お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2006/08/31
  • 執筆者: Yamaoka (5:30 pm)

<紹介>「大幅リニューアルした経済専門誌『財界展望』ーー誌名も『ZAITEN』へ」

カテゴリ: 書評
経済雑誌と称するものは世に多く出ているが、その大半は企業の太鼓持ちか、毒にも薬にもならない。そんななかで、一般の知名度は決して高くはないが、過去、多くの経済事件の端緒になる内容を報じ、企業の広報関係者はもちろん、事件記者、当局のなかにも毎号、目を通す者が多いといわれるのが月刊の同誌。本紙・山岡もかれこれ15年ほど前から、よく書かせてもらっている
 その『財界展望』が本日(9月1日)発売号から、大刷新した。誌名を『ZAITEN』に替えただけでなく、記事タイトルをざっと眺めても、「岡留前編集長が激白『噂の真相』復刊計画」、「喫煙で逮捕される日」、「大学氷河時代に『負け組に転落しそうな』有名私立大学」、「巨大スポーツ産業を支えるクラブが日本には存在しない」、「マスコミ人御用達の『極楽酒場』&美人広報にこっそり聞いた『お勧めランチ』」、「私の主治医 平沢勝栄代議士」、「広告『ウラ読み・斜め読み」といった具合に、従来では考えられなかった柔らかめ、また、購読層の裾野を拡げようという感じのものが盛りだくさん。

閲覧数 (17911)
  • 2006/08/31
  • 執筆者: Yamaoka (4:40 pm)

「日本ファースト証券の疑惑を糺す株主の会」設立される

カテゴリ: 詐欺(行為) : 未公開株
 本紙でも何度もその疑惑を報じて来た、未公開株最人気銘柄だった「日本ファースト証券」株式ーーその購入被害者が、その疑惑を糺す会を設立、他の被害者に参加を呼びかけている。
 この呼掛けの「案内状」は2頁あり、その1枚目を冒頭に掲げておいた。2枚目は以下に転載しておく。
 また、この文中の疑惑(1)に、社員の保養施設名目で購入したという箱根町の建物のことが記されているが、その登記簿謄本の一部も転載しておく。
 なお、上記のファックスはいまでも通じるが、電話はこの会のための専用回線を引くそうで、9月5日から通じるとのことだ。

閲覧数 (24459)
  • 2006/08/31
  • 執筆者: Yamaoka (5:50 am)

「楽天」が『週刊新潮』に記事撤回、謝罪要求(顧客情報流出の対応との落差に唖然)

カテゴリ: 経済事件 : 楽天関連
 本紙既報の通り、楽天に関する記事(「水面下で捜査が進む『楽天』三木谷社長の『Xデー』」)が載った『週刊新潮』が本日、発売された。
 これに対し、「楽天」は直ちに同社ホームページにこの記事についての見解を発表(左上写真)。一方的な記事であるとして厳重抗議し、記事の撤回と謝罪を求めているとのことだ。

(広報体制のお粗末さ) 
 この楽天の「見解」は同社ホームページトップ(左下写真参照のこと)の右一番上に「8月31日(9月7日号)の週刊新潮の記事について」とタイトルまで載せているから、同社HPをご覧になった方はすぐ気づくはずだ。
これに対し、本紙は7月31日、「楽天、463件顧客情報流出ーー本紙指摘に対し、急いで『お知らせ』掲載」なる記事を報じている。他のネット店舗でもウイルスに感染して顧客情報が流出している可能性があり、重要な問題だ。したがって、今回の『週刊新潮』記事同様の扱いをすべきだろう。
 ところが、こちらの扱いは何らタイトルも載せず、左写真の楽天トップページをみていただきたいが、黄色のマーカーを引いた一番右下、トップページにアクセスした時、トップページのスペースが大きいので画面を下に移動させて見ないとその存在さえわかりもしない「楽天からのお知らせ」の中に最初から入れてしまっている。
 今回の新潮記事への「見解」に比べ、この著しく見えにくい位置の上、タイトルも掲載していないから、まず誰も知りようがないのだ。
 このように、本紙の指摘で初めてこの事実関係をしぶしぶ認めた同社が取った対応とは、株主、そして楽天架空店舗利用者に公知するのではなく、形だけお知らせして済ませることで、他の大手マスコミが追加報道しないように“アリバイ工作"(事実を隠蔽していないと)することが目的だったのだ。
 事実、このお知らせが出たことで報道を見送ったテレビ局もある。
 この顧客情報流出、そもそも「事が外部に漏れるまでは公表しないように」との三木谷社長の指示の下に決定していたことは、本紙の取材に対し担当執行役員も認め、この事実は本紙も先の記事で指摘している。
 しかも、顧客情報流出に関してバレてしまった以上、単に「お知らせ」で済ませるのではなく、記者会見すべき内容のものではないのか。

