬富士がアイスピックを持っていたという衝撃的な有力証言を報じたが、さらに情報が入って来たので追加報道する。
 なお、取材旅行中のためメモ的に記す。

閲覧数 (424110)
(1) 2 3 4 ... 8 »
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (119)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2018 9月  »  »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
(1) 2 3 4 ... 8 »