お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2006/07/11
  • 執筆者: Yamaoka (7:10 pm)

北朝鮮政府関係者、「ジェイ・ブリッジ」(桝澤徹代表)を提訴。遺失利益約26億円請求

カテゴリ: 経済事件
 本紙既報のように、7月10日、予告通り、金田珠年氏は東証2部の企業再生ファンド会社「ジェイ・ブリッジ」(東京都港区)を東京地裁に提訴した模様だ。
 請求内容は約束通りの出資6億円に見合った差額の株券264万9830株(単価177円。引受予定株式338万9830株ー引渡株式74万株)を引渡すか、それが無理なら、1株990円の売却益が得られたとして、その遺失利益約26億円(990円×264万9830株)を支払えというもの。
 一株の遺失利益を990円としたのは、原告はすでに引き受けた74万株中72万株を換金しており、この換金時期である2004年10月4日から11月29日の間の同社株価は1195円から990円だったからだという。(表は原告側がまとめた訴訟までの経過)

閲覧数 (21446)
  • 2006/07/11
  • 執筆者: Yamaoka (5:40 pm)

金正日総書記が十分コントロールできない北朝鮮軍!?

カテゴリ: 国際 : 北朝鮮・韓国
●金正日は今年9月に経済開放を宣言するつもりだった!?

 一連のミサイル発射で一挙に緊張が高まっている朝鮮半島情勢ーー本紙が得た情報によれば、この北朝鮮の行動、軍部が暴走した可能性が高いという。
 北朝鮮政府高官にも繋がる情報筋によれば、金正日総書記は今年2月、わが国の都道府県に当たる9道のトップを呼び、地方の権限強化と独立採算制への移行を指示したという。
「実は金正日は順調に行けば今年9月にも、経済解放を世界に宣言するつもりだった。もちろん、日本から見れば極めて制限されたものだが、彼は決して先軍政治に凝り固まってはいない。当然、経済の自由化=自らの体制崩壊では困るわけで、そのため体制保証への協力を各国に約束してもらった上でのことではあるが……。だから、そんな時期に各国の協力を得られなくなるミサイルの連続発射をやるわけがない」
 経済解放と並行し、インターネット技術総局の下、情報を記憶するCDの生産などでも中国側に協力を求めているという。
 北朝鮮は02年7月の経済管理改善措置以後、計画経済の核心ともいえる配給制度を事実上中断し、いまや経済全体の4割は市場(闇)経済に移行していると見られ、そうした事情も経済開放に向かわせているという。
 ところが、これが面白くないのが北朝鮮で最も力を持っている軍部だという。
「金正日の命令にもとづき、各道では権限なく軍部が商品を横流ししていた工場や、勝手に使用していた土地などの返還が求められたが、従わない軍部が続出。事が進まないことを不審に思った金正日は再度、トップを呼びつけ、命令を発したそうです」
 ところが、それからほどなくして今回のスカッドやノドンで6発、テポドン1発の発射だというのだ。
「これは、金正日の命令に対する反発と考えざるを得ない。しかもテポドンは海軍、スカッドとノドンは陸軍主導で、軍内でさらに内紛が起きている状況です。
 北朝鮮のテポドンは、技術力が劣っているため、一度発射状態にしたら解体できず、スクラップにするしかない。聞いている情報では後2機すでに組み立てられているそうですから、再度、これが発射される可能性は高いでしょう」
(図は『サンデー毎日』7月23日号146頁より。写真は本日の『夕刊フジ』一面)

閲覧数 (20065)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (133)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2006 7月  »  »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
(1) 2 3 4 ... 8 »