(“口止め”疑惑も)
 それだけではない。
 この顧客情報流出を巡っては、情報提供者に金銭を支払っており、“口封じ"した疑惑さえ出ているのだ。

閲覧数 (388091)
  • 2006/08/30
  • 執筆者: Yamaoka (4:40 pm)

<記事紹介>「加藤氏宅放火 右翼逮捕。沈黙社会狙う暴力」ーー本紙・山岡もコメント(「東京新聞」)

 昨30日発売の「東京新聞」が、加藤紘一元自民党幹事長の実家(山形県鶴岡市)の放火事件につき、29日、例の政治結社「大日本同胞社」幹部・堀米正広(65)が容体が回復、また「個人的にやった」と容疑を大筋認めたため、山形県警鶴岡署が現住建造物等放火容疑などで逮捕したと報じている。
 その関連記事のなかで、本紙・山岡のコメントも紹介してくれたのでその部分を転載しておく。

閲覧数 (86512)
  • 2006/08/29
  • 執筆者: Yamaoka (3:50 pm)

生き残れるのは銀行系のみ? 1人100万円「総量規制」原案で、 「東京ドーム」も“サラ金"卸業完全撤退か

カテゴリ: サラ金
 金融庁は昨28日、消費者金融の規制強化問題で、一人当たり最大50万円、複数社の場合総額で最大100?150万円とする貸金業規制法改正案の原案を自民党に提示した。
 この間、サラ金を巡る法規制問題は、上限金利をいくら下げるか(結果は18?20%へ)だけがクローズアップされて来た感があるが、実はサラ金業者に取ってそれ以上に打撃なのがこの「総量規制」。
 現行では最低でも、一人当たり大手で1社50万円で3?4社、中小零細で1社5?20万程度で総額250万円ほど貸している。ということは、この最大100?150万円の原案が通れば、新たな貸出先が少なくなる(金利が下がった分、貸倒急増を恐れて貸し出し対象者は少なくなる)だけでなく、すでに借りている者から約半分の債権を貸し剥がししなくてはならなくなる。
 これまで、金利低下だけでも、今後、生き残れるのは直に融資資金を集めている銀行系以外では、大手3?4社程度と見られていたが、「総量規制」がこの基準で決定すれば、まさにやっていけるのは銀行系だけであることは、本紙でもすでに指摘した
 こうしたことを想定して、実はすでに東証1部の「東京ドーム」はサラ金卸業の大幅縮小を行っていたが、完全撤退もいよいよ現実味を帯びて来た。
(写真 「総量規制」原案を伝える「毎日新聞」記事と東京ドーム)

閲覧数 (21424)
  • 2006/08/29
  • 執筆者: Yamaoka (3:10 pm)

