お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2006/08/17
  • 執筆者: Yamaoka (6:30 pm)

統一教会のダミー組織日本大会に祝電を送っていた安倍官房長官他、国会議員・首長・地方議員一覧(計54名)

カテゴリ: 政治家
 今年5月13日、福岡で「天宙平和連合(URF)」なる団体が大会を開いた。
 もっとも、その席では文鮮明「統一教会」教祖の妻、4男が基調講演を行い、2500組の合同結婚式も行われたと言うから、まさに統一教会のダミーそのもの。
 統一教会と言えば、霊感商法など数々の違法行為が訴訟で認定されている団体。その実態はカルトといっていい
 つい最近、この団体出身の教祖が率いる「摂理」がマスコミで大きく取り上げられているが、その違法性、政治への影響力など、団体としての問題度は摂理など遙か足元にも及ばない。
 ところが、時のわが国内閣官房長官、次期首相かという安倍晋三氏がそんな団体に祝電を寄せていたことから全国紙でも取り上げられたのはご存じの通り。
「合同結婚式」は宗教儀式だろうから、政教分離の原則に反し、憲法違反の可能性さえあったのだ。
 全国紙ではその他、2?3名が取り上げられていただけだが、実は国会議員・首長・地方議員の数は54名にも上ったのだ。
(写真は『フラッシュ』7月4日号より)

閲覧数 (28610)
  • 2006/08/17
  • 執筆者: Yamaoka (3:20 pm)

連載(1)「選挙開票作業の不正疑惑」(千葉県習志野市のケース)ーー告発者の『報告書』より

カテゴリ: 政治 : 選挙
 本紙で以前、2度に渡ってお伝えした、わが国の選挙制度を根幹から揺るがしかねないこの重大疑惑、関係者がビデオを総点検し、疑惑について総まとめした『報告書』(2006年6月10日付)を本紙は入手した。
 そこで作成者の許可を得、その全文を連載でお伝えすることにした。

(はじめに)
 これは2003年4月27日に行われた地方統一選挙開票のことである。
 参観人や立会人の目前で、こんなに堂々と不正が出来るとは誰も信じないだろう。この不正を追いかけ、暴いていくのに3年の月日を要してしまった。来年の統一地方選挙ではまた「不正の手法を変えてするのでは」という声が囁かれている。次の選挙までに、何としてもこの不正を止めさせなければならない。
 場所は千葉県習志野市の袖ヶ浦体育館。ここで習志野市長と市議会議員選挙の開票作業が行われた。開票従事者は全員が市職員で、選挙管理委員会から委嘱状と腕章を配られている。
 そのなかに3名の委託状なしの者が侵入した。しかし、腕に腕章をしていたため、誰も不法侵入であることに気付かない。その侵入者とは、助役・収入役・秘書課主幹(市長秘書)である。彼らは開票所を歩き回り、なかには票に触れる者、携帯電話を使用し誰かと連絡を取り合う者、上司として職員に指示をし、取り仕切っている光景がビデオにハッキリ映っている(特に収入役はブルーのブルゾンを着ているのでよくわかる)。

閲覧数 (20717)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (129)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