怪文書で「女帝」と糾弾される民放初の女性役員=堀越むつ子テレビ朝日取締役

カテゴリ: 報道・マスコミ
 業績好調の「テレビ朝日」(東証1部)が3K(国税、告発、怪文書)攻撃に曝されたのは6月末の株主総会直前からだった。
“国税”疑惑は、昨年11月からの定例の調査が未だに終わらないというもので、ディレクターの制作費水増し疑惑(その代わり、発注先から接待を受ける)などが出ている。
“告発”は、株主総会翌日に第一弾が出た『週刊文春』によるテレ朝関連会社役員・原地隆氏の告発。そして“怪文書”には、テレ朝顧問の女性社員へのセクハラ疑惑が記されている。この疑惑は前出・原地氏も告発している。
 もっとも、怪文書で多くのスペースが割かれていたのはこのセクハラ疑惑ではなかった。堀越むつ子取締役の、社内における「女帝」ぶりだったのだが、本紙が確認した限りで彼女の名前はこの間一切報道されていない。
 アナウンサー出身ながら昨年6月、民放初の女性役員(取締役)になり話題に。それだけに、今回、名前が出ない方がむしろ不思議ともいえる。
 そこで、本紙は関係する記述部分をいくつか紹介する。
 複数のテレ朝関係者に彼女の取締役就任について意見を求めてみたが、OB氏は一様に「実力でいえば、いくらでも他になり手はいた」、そして現役は「……」(沈黙する)のみ。決して、根も葉もない話とは思えないからだ。
(写真・堀越取締役)

閲覧数 (30432)
  • 2006/08/29
  • 執筆者: Yamaoka (10:20 am)

31日発売の『週刊新潮』が楽天特集記事掲載

カテゴリ: 経済事件 : 楽天関連
 本紙は事が事だけに、明らかに疑惑といわざるを得ない銀座のビル以外の件は掲載を控えていたが、8月31日発売の『週刊新潮』がジャスダック上場の「楽天」並びに三木谷浩史社長の特集記事を掲載しているようだ。
 もちろん、同誌が掲載するのだからヨイショ記事のはずがない。本紙既報の銀座ビルの件も含め、同社(グループ会社も)並びに三木谷社長に関する数々の疑惑についてだ。以前から囁かれているXデーを視野に入れてのことだという。

閲覧数 (390204)
  • 2006/08/28
  • 執筆者: Yamaoka (5:30 pm)

 有名国立病院で、医療過誤以前の死亡事故発生か(患者を受け持ちたくないため、必要ない手術を強行のため出血ショック死?)

カテゴリ: 医療・健康
 近年、医療過誤が多く発生、報道されている。
 医者も人間である以上、手術を誤ることはある。だが、その病院の消化器科医長は、これ以上の負担を嫌ってなのか、その患者を受け持ちたくないため、「消化器原発でないことを証明すれば、呼吸器科で看取るだろう」と、上部消化管内視鏡を強行。その際、敢えて「鉗子で小彎側を思い切り何回も深く刺したため、動脈性の出血が生じて血圧低下と頻脈に至り出血性ショック死した」というのだ。
 これが事実なら、医療過誤といっても、希に見る悪質なケースと言えまいか。
 しかも、この件はその医療現場からの内部告発と思われる。すべて実名で書かれ、手術日、患者の名前、連絡先なども記されている。

閲覧数 (20854)
  • 2006/08/28
  • 執筆者: Yamaoka (4:20 pm)

2チャンネル主宰者・西村博之氏に対し、被害者が自己破産申請の動き

カテゴリ: 報道・マスコミ
 「2チャンネル」ーーいうまでもなく、インターネット上における巨大な匿名掲示板サイトのことである。
 この掲示板の管理人として知られる西村博之氏はまだ30歳の若さだが、並行して、「東京プラス」や「東京アクセス」などの社長も務める若手実業家だ。
 実はこの2社、西村氏の実家に登記されており、業務は広告代理業など「2チャンネル」に派生する内容。だが、未だ2チャンネルは西村氏個人の運営となっており、書類上は切り離されている。
 近年、2チャンネルには匿名性であることを幸いに、様々な誹謗中傷内容も溢れ、同社に対する損害賠償請求訴訟も頻発(もちろん、書き込んだ当人が一番悪いが、管理責任者としての責任から)。つい最近も、例のプロボクサー・亀田興毅チャンプの所属するジム会長に過去、とんでもない前科があるとする記述があり、告訴騒ぎに。
 こうした結果、これまでに敗訴が確定したものだけでも20件以上あり、その賠償総額は約3000万円とも言われる。
 しかし、西村氏はこれら判決を無視し、1件も払っていないようだ。前述のように、「東京プラス」などで関連収入を得ているはずだが、経営を切り離し、個人としての西村氏は資産を持たないため、本人に支払う意思がない以上、差押えなど強硬手段に出ても事実上、回収は無駄だからだ。
(写真・西村氏と「2チャンネス」トップ画面)

閲覧数 (29496)
  • 2006/08/28
  • 執筆者: Yamaoka (2:30 pm)

<記事紹介>本紙・山岡もコメントーー『許すな! 言論テロ』(「毎日新聞」06年8月28日)

 本日の「毎日新聞」が27面ほぼ全面を使って『許すな! 言論テローー家族も標的に。ナショナリズム台頭 卑劣さ増す』というタイトルの特集を組んでいる。
 つい最近、起きた加藤紘一元自民党幹事長宅の放火事件、また今年1月に起きたフリーライター・溝口敦氏の長男が暴力団関係者に刺された事件などを取り上げ、最近、言論テロと思われるものが目立っているなかでの警鐘記事だ。
 そこで、約1年前に起きた本紙・山岡宅に対する放火事件も取り上げてくれたので、その部分と年表を冒頭に掲げておいた。
 もちろん、溝口氏も登場。より大きなスペースを割き、「沈黙は『次』を生む」という氏の決意のほどなど、インタビュー形式で紹介している。
 是非、ご覧いただきたい。

閲覧数 (88364)
  • 2006/08/27
  • 執筆者: Yamaoka (4:00 pm)

連載(3)「選挙開票作業の不正疑惑」(千葉県習志野市のケース)ーー告発者の『報告書』より

カテゴリ: 政治 : 選挙
(基本と違う開票作業の流れと、「分類ケース」等の存在)

 連載(2)で、本来あるべき開票作業の流れ、それに各作業部署の役割を解説した。
 これに対し、不正疑惑が浮上している習志野市長・市議会議員選挙(2003年4月27日)の当日の開票作業状況を撮影したビデオ映像を検討し、まとめたのが上掲の「開票配置図」(右側。図B)だ。
 連載(2)で掲げた本来あるべき図(左側。図A)を再掲載するので、図Bと見比べて欲しい。
 まず気づくのは、図Aには記載のない「分類ケース」? なるものが存在する点だ(そのため、図Bの作業部署は図Aより1つ増えて8つになっている)。だが、本来こんなものは存在せず、未だに市側からはこれが何か説明が無いのだ。その他、詳細は次回以降に譲るが「溜り場」など、図Aには無いものが他にも存在する。
 そして本来は(1)から(2)へ、(2)から(3)へと票は番号順に流れていくべきである。そして、マニュアルによれば、作業者は各持ち場を離れてはいけないことになっている。だが、実際は図Bに記した太い線のように非常に煩雑である。

閲覧数 (22900)
  • 2006/08/27
  • 執筆者: Yamaoka (3:10 pm)

安倍官房長官も祝電を送った「統一教会」信者が、韓国主要新聞社を占拠、暴行

カテゴリ: 安倍晋三
 本紙でも既報のように、先日、安倍晋三官房長官(秘書)も祝電を送っていたことから、一部マスコミで改めて「統一教会」の抱える数々の問題が取り上げられたのはご存じの通り。
 なぜか、わが国大手マスコミは未だ取り上げていないようだが、その統一教会の信者約700名が8月22日、問題提起する記事を書いた韓国の月刊誌『新東亜』(「大解剖統一教会王国」という特集)を発行するソウルにある韓国主要新聞社「東亜日報」社屋に押しかけ、一部信者が約8時間に渡って同社屋を占拠、暴力行為を働いた(写真)ことを地元主要紙が報じている。
 それら記事によれば、信者約250名は玄関ドアを壊して侵入、部屋を荒らした他、この取材をしていた同紙やCBS記者に暴行。そして、掲載誌の回収、記事を書いた記者と編集長の解雇、5大日刊紙への謝罪文掲載を要求したという。
 これに対し、警察は約1500名が出動、強制解散も検討したが、これ以上問題が大きくなることを懸念した東亜側の意見により、回避されたようだ。

閲覧数 (24229)
  • 2006/08/25
  • 執筆者: Yamaoka (10:10 am)

報道より遙かに深刻な北朝鮮洪水被害ーー来週の金総書記北京訪問で決裂なら、暴発の可能性も

カテゴリ: 国際 : 北朝鮮・韓国
  去る7月中旬、北朝鮮のほぼ全土を襲った集中豪雨は、既報道より遙かに深刻であるようだ。
「朝鮮中央通信」は死者・行方不明者は数百人、世界食料農業機構(FAO)のアジア責任者は「これによる食料不足は2万?程度」との報道もある。だが、本紙が得た情報によれば「死者は約1万5000人」、「不足食料は350万?」と桁が2つも違う。
 そして、「1960年代後半の自然災害で約60万人が餓死したとされるが、今回、洪水被災者は約250万人にも上り、このまま10月後半からの寒さに突入すれば、前回をも上回る餓死者が出ることもあり得る。何しろ石炭、重油、木炭なども例年(約4割)以上の約8割も不足している。そして何より決定的なのは、7月5日のミサイル発射により、今回は中国の支援が未だ一切ない点」と明かす。
 そうしたなか、つい最近、中国国内の同胞で組織される「在中国朝鮮人総連合会」が見かね、ようやく支援に動き出したとも打ち明ける。

閲覧数 (26487)
  • 2006/08/24
  • 執筆者: Yamaoka (4:30 pm)

中古車販売「ガリバー」に強制執行で、査定車を処分された顧客兼被害者(上)

カテゴリ: 経済事件
「共存共栄の精神にのっとり、ガリバーにかかわる全ての人々、地域及び社会に喜ばれる企業を目指しています!」ーーこう謳っているのは、中古車買取専門最大手の「ガリバーインターナショナル」(本社・東京都千代田区。羽島兼市社長)。
 東証1部で、今や年間約27万台を買取、年商は2000億円に迫る。買取の累計台数は180万台を超えているという。
 ところが、顧客かつ被害者(ガリバー駐車場で、査定見積もりのために持って来た車を社員に傷つけられた。上掲右写真)であるにも拘わらず、逆に提訴されて敗訴。提訴されただけでも驚きだが、敗訴した理由はガリバー社員の偽証が決定的だったとして、現在、刑事告訴を検討しているという人物がいる。
 ガリバーの謳う「共存共栄の精神」からすれば、信じられないこの体験をしたというのは、東京都内で「アルファ・ロマン」という中古車販売を行っている、いわば同業者の松永英二郎社長(60代)だ。
(写真左はガリバー・羽島社長)

閲覧数 (27564)
  • 2006/08/24
  • 執筆者: Yamaoka (6:00 am)

当局が密かに狙う、刑務官贈賄容疑で再逮捕された組長の本星容疑

カテゴリ: 右翼・暴力団
 大阪府警が8月19日、収賄容疑で大阪拘置所刑務官(37)を逮捕したのはご存じの通り(写真の新聞記事参照のこと。『毎日新聞』8月19日夕刊と20日朝刊)。
 収容者の相談に乗ったり、手紙の投函をする舎房担当者だったこの刑務官、04年7?8月、監視カメラ付きから無い部屋に替えてやった見返りに、同年10月までにその拘置者から東京ディズニーランドなどへの家族旅行代、中古国産乗用車の計100万円以上の金品を受け取っていたとされる。
 一方、この贈賄容疑で再逮捕された拘置者とは、本紙既報の山口組系2次団体組長。贈賄当時は、歯科医に「歯がまだ痛い」と脅して現金を要求した恐喝未遂容疑で拘置されていた。その後、今年8月には不動産会社社長を脅した強要容疑で再逮捕、さらに今回の贈賄容疑で再々逮捕されている。

閲覧数 (27611)
  • 2006/08/24
  • 執筆者: Yamaoka (3:50 am)

 この秋の「日経平均構成銘柄入れ替え」、5有力候補

今年も例年通り、9月下旬から、日経平均構成銘柄の入れ替えが実施される見込み。
具体的銘柄が正式に発表されるのは9月上旬の見通しだが、すでに各証券会社が予想を出し、複数から名前が挙がっている銘柄としては東急不動産、SBIホールディングスなどがある。
 だが、本紙が得た有力候補は他ではまず挙がっていないところばかり。以下の5銘柄となっている。

閲覧数 (27854)
  • 2006/08/23
  • 執筆者: Yamaoka (1:40 pm)

連載(2)「選挙開票作業の不正疑惑」(千葉県習志野市のケース)ーー告発者の『報告書』より

カテゴリ: 政治 : 選挙
(開票場での基本的な作業の流れ)

  さて、連載(1)では2003年4月27日に千葉県習志野市で行われた統一地方選挙の開票作業で明らかに不正と思われる行為があり、その証拠をビデオに撮ったこと、それにも拘わらずこれまで公式には不正と認定されていない経緯を述べた。
 次回以降、いよいよビデオに撮った具体的な不正行為を解説して行くが、この連載(2)ではその前に、まず習志野市選挙開票マニュアルから、開票作業の基本的な流れを押さえておく(表参照のこと)。

(1)開被台 投票箱から票はまずこの台に広げる。2つ折りになった票を、作業しやすいように拡げる。
(2)分類台 ここでは候補者別に分ける。そして有効票、白票、要判定票に分ける。
(3)計算機係 候補者ごとに100枚づつ計数機で数え、輪ゴムで束にする。
(4)括束係 計数機係から来た票を点検し200枚ごとに束にする。
(5)計算第1係 集計欄に記入する。
(6)計算第2係 第1係から来た票を立会人の点検を経て記録する。
(7)集積所 数え終わった票を参観人席から見えるように候補者番号順に並べる。
(審査台) 集まった要判定票の疑問票・無効票などを、立会人に審査してもらい、計算第1係に回付する。

閲覧数 (23080)
  • 2006/08/23
  • 執筆者: Yamaoka (8:10 am)

<お詫び>??システム障害発生と復旧完了のお知らせ

カテゴリ: お知らせ
 ○読者の皆様へ

 日頃よりご利用いただきまして、ありがとうございます。

 さて、8月23日(本日)午前11時30分?午後3時ごろまで、アクセスジャーナルサイトの表示ができないという現象が発生しておりました。
 現在、この現象は解消しております。
 今後、このような状況にならないよう、よりシステム体制を万全にします。
 ご利用のみなさまには大変ご迷惑をおかけしました旨を、心より、深くお詫び申し上げます。
閲覧数 (19891)
  • 2006/08/22
  • 執筆者: Yamaoka (3:20 pm)

北朝鮮政府製造米100$札最新実態

カテゴリ: 国際 : 北朝鮮・韓国
 北朝鮮政府の主要な外貨獲得手段が、政府製造の米ドル札、麻薬等であることはすでに常識と言っていいだろう。
 本紙は政府関係者から、現在、その米100ドル札製造ルートは4つ(種)あり、それぞれどの部門が関わり、どこで製造され、その精密度にどの程度の差があるのか聞き出すことが出来た。
 また、その内の2種類に関しては写真を入手したので以下に添付する。
 米国政府製造のものと見比べて欲しい。
 さて、冒頭に掲げた北朝鮮の地図をご覧いただきたい。★印に青色で書かれているところが、北朝鮮政府の関わる製造拠点と思われる地域だ。

閲覧数 (26454)
  • 2006/08/22
  • 執筆者: Yamaoka (6:00 am)

ソフトバンク基地局強化で注目される関連銘柄

 「ソフトバンク」(東証1部)の孫正義社長が8月8日の決算報告の席上、買収した携帯電話会社「ボーダフォン」日本法人(10月よりソフトバンクモバイル)の携帯電話(3G)基地局数を今期中に約倍の4万6000局にするため、今期約4000億円をこの設備投資に当てることを明らかにしたのはご存じの通り。
 ボーダフォン日本のこれまでの年間投資費は約2000億円だったから、突如、もう約2000億円の市場が出現したことになる。
 上場企業各社、今期決算予測をしているなか、では、この約2000億円の恩恵をもっとも得、業績を上方修正することになりそうなのはどこか。
(写真 孫社長とボーダフォンの新ロゴ)

閲覧数 (26938)
(1) 2 3 »
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (127)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